2017年10月/ 09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

--年--月--日(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2007年10月13日(土)

師匠との対決 「海神」第11話

海神-HESHIN- [ヘシン] DVD-BOX 2 海神-HESHIN- [ヘシン] DVD-BOX 2
チェ・スジョン;ソン・イルグク;スエ;チェ・シラ;キム・フンス;ソ・ドヨン;チョン・ソンファン;ペク・ソンヒョン (2007/11/02)
ジェネオン エンタテインメント

この商品の詳細を見る



一つのドラマでこうも死んだり生き返ったりする人も珍しくないかい?
ムチャンと再会したクンボク、そこは剣闘場。
なんと師匠と敵として対決しなくちゃならないのよ。
その上、ここは生きるか死ぬかの剣闘場、負けは「死」を意味するのよね。
相手がムチャンだと分かったクンボク、なかなか攻められません。
ムチャンもクンボクって分かったよね。
そしてヨンは半狂乱になってチョ大人に闘いをとめるようにお願いするけど、それは無理な話。
ついにクンボクはムチャンの胸に剣を刺す。
会場は割れんばかりに大拍手だけど、師匠を殺さねばならなかったクンボク、そしてとめることのできなかったヨンノ心中を思うと辛すぎます。

そして辛いと言えばチョンファお嬢様を思うヨンムンも。
どう見てもお嬢様はクンボク一筋だものね。
自分のことなんて爪の先ほどもって感じだよ。
お嬢様に頼まれたクンボクのその後。
本当は殺されている(とヨンムンは思っている)のに、そこをオブラートに包んで伝えたのは、そこまでお嬢様のことを思っているからだよね。
えっとぉ、今のところ、tamaはクンボクより、ヨンムン派です。
一番のお気に入りはヨンだけどね(笑)

剣闘大会で勝ったクンボクとヨンはチョ大人からソル大人の元へ行くことになります。
途中にジャミ夫人の邪魔が入るけど、ちゃんと約束を守ってチョン大人、お金がすべてっていうひとではなくてよかった。
そしてこのソル大人、昔クンボクたちが密航した船のあの商人だったんだよねぇ。
そしてそのお嬢様はクンボクが逃亡した時にかくまってくれたお嬢様、これも運命ですね。
奴隷から解放されたクンボクたち、奴隷剣士から護衛武士となります。
更にその腕を買われて育成を任されることに。
いやぁ、本当によかった、あのままジャミ夫人の手にかかっていたら・・・。

あぁ、そしてここにも辛い思いをしている人がいたわ。
チェリョンお嬢様よ、どう見てもクンボクのこと気に入っているよね。
そしてクンボクに思い人がいることも。
まるでヨンムンのようにクンボクがチョンファお嬢様を捜すのえお手伝うチェリョンお嬢様、複雑だろうなぁ。
結局ジャミ夫人たちは新羅に帰ったと分かり(チョンファは残っているけど)、会えず終い。
ここでクンボク、チョンファお嬢様と同じように「商い」を学ぶことを決意します。
そしてジャミ夫人に対向できる財力と名声を手に入れるつもりです。
そうしたらチョンファお嬢様に会えるって信じているのね。
これでクンボク+チェリョンVSヨンムン+チョンファって構図ができあがりましたね。
ヨンムンとチョンファは正確には別商団だけどね。

で、驚いたのはムチャン、なんと生きていました。
クンボクがチョ大人にお願いして、死体を探していた時、もしや?とは思ったけど、まさかねぇ。
急所をはずして刺したそうで、でも、かなりの時間ほっておかれただろうに、ムチャンの生命力がすごいのか、クンボクの腕がすごいのか。
ムチャンはチョ大人の元でお酒の管理を任されていて、なんとも幸せそうです。
これからも出てきてくれますよね?

チョンファとクンボク、運命的な再会を果たすのに、なんとチョンファは役人にしょっ引かれちゃいます。
一体なんの罪なんだぁ。


海神(KBS)

海神(日本公式サイト)

ソン・イルグク プレミアム DVD-BOX ソン・イルグク プレミアム DVD-BOX
ソン・イルグク.チョ・ヘリョン.チョ・ヨンイン.キム・ミンス (2007/07/27)
エプコット

この商品の詳細を見る
スポンサーサイト

テーマ : 韓国ドラマ - ジャンル : テレビ・ラジオ

19:09  |  海神  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

コメントを投稿する

URL
コメント
パス  編集・削除するのに必要
非公開  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://fc2tama.blog25.fc2.com/tb.php/894-9a027478
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。