2017年07月/ 06月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫08月

--年--月--日(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2007年12月01日(土)

張保皐の決断 「海神」 第44話

海神-HESHIN- [ヘシン] DVD-BOX 2 海神-HESHIN- [ヘシン] DVD-BOX 2
チェ・スジョン;ソン・イルグク;スエ;チェ・シラ;キム・フンス;ソ・ドヨン;チョン・ソンファン;ペク・ソンヒョン (2007/11/02)
ジェネオン エンタテインメント

この商品の詳細を見る



ジャミ夫人の思惑通りに事が運んでおります。
陛下を暗殺し、まんまと玉璽を手にしたキム・ミョン。
これで自分が即位できると思ったのに、ジャミ夫人は時期尚早だってよ。
まぁ、暗殺の首謀者がそのまま即位だなんて民は納得しないわよね。
そんなこと百も承知のジャミ夫人、代わりにジェユンを即位させて影でで実権を握るという魂胆です。
キム・ミョンもジャミ夫人には頭が上がらないものね。
負傷した都督はヨンムンに、ウジンはボゴに助けられました。
このまま引き下がれないという都督の気持ちに答えるため、ヨンムンは再び都に戻ります。
で、キム・ミョンの(ジャミ夫人か?)屋敷を襲うけど、逆に捕らえられちゃいます。
てっきり殺されるのかと思ったら、ジャム夫人は無条件でヨンムンたちを逃がすんですよ。
これには納得いかない校蔚だけど、ジャミ夫人は「得にならない殺生をせず、後で利用する」つもりのようです。
さすがジャミ夫人、先の先まで読んでいるんですよね。

ウジンとボゴが邪魔なキム・ミョン、なんとか2人を捕らえようとするけど、チョンへにいる以上、下手な手出しはできません。
で、ジャム夫人自らチョンへにいってボゴと談判することに。
「戦争を防ぐために来た」なんていっているけど、本当のねらいはボゴとここチョンへ。
どこまでも欲深いジャミ夫人です。
勿論ボゴが首を縦に振るはずもなく、またしても戦争は避けられないのでしょうかね。
コウモリ男のチュンダルは、ジャム夫人の天下だと知ると、あっさりスンジョンたちを裏切りジャミ夫人に泣きつきます。
ジャミ夫人もチュンダルは利用できると思っているらしく、あっさり受け入れるんだよね。
このドラマの中で、(ある意味)一番利口なのは子のチュンダルなのかも知れない(笑)

ウジンを守るためには戦争も辞さない覚悟のボゴ。
でもさぁ、それっていっていることとしていることが違うような気が・・・。
そのジレンマにはボゴ自身苦しんでいるようで、なんの罪もないチョンへの民が犠牲になるかも知れないんだものね。
そんなボゴにどこまでも従うつもりのチェリョン、最近出番が少ないのが残念。
キム・ミョンはすぐにでもチョンへを攻撃したいようだけど、またしてもジャミ夫人からストップがかかります。
チョンへの莫大なる交易権を手中にしたいジャム夫人、チョンへと唐との交易を禁止させるよう手を回します。
そして、キム・ヤンとヨンムンも苦渋の決断をします。
「生き延びるためにはチョンへへ」
長年の敵であるボゴに投降する。
ジャミ夫人ではなくボゴと手を組むことを選んだヨンムン。
志を遂げるためには、自ら王をたてなければ・・・・で、ボゴにも頭を下げるってことのようです。

そしてボゴはヨンムンを受け入れます。
生きるためには
過去と決別し生まれ変わりたかった
これって昔ボゴが誰よりも望んでいたことだよね。
悪縁から解放されるなら お前を許したい。
ヨンムンを受け入れたことを後悔する日が来ても
ヨンムンの言葉が本心ではなかったとしても
それでもすべての縁をほぐしたいと願うボゴ。
かつて親友だと信じていたからこそ・・・・。


海神(KBS)

海神(日本公式サイト)


ソン・イルグク プレミアム DVD-BOX ソン・イルグク プレミアム DVD-BOX
ソン・イルグク.チョ・ヘリョン.チョ・ヨンイン.キム・ミンス (2007/07/27)
エプコット

この商品の詳細を見る



「海神」過去記事(朝鮮日報より)

「中東は韓流の欧州進出の橋渡しの役割を果たすだろう」

【2005年話題の韓国ドラマスター】⑤ チェ・スジョン、ソン・イルグク

『海神』3月末からインドでヒンディー語による放送

米ケーブルテレビで『冬のソナタ』『海神ーチャン・ボゴ』
スポンサーサイト

テーマ : 韓国ドラマ - ジャンル : テレビ・ラジオ

19:44  |  海神  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

コメントを投稿する

URL
コメント
パス  編集・削除するのに必要
非公開  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://fc2tama.blog25.fc2.com/tb.php/975-0d390732
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。