2017年10月/ 09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

--年--月--日(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2007年09月25日(火)

すべてを失っても 「ガラスの華」第15話

ガラスの華 OST 2 (SBS TVシリーズ) / Glass Picture OST Vol. 2 (SBS TV Series) (韓国盤) ガラスの華 OST 2 (SBS TVシリーズ) / Glass Picture OST Vol. 2 (SBS TV Series) (韓国盤)
韓国TVドラマサントラ / Korean TV Series Soundtrack (2005/01/28)
Yedang Records
この商品の詳細を見る



「元に戻ろう」っていうジスを店に連れて行き、ドレスを試着させるドンジュ。
なんだかんだいいながらジスもドレス着ているしぃ。
やっぱ「好き」な気持ちは変えられないでしょう。
だから元には戻れないって。

ジスが日本行きをやめたことを知ったギテ、ジスを訪ねて(元気になったのね)、「俺のせいか?」って、まぁ、それもあるけど、一番は父親のことね。
今回のギテはなんか妙に物分りがいいですよ。
今までの自分の言動を謝罪し、「友達でいられるよう頑張ろう」なんて驚いたよ。
その上、あのお見合いした相手?と結婚するって言い出します。
まじっすかぁ???
急展開にギテ母も戸惑いを隠せません。
自分が進めておいて「間違っている」っておかしいやろ。

好きでもない相手と結婚して現実逃避をしようとしているギテ。
たった一つの愛を実らせようとしているドンジュ。
ギテ母はジスに自分が遠くに行くこと、(あんたこそ現実逃避しようとしているし)ギテのそばにいてほしいことを頼みます。
そしてドンジュからのプロポーズに悩むジス。
6時に教会で待っているって、来てくれないなら一人で日本に帰るって。
なんとギテからも話があるって電話がかかってくるのよね。
それも同じ6時にレストランで待っているって。
で、ジスが向かったのはドンジュが待つ教会ではなくレストラン。
そこでギテが結婚することを聞いたジス、複雑だよね。
俺も幸せになるからジスも幸せになれって。
ギテ~~~、なんかいい男になってきたぞぉ。

こうなってくると、ドンジュが女々しく思えてくる(かなり自分勝手だが)
一人で日本に帰るといったのに、アパートの前でジスの帰りを待っているドンジュ。
未練たらたらです。(ま、仕方ないか)
自信がなくなったというジスを後ろから抱きしめ、「俺の目を見ていて」って、その体勢じゃ無理ですから。
最後通告とばかりにドンジュの手をほどくジス、本当にそれでいいのかぁ。

恋に敗れて男は仕事に生きる???
ハン・ドンジュとしての人生をあきらめたヤマモトユウイチ、仕事に本腰を入れます。
養父とジスの関係を知らないドンジュ、ジス母のことも調べていたのかと、さらに養父への不信感は募ります。
本当のことが言えない(ジスにもいわれたしね)会長もつらい!
だけどテヒはなんか怪しいって思っているようです。
会長がジソクに用意したプレゼント、わざわざジスに渡すあたり、テヒはやはりしたたかです。
そこに会長から「明日帰国する 夕食を・・・」と電話が入ります。
アボジと会える最後のチャンス、だけど、ジスはイエスと言えないのよね。

ドンジュはナムサンに行き、ジスとの思い出に浸ります。
やっぱ日本に帰っちゃうのぉ???


今回はダークグリーンにブロンズ、そしてシルバー、相変わらず無地だよ。

ガラスの華(SBS)

ガラスの華(BS朝日)



ガラスの華 DVD-BOX【通常版】(DVD) ◆20%OFF!

スポンサーサイト

テーマ : 韓国ドラマ - ジャンル : テレビ・ラジオ

19:00  |  ガラスの華  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

コメントを投稿する

URL
コメント
パス  編集・削除するのに必要
非公開  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://fc2tama.blog25.fc2.com/tb.php/824-7f7d7ae1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。