2017年10月/ 09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

--年--月--日(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2007年07月16日(月)

運命の約束 「雪の女王」第13話


雪の女王ドラマ公式ガイドブック


会ってはいけないのに 会いたかった
会えてうれしい 恋しかった

ボラ~~~、いつの間にこんなに素直になったの?
それはやっぱりテウンだからだよね。
約束するよ お前を忘れる 諦めるよ
何て哀しい約束なの。
そんな約束守らなくていいよぉ。
送るって言うテウン、2人で手をつないで、街を歩いて、ボラが帰ったのは夜だよ。
随分回り道をした送ったのね。
そう、ダメだと分かっているのにどうしようもない。
そばにいるだけで、姿を見るだけで幸せになる。
こんなにも惹かれ会っている2人なのに、何て運命は意地悪なのかしら。


【More・・・】

ドック=テウンと知り、ボラとドックの関係を知り烈火のごとく怒りまくるボラ父。
だけどねぇ、チュンギュの死はテウンだけのせいではないと思う。
そりゃぁ、引き金を引いたのはテウンかも知れない、だけど、そんなチュンギュを受け止めるのが家族の役割なのでは?
それができなかったからこそ、それを公開しているからこそ、テウンが許せないのかしらね。
単に責任転嫁だと思うんですけどね。
というわけでボラは軟禁状態、外出も禁止です。
はぁ、離れていれば気持ちも離れるって言うのは昔の考え方ですね。

会長に呼び出されたドック、自分の正体がばれているとは思っていないので???状態ですね。
会長からチュンギュのことを言われ、再出発しろと言われ、ボラのためと言われ・・・。
だけどボラのことを「愛している」って。
ボラには「諦める」とか言っておきながら、でもやっぱり愛しているのよね。
だからボラから離れようとしたのよね。
2人の会話を聞いていたボラ、アボジに猛抗議です。
チュンギュが死んだのはテウンのせいじゃない
自ら死んだ 現実に耐え切れず
心が弱くて 劣等感に負けた

そう、その通りなのよ。

ボラは留学することにしたらしい。
自分が去るから、その代わりドックをここにおいてほしいって。
娘のドックへの想いに、心が動かないようじゃぁ、チュンギュの時の二の舞だよね。
早速ドックのジムを訪ね、謝罪します。
心が広いワァ。
お互いのことを忘れて再出発!!!
何て単純にはいかないでしょう。
だってまだ先は長いものね。

ー賛美歌が流れる素敵な教会ー
スンリからドックに素敵なクリスマスプレゼント。
二人で過ごす最初で最後のクリスマス。
スンリ、いい子だワァ。
そしてボラからドックに2つのプレゼント。
一つはドックからもらったスズラン。
花言葉は「必ず幸せが訪れる」
そしてもう一つはボラからのキス。
こんな二人が別れなくちゃいけないのが辛すぎるわぁ。
ぢたいぼらは留学すること黙っているし。

教授に呼び出されたドック、何かと世話を焼いてくれますね。
テウンの才能にそれだけ惚れ込んでいるってことでしょうか。
何でもテウンの論文が採用されたんですって!
修正したのはハン・ドック→ハン・テウン。
おぉ、ついにテウンとして生きていくことを決心したのねぇ。
そしてグヌからボラが留学することを聞いても、
遠くに(ラップランドね)旅立つことを聞いても見送りには行かないらしい。
離れたくなくなるから 別れたくなくなるから。
そんなに好きなのに、どうにかしてあげたいわ。

で、テウンが向かったのはあの遊園地。
そう、8年間に約束を果たせなかった遊園地です。
8年間忘れなかったボラのポケベルの番号、思わず連絡しちゃったテウン。
閉園時間になっても待ち続けるテウン、そう8年前のボラのように。
帰ろうとしたその時、オッパ!!!振り返るとそこにはボラがいました。
あのポケベルが運命の約束をかなえてくれたんですね。
自分のことをハン・テンウと名乗ることができてよかったね。
なんかそれだけで泣けてきちゃったよ。
今日お前の手を握ったら 二度と離せない
お前はきっと苦しむ それでもいいか
お前は・・・俺の手を取るか?




雪の女王(BSジャパン)

雪の女王(KBS)



韓国TVドラマ Vol. 19
スポンサーサイト

テーマ : 韓国ドラマ - ジャンル : テレビ・ラジオ

15:23  |  雪の女王  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

コメントを投稿する

URL
コメント
パス  編集・削除するのに必要
非公開  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://fc2tama.blog25.fc2.com/tb.php/726-1a57d35d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。