2017年10月/ 09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

--年--月--日(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2007年07月16日(月)

急展開 「地下鉄の恋」第13~15話

地下鉄の恋 DVD-BOX 地下鉄の恋 DVD-BOX
ウォレス・フォ (2007/09/07)
ビデオメーカー

この商品の詳細を見る



ユンシャンがあの角膜移植を反対した少年だと知ったミンミンは、ジンジンとの交際を断固反対。
だけどユンシャンはジンジンと別れるつもりはないと宣言します。
そして、ジンジン自身もユンシャンのことを愛しているって。
妹を取られた?気分のミンミンが怒りをぶつけるのは当然ファン・ヤン。
惚れた弱みとはこのことで、ファン・ヤンはミンミンの言いなりです。
だけど、兄のことを悪く言われるのはちょっと侵害?
ユンシャンのことをかばったりもしています。
交際を反対されたにもかかわらず、ジンジンをドライブに連れ出し、そして泊まっていくなんて。
これって、普通で考えたらすごく大胆だよね。
愛はとめられないってかぁ~~~。

【More・・・】

ジンジンが外泊、ラブラブの2人とは対照的に、ミンミンは眠れぬ夜を過ごしたようです。
どうしてもユンシャンのことが許せないのね。
ジンジンと言い争いになり「大嫌い」とまで言われたミンミン。
きっとミンミンはジンジンのために多くのものを犠牲にして、仕事に没頭してきたんだろうなって思う。
交通事故で両親を亡くし、視覚障害者の妹を育て、自分が母となり父都内、自分のことは二の次にして、そしてここまでやってきた。
そのすべてを否定されたように思っているんじゃないかしら。
仕事と妹さんをとったら何が残るんですか?
ファン・ヤンの一言は聞いたようです。
違った角度からユンシャンを見直そうと決めたミンミン。
ジンジンも姉の大切さを改めて感じているようです。
ア、あのジンジンが編んでいたのはマフラー(ユンシャンへの)ではなくミンミンへの帽子だったのね(笑)

ファン・ヤン母、ミンミンのことを気に入っていたと思ったのに、息子が叱責されるのを知ってがらっと態度を豹変。
食事に誘ってやんわりと、ううん、かなりきっぱりとファン・ヤンとの交際を禁止します。
交際って、ミンミンは今のところファン・ヤンを恋愛対象には思っていないんだけどね。
それに、ワンさんが彼の母親ということも知って、ミンミン、きっと心の中は怒りまくっているだろうなぁ。
その上、この会社の跡取りと知ったら・・・。
だけど、退職願だなんて、ミンミン本気じゃないよね???


ユンシャンの父親の手術成功したようで?ドイツから帰国するこにになります。
迎えに行ったのはユンシャンではなくファン・ヤン。
血はつながっていなくても、実の息子のように育ててくれたと感謝しているファン・ヤン。
彼って本当に心根の優しい青年なんですね。
ファン・ヤンを見ていると、どうしてもユンシャンがわがままというか、子どもっぽく思えてしまいます。
ジンジンへの優しさを、もう少し周りに人にもわけてあげればいいのにな。
そのユンシャン、やっぱりちゃんと再検査した方がいいのでは?
また鼻血が出てめまいも、目の見えないジンジンはユンシャンの異変に気がつくことなく、そしてユンシャンも彼女に心配かけまいと。
「ずっと一緒にいる」という約束のためにも、ちゃんと診てもらおうよぉ。

倒れたユンシャンを発見したのはシャオチェン、病院でユンシャンの病名を知ります。
やっぱり発見病だって、それも末期、つまりもう助からないってことね。
はぁ、そんなことだろうと思ったのよ。
だけど、既に手遅れとはね。
死が分かっているというのは「Silence」のようだわ、あのときは確か余命3ヶ月だったわ、ユンシャンに残された時間は?
だから臓器提供のことを看護婦さんに聞いてたの?
ジンジンに「きっと見られるようになる」って言った言葉は、もしかして。
だけど、死んでしまったらなんにもならないと思うんだよね。
ジンジンにもミンミンにも「幸せにする」って豪語しているけど、それって無責任すぎない?
ちゃんと自分の病気のことも話して、そして2人が納得した上で、それで一緒にいるならきっとジンジンも幸せだと思う。
だけど、何も知らないまま、突然目の前から消えたら・・・それって優しさではないとtamaは思うんだけどな。

ミンミンは本当に会社を辞めるようです。
辞表も受理さてたって。
ファン・ヤンには恋愛感情はいっさい内みたいなこと言うし、母親のことも言ったし。
せっかく2人がくっつくと思っていたのに、ちょっとまた距離ができちゃったね。
だけど、あの高慢姑がいるなら、tamaだって考えるわね。
壁といえば、ユンシャンと父親の壁も高くて固いですね。
これはユンシャンの一方的な壁だけどね。
普通「死」を間際にしたら、もう少し成長しても良さそうなもんだけどな、ウェイイーのように。


途中、なんかいろいろなことが停滞気味だったけど、ここ数話でめまぐるしく進んできましたね。
ユンシャンは本当に死んじゃうのかな?
そしてその角膜でジンジンは目が見えるようになるのかな。
なんか先が見えてきたぁ、思いっきり期待を裏切ってほしいですけどね。


地下鉄(メトロ)の恋(BS日テレ)

地下鐵(CRI)



地下鐵(ドラマ版)DVD台湾版DVD


スポンサーサイト

テーマ : 台湾ドラマ - ジャンル : テレビ・ラジオ

10:43  |  地下鉄の恋  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

コメントを投稿する

URL
コメント
パス  編集・削除するのに必要
非公開  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://fc2tama.blog25.fc2.com/tb.php/724-84075568
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。