2017年08月/ 07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

--年--月--日(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2007年09月30日(日)

悪魔の出現 「悪魔で候」 第1話

悪魔で候~悪魔在身邊 悪魔で候~悪魔在身邊
レイニー・ヤン.マイク・ハー (2007/11/28)
エスピーオー

この商品の詳細を見る



これも撮りためていたものを、今頃になって視聴です。
やはり日本の漫画が原作なんですよね。
しかしtamaは見たことありません。
「東京ジュリエット」もね。
わたし、かなりの漫画っ子ではあったと自負しているのですが、マーガレットとかリボン系は読んでいないということに気が付きました。
子どもの頃からちとマニアックだったかも(笑)

と言うことで、漫画と比較とかはできませんが・・・。

【More・・・】


レイニー・ヤンもワン・チュアンイーもこれまでドラマで見たことありますが、どちらかと言えば脇役だったり、妹役だったりしたものが多く、これほどメインで出てくる作品は初めてです。
レイニーちゃん、やっぱかわいいです。
生意気そうなところもあるけど、結構そういう方が好きだったりするし、猫目なのがいい!
そして、ワン・チュアンイー君は、これまた優しい、いいやつっていうのがぴったりです。
私的にはイケメンではないのですが、この優しい笑顔はいいですね。
もう一人、強烈なキャラで登場の(そのコートはどうなんよって感じですが)マイク・ハー。
彼をドラマで見るのは初めてです(たぶん)
どちらかと言えば、甘いマスクなのですが、今回はなんか妙に王様キャラですよ。
でね、ふと思ったのですが、この2人(ワン・チュアンイーとマイク・ハー)結構似てない?
なんか雰囲気というかなんというか。もし、2人のキャスティングが逆でも全然OKだったんじゃないかなぁと思ったりします。

物語はレイニーちゃん演じる茅乃が、片思いの相手上条(ワン・チュアンイー)に告白するところから始まるんだけど、神様のいたずらで、何故かラブレターを猛(マイク・ハー)に渡してしまうところから始まります。
漫画が原作だけあって、コミカルな部分とか(急にダンスするし)、心の声がたくさんあっておもしろい!
猛は理事長の息子らしく、わがまま放題のいけ好かない奴。
ラブレターのことをネタに、茅乃を下僕扱いですよ。
その上、あのラブレターを公開されて凹む茅乃、そんな彼女を慰めるのは優しい上条なんですねぇ。
どうやら上条も茅乃に気がありそう。
これは案外いいほうに行くかもね、猛の邪魔がなければ・・・。

でね、茅乃のママも出てくるんだけど、これがまた信じられないくらいおっちょこちょいなのよ。
パパは昔亡くなっているようで、母子家庭で結構苦労しているみたい。
そんなままに恋人ができたらしく、もう乙女顔負けのルンルンテンション。
ここまで来るとあきれるというより可愛くさえ感じます。

ママの恋も茅乃の恋もうまくいくといいんだけどなぁ。


悪魔で候(コミックリズ)

惡魔在身邊(中視)


悪魔で候 (1) (マーガレットコミックス (3094)) 悪魔で候 (1) (マーガレットコミックス (3094))
高梨 みつば (1999/07)
集英社

この商品の詳細を見る
スポンサーサイト

テーマ : 台湾ドラマ - ジャンル : テレビ・ラジオ

18:23  |  悪魔で候  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

コメントを投稿する

URL
コメント
パス  編集・削除するのに必要
非公開  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://fc2tama.blog25.fc2.com/tb.php/858-b0be056b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。