2017年08月/ 07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

--年--月--日(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2007年10月13日(土)

お前の未来から消える 「東京ジュリエット」第23話


■リュ・ジェンゾン■呂建中:延長比賽~Keep Fighting【直筆サイン付】(CD)


はぁ、長かった、後2話を残すのみ。
で、ジェリーの「ザ・ホスポタル」と重なるってことで、録画できず、リアル視聴。
でも、ながら視聴なので(字幕だし)あんまりストーリーは覚えておりません。
でもま、いいか。
っていうていどになってしまったこの作品。
やはりtamaの歳にはちと若すぎた感が否めません(笑)

で、ここにきて何故に別れるかなぁ。
このくっついたり離れたりって言うのが歳的についていけなかったりするわけよ。
くっつくんならもっと真剣に考えてから、別れるんならもっと話し合ってからって思っている時点で叔母さんだなぁと自分自身情けない。
でもね、「お前の未来から消える!」って、それはあんまりでないかい?
だいたい後1話でラストなのに、ラストはハッピーエンドだろうに。
じゃ、またどうせくっつくんだろうに、あえてここで別れさせる意味が分からん。

亮と別れたショックでみのりはやる気無くしちゃって、雛形との対決も戦闘モードゼロ。
本来の目的自体見失ってます。
でもって失そうって、アンタの雛形への復讐心、デザインへの思いはその程度なの???
と次第にみのりに厳しくなっているんだなこれが。
そして韓ドラ顔負けのすれ違いの連続。
ふぅ、この流れだと、やっぱり思い直して、二人はラブラブで、ショーも成功、のはずだよね。


あぁ、全く話は変わるけど、このドラマで気になっていた司役の俳優さん。
tama的にはウーズンよりよっぽど好みなのであります。
で、彼って、ブライアン・チャンって言うんだけど、映画『盛夏光年』(「永遠の夏」)にでていた俳優さんなのね。
まさか同じ人とは知らなかった。
あの映画のときも素敵だなぁと思っていたのだけど、まさかここで会おうとは。
そして今頃になって気づくとは。
映画でのジョセフとのキス&カラミシーンはなんか切なかったです。


東京ジュリエット(日本サイト)

東方茱麗葉(台湾サイト)


東京ジュリエット (9) (少コミフラワーコミックス) 東京ジュリエット (9) (少コミフラワーコミックス)
北川 みゆき (1998/06)
小学館

この商品の詳細を見る
スポンサーサイト

テーマ : 台湾ドラマ - ジャンル : テレビ・ラジオ

17:15  |  東京ジュリエット  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

コメントを投稿する

URL
コメント
パス  編集・削除するのに必要
非公開  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://fc2tama.blog25.fc2.com/tb.php/890-201ad977
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。