2017年06月/ 05月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫07月

--年--月--日(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2007年12月03日(月)

忘却の歴史 「海神」 最終話

海神-HESHIN- [ヘシン] DVD-BOX 3 海神-HESHIN- [ヘシン] DVD-BOX 3
チェ・スジョン;ソン・イルグク;スエ;チェ・シラ;キム・フンス;ソ・ドヨン;チョン・ソンファン;ペク・ソンヒョン (2007/12/05)
ジェネオン エンタテインメント

この商品の詳細を見る




ついに来ました最終話。
最近だらだら書いているので、妙に長いですがお許しを。
最終話ですもの、今回も長いですよ~~~。


ヨンムン、直接ボゴと話をしたいって言うけど、ヨンたちは未だヨンムンのことを警戒しているから同席したいって言います。
だけど、ボゴはヨンムンが変わったと信じています。
確かにヨンムンは変わった、今チョンへに来ているのは恨みのためではなく、戦争を阻止するため、それは陛下のチョンファのためだものね。
たとえボゴを殺すことになったとしても、なんとか戦争を阻止しようという決意のヨンムン、並々ならぬ気合いを感じます。
2人が酒を酌み交わしている間、キム・ヤンは軍をチョンへ外郭に配置します。
ヨンムンがボゴを殺し、その混乱に乗じてチョンへを滅ぼすつもりのようです。
ヨンムンは戦争を阻止したら、チョンへとの戦争は・・・なんて思っているけど、そんなきれい事はこいつには通じないみたい。
と言うことはボゴは犬死にな訳で、もしかしたらヨンムンだってキム・ヤンにやられちゃうかも。
ソル大人、イ大人、ジャミ夫人、ハジン、校蔚、ムジン等々、愛すべきキャラクターが次々死んでいる今、もしかしてボゴやヨンムンも死んじゃうのかなぁ。
戦乱の世だもの、やっぱ戦闘シーンで終わってしまうのかしらね。

夢も目標も失ったというヨンムン。
ボゴは合わない服は脱がねばっていいます。
「戦争をやめろ!」
このままでは多くの民が犠牲になること、陛下のみが危険になること、妥協も必要と言うこと、だけどヨンムンとボゴはどこまでいっても平行線。
そうだよなぁ、交わることがあれば、こんなにも敵対することもなかったか。
絡まった糸をほどくことはできたかも知れないけど、そこから何かを作り出すことはできなかったって言うことでしょうか。
これ以上言ってもダメだと思ったヨンムン、短剣を取り出し、「お前を殺す!!!」本気です。
まさかボゴも、ここで・・・とは思っていなかった?油断した???
なんかあっさりヨンムンにやられちゃいます。
ペッキョンの助けでチョンへにやってきたチョンファ。
腕の傷は思った以上に深いようで、途中で意識を失います。
で、ヨンたちがチョンファを助け、意識が戻り、ボゴのところに急ぐと。
既にヨンムンの姿はなく、短剣に倒れているボゴ発見。
始まってまだ十数分だよ。
なんかあっけなすぎるんですけど。

ヨンムンはヤンのところに戻り、ボゴを殺したことを報告。
軍の撤収を求めるけど、ヤンはその気全くなし。
あぁあ、やっぱこいつは一番汚い奴だったってことか。
官軍の奇襲開始!
ボゴ亡き今、平東軍を指揮するのはムチャン。
主役があっけなく死んだまま最終回は進みます。
木に縛られたヨンムン、まさかこのまま死なないわよね?
「ここで妥協して引き下がれば 事態はより泥沼化するだろう
 一つの妥協がさらなる妥協を生むのだ
 それは己の人生を否定し 俺を信じる民を裏切ること
 お前は上官の誤った選択を拒んだことがあるか
 与えられた運命に従い 妥協してきただけだ
 結局 お前に勝利は訪れない」
まさに今のヨンムンの状況ではないですかぁ。
そこにペッキョン登場、ヨンムンを助けます。
ヤンの元に行き、やろうとするけど、いくら何でも2人ではね。

海岸では平東軍VS官軍の戦闘が始まります。
いくら死をおそれない平東軍といえども、1万対10万ではね。
あっという間に本営まで攻め入る官軍。
ムチャンもヨンもがんばるんだけどさぁ。
ここに校蔚やムジン、ボゴにヨンムンがいたらどうにかなったかもしれない(笑)
「お逃げください」
ヨンの表情、死を覚悟しています。
チェリョンやチョンファもそれが分かっている。
自分たちがここにとどまることは足手まとい、静かにうなずいて本営をあとにします。
途中で官軍に見つかり、切られてしまうチェリョン。
剣がチョンファに向けられた時、ヨンムン&ペッキョン登場~~~~。
と言っても姿は現さないんだけどね。
ど~~~せなら、チェリョンが切られる前に来てほしかったよ。
ボゴとの子どもをチョンファに託し、息を引き取るチェリョン。
本営ではまだまだ戦いがつづいています。
でも、気が付いたら平東軍で残っているのはヨンとムチャンだけ
なんだよね。
これはいかんやろ。
2人が切られるシーンがスローモーションなので、妙に生々しかった。
ムチャン、これで浴びるほどお酒が飲めるよ。
ヨン、やっとハジンのそばに行けるね。

チェリョンとボゴの子どもを抱いて逃げるチョンファ。
あの養女はどうなったの???
官軍からチョンファを守るヨンムンとペッキョン。
ついにペッキョンもやられます。
まずい、本当にみんな死んじゃいそう。
船に乗ったチョンファの目の前で、官軍の放った矢がヨンムンに刺さります。
それでも戦うヨンムン、再びたくさんの矢が・・・もういいよ、もう十分だよ。
最後の力を振り絞り、チョンファの方を振り向く。
その瞳にはチョンファの姿が。
ヨンムン、最後の最後に愛する人の姿を見ることができて、それであなたは幸せだったの?
苦しみから解放された・・・んだよね。

永遠に忘れさせてください
あなたの心まで手にすることができなくとも
胸の中で流るるーーーこの涙を忘れさせてください
あなたを求める心が 決して罪になりませんように
わたしの愛は限りなく深く 尽きることがないのだと
いつかあなたに伝わりますように
わたしの祈りをかなえたまえ わたしの祈りをーーー




穏やかな海を行く船上、チョンファ遺灰まいています。
スンジョン親子は助かったのね。
これってボゴのかなぁ、「あなた」っていう一人称だから、やっぱボゴなんだろうけど、わたしとしては、ボゴでありチェリョンであり、ヨンムン、そしてヨンやムチャンたちのって思いたい。
みんな海を愛し、海で戦ってきた人たちだもの。
ボゴの子どもを胸に抱き、優しく語りかけるチョンファ。
「この路を覚えておくのよ いつの日か戻ってくる路だから」






で、終わりなんだよね。
なんか延長したって言う割には最後があやふやと言うか締まらないというか。
キム・ヤンたちはどうなったのかとか。
誰が王様になったとか。
ここらへんはもう少し知りたかったなぁ。
でも全51話、全部見終わったよ。
お腹いっぱいです。



海神(KBS)

海神(日本公式サイト)

ソン・イルグク プレミアム DVD-BOX ソン・イルグク プレミアム DVD-BOX
ソン・イルグク.チョ・ヘリョン.チョ・ヨンイン.キム・ミンス (2007/07/27)
エプコット

この商品の詳細を見る




「海神」過去記事(innolife.netより)

「海神」チェ・スジョン、北朝鮮訪問を終えて帰国

KBSドラマ「海神」国際エミー賞本選進出

ドラマ『海神』、韓国初のインド輸出

チェ・スジョン「『海神』の後、絶対に史劇はしないつもりだったのですが」
スポンサーサイト

テーマ : 韓国ドラマ - ジャンル : テレビ・ラジオ

19:22  |  海神  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

●SOPHILさんへ

こんばんは~~~。
そ~~~なんですよ、51話もがんばって1話も見逃さずに見たのに、あのラストはちょっとなぁと思ってしまいました。
いくら何でも、行くやヨンムンを信じたとしても、あんなにあっさり殺されるのはねぇ。
ヨンムン、実際にはもう少し生きていたのですね。
あとジャミ夫人とチョンファが実際にはいない人というのも初めて知りました。
ジャミ夫人好きなキャラでした。
あんなに商魂たくましい人って、ある意味あこがれます。
tama |  2007.12.05(水) 19:01 | URL |  【編集】

●ラスト

こんにちは
ラストに期待していたのにいきなり飲み会でチャンボコが希望を持たせないで亡くなるとは史実をドラマにしたデメリットがありますね。
昼に見るドラマがなくなってしまいまた
「いいとも」に逆戻りです。

>キム・ヤンたちはどうなったのかとか。
>誰が王様になったとか。
史実ではキムヤンについてはあまりふれていませんがあのウジンの子供は十数年間
王についてましたよ。
ヨムジャンも王の命で暗殺したのですが
亡くなってはいないようです。
SOPHIL |  2007.12.05(水) 09:17 | URL |  【編集】

コメントを投稿する

URL
コメント
パス  編集・削除するのに必要
非公開  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://fc2tama.blog25.fc2.com/tb.php/993-51dfac9b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。