2017年08月/ 07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

--年--月--日(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2007年12月02日(日)

太王四神記ナビ

太王四神記 ナビゲートDVD 太王四神記 ナビゲートDVD
ペ・ヨンジュン、ムン・ソリ 他 (2007/06/20)
エイベックス・トラックス

この商品の詳細を見る



3日の本放送を前に、NHKでナビ番組が放送されました。
初回は神話の世界らしく、ちょっと難解では?と言う韓国本土の放送後の感想を聞いていたので、それならば見ておかねばと思い見始めました。
すると知りたかった神話の世界のことは最後にちらっとでただけだった。
でも、火天会(ファチョンカイ)のことや四神(シジン)のことはよく分かってよかった。


「太王四神記」公式写真集 「太王四神記」公式写真集
(2008/01/01)
インタラクティブメディアミックス

この商品の詳細を見る



ヨンジュン演じるタムドクは、高句麗の第19代広開土王です。
当時高句麗の人々は自分たちを神の国「チュシン」の末裔と信じており、約束された王の登場を待ち望んでいました。
そしてチュシンの王の誕生を告げる星の元に生まれたのがタムドクとヨン・ホゲなんですね。
ヨン・ホゲはタムドクのいとこに当たるんだけど、このユン・テヨンsiiがまたヨンジュンsiiとは違ったタイプのいい男なんですね。
幼少期のホゲ役の子はいまいちなのですが(見た目がね)、青年となったホゲはかなりかっこいいです。
王となるべくして生まれたこの2人の青年が王位と恋を巡ってバトルを繰り広げるって言うところですね。


太王四神記 公式メイキングBOOK Vol.2 太王四神記 公式メイキングBOOK Vol.2
一週間編集部 (2007/11/01)
講談社

この商品の詳細を見る



で、ドラマのキーポイントでもある「四神」、神話の世界ではまさに神なんだけど、現代(と言っても高句麗時代ね)では擬人化されて登場します。
青龍(東方の守り神)はチョロ
白虎(西方の守り神)はチュムチ
朱雀(南方の守り神)はスジニ
玄武(北方の守り神)はヒョンゴです。
タムドクは王になるべく、この四神を捜す旅に出て、数々の困難に立ち向かっていきます。
その中にはスジニとキハとの恋物語もあり、これがまた楽しみでもあります。


太王四神記 公式予習BOOK 太王四神記 公式予習BOOK
黄 聖一、和佐田 道子 他 (2007/06/19)
講談社

この商品の詳細を見る



このヒロインである2人の女性、スジニとキハは実は姉妹です。
幼い頃、火天会に襲われ引き裂かれてしまったんですよ。
その時、キハが朱雀の玉を持っていたので、火天会はキハを連れ去り、スジニはコムル村のヒョンゴたちに助けられます。
コムル村は玄武を司る神の村らしいんだけど、うん?朱雀はスジニなのに、何故キハが???
これが運命なのかしらね。
それぞれ引き裂かれた姉妹は成長し、スジニは男勝りの女の子に。
キハは女剣士として育てられ王宮に潜入、そこでタムドクと出会い恋に落ちちゃうのよ。
ここにホゲもキハに一目惚れしちゃうから、韓流ドラマお得意のトライアングル完成。
でもってスジニも絡んできて、見事なサークルとなるんですね。


太王四神記公式ノベライズ 上巻 (1) 太王四神記公式ノベライズ 上巻 (1)
和佐田 道子 (2007/12/03)
講談社

この商品の詳細を見る



実はこの2人とタムドクの運命はこの世のものだけではなく、それこそ神話の世界からつづいていたものなんです。
高句麗時代から更に2000年ほど前、神の子ファヌンは(これがタムドクね)、虎族の女剣士カジン(後のキハ)の火の力を奪おうとします。
その虎族と反対勢力の熊族の娘セオ(後のスジニ)とファヌンは惹かれ合い、子どもまで授かるんだけど・・・って、ここら辺は見ていないから謎。
う~~~ん、この流れからすると、やっぱりタムドクはスジニと結ばれてほしい。
(まだ韓国でも終わってないからね)
だけど、あくまでタムドクとスジニは主従関係のままなのかなぁ。
明日からの放送が楽しみだぁ。


太王四神記公式メイキングBOOK Vol.1 太王四神記公式メイキングBOOK Vol.1
一週間編集部 (2007/07/13)
講談社

この商品の詳細を見る



このドラマのすごいところはキャスティングだけではないんだよね。
韓国での放送が半年も延期されたのは、何でもそのCGの編集が間に合わなかったからとか。
更に驚いたことに、今までのソフトでは間に合わず、ソフト自体を開発したって言うんだもの、そりゃぁ、時間かかるよね。


太王四神記プレビューDVD 銀盤 太王四神記プレビューDVD 銀盤
ペ・ヨンジュン、ムン・ソリ 他 (2007/03/07)
エイベックス・マーケティング

この商品の詳細を見る



あと、チェジュ島に建設されたオープンセット、その制作費は16億円だって。
一部は既に公開されているらしいけど、絶対行きたいよなぁ。
チェジュには行ったことあるけど、その時はまだ韓国ドラマにはまっていなかったので、全く関心なかったんだよね。
今行ったら、絶対はしゃぎまくりそう。
で、戦闘シーンではキルギス共和国でもロケをしたんですって。
お金のかけ方が半端じゃありません。


コミック版 太王四神記 1巻 (1週間COMICS) コミック版 太王四神記 1巻 (1週間COMICS)
池田 理代子 (2007/11/21)
講談社

この商品の詳細を見る



他に注目すべきは音楽、既にOSTは購入済みだったりします。
音楽を担当するのは日本の久石譲、壮大なスケールにはぴったりって感じですね。
で、もう既に耳になじんでいる東方神起の「千年恋歌」、まじいいっす。
なんか切ない感じで、たまらないですねぇ。


太王四神記 オリジナル・サウンドトラック Vol.1 太王四神記 オリジナル・サウンドトラック Vol.1
久石譲 (2007/12/12)
エイベックス・トラックス

この商品の詳細を見る



番組の最後にはヨンジュンのオフショットもありましたよ。
サングラスにラフな格好で馬に乗るヨンジュンがめちゃ綺麗だった。
笑顔が素敵すぎ。
はぁ、これは絶対日本でもブームになるよ。


太王四神記プレビューDVD 金盤 太王四神記プレビューDVD 金盤
ペ・ヨンジュン、ムン・ソリ 他 (2007/03/07)
エイベックス・マーケティング

この商品の詳細を見る



スポンサーサイト
19:47  |  太王四神記  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

●moriさんへ

こんばんは!!!
わたしも平日はなかなか見られないので、休みの日はほとんど一日中テレビの前です。

「ごめん愛している」ですか、韓国では、ミサペインなる現象を起こした話題作でしたね。
わたしも見ました。
で、切なすぎで、1度しか見ておりません。
いい作品で、引き込まれましたが、ラストがねぇ。
繰り替えしみるにはもう少し時間が必要な気がします。

で、やはりヨン様でしょう。
なんかもう予告見ただけで、鳥肌たってきそうです。
彼はいろいろアンチの方もいるとは思うのですが、でも、やはり素敵だと思います。
この「太王四神記」で、再びヨン様ブームが起こるのは間違いないと思います。
こんばんは正座してみたいと思います。

と~~~ぜん、DVDはでるでしょうね。
放送前からいろいろでていますし。
買う気満々です。
まじで、眼鏡のないヨン様、素敵です。
いや、眼鏡をかけても好きなのですが、個人的には細身のメタルフレームのが好きなので(笑)

moriさんは見られないのですね。
残念です。
でも、きっと(絶対)デジタルじゃない方でもするようになると思うので、それまで我慢して待っていてくださいね。

よかったら、わたしのヨン様思いっきり偏りレビューも楽しんでいただけたらと思います。
tama |  2007.12.03(月) 16:53 | URL |  【編集】

●tamaさんすごーい!!

いっぱい見られてるんですね、ドラマ。

今、民放で(ごめん、愛してる)やっててとりだめしていたのですが、チラッと見たらもう、暗くて暗くて、、、じそぷはカッコいいんで好きなんですが。。。最近、キラキラ明星に浮かれてるもので、ちょっと見れません。。。
(11月24日の六本木ヒルズアリーナ、行っちゃいました)

でも、このヨン様は見たいです。
何といってもヨンさまは基本ですよね。でも、うちは地上波BSNHKは映るんですが、これてハイビジョンですよね?なら、見れません。。。しょんぼり。そのうち、DVDでるかしら?
mori |  2007.12.03(月) 08:56 | URL |  【編集】

コメントを投稿する

URL
コメント
パス  編集・削除するのに必要
非公開  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://fc2tama.blog25.fc2.com/tb.php/991-afda11d6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。