2017年10月/ 09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

--年--月--日(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2007年06月10日(日)

尊敬と愛と友情と 「宮~ラブ・イン・パレス~」第20話


宮 1(クン)(ドラマ写真漫画) 韓国版本(予約)

新聞にでかでかと取り上げられた記事「皇太子妃の不倫!」
なくなっていた車、盗まれてたんだ。
で、その男が、皇太子妃は男と一緒だったって証言したんだと。
ただでさえ、シン君の(ヒョリンとの)スキャンダルネタが鎮火しきっていないのに、今度はチェギョンのスキャンダルですよ。
当然太皇太后陛下からお呼び出し。
「自分が行く」というシン君に、「私のせいだから」とチェギョン。
もう、自分一人の問題じゃなくなってるんだよ、ことの重大さが分かっているのか不安だわ。

【More・・・】


太皇太后、皇后、ヘミョンの前で誰と一緒にいたのかと問いつめられるチェギョン。
チェギョンシン君の忠告を守って父親と会っていたといいます。
ほっと胸をなで下ろす面々、でも、ウソをついたチェギョンの胸は痛いわね。
同じ頃、ユル君もオンマから大目玉!
正直に話すとまで言うから目も当てられない!
ユル母は皇帝にさせることに必死だけど、ユル君が皇帝になりたいのはチェギョンを手に入れるため。
皇帝になってもチェギョンが手に入らなければ意味がないものね。
ユル君には宮中を出たチェギョンとの青写真ができあがっているようで、もう怖いものなんてない!ぐらいの覚悟だよ。
オンマは昔の(陛下との恋ね)ことを話すけど、それはもうかこのことよ!
ユルは今を生きているんだから。

シン君はユル君を呼び出して3人のため、皇室のためにチェギョンに近づくなと再度警告します。
だけど吹っ切れているユル君は全く気にもとめない様子。
ここでシン君「悪縁」を持ち出します。
今の代で終わらせようって、???なユル君、真実を知った時のショックは大きいだろうなぁ。

皇太子妃の相手探しは加熱するばかり、太皇太后は、チェギョンに裏切られたと胸を痛めます。
ここまで騒ぎが大きくなっては、もうウソはつけないよね。
烈火のごとく問いつめる皇后に本当のことを話すチェギョン。
相手がユル君と知って、ますます皇后の怒り爆発!
皇后の怒りも当然といえば当然だわ。
確かにチェギョンの行動は軽率だったし、ウソをついたのもまずかったよね。

ヒョリンは本当に留学しちゃいます。
まさかこのまま出てこないのかな?
さんざん2人の中をかき回したヒョリンだけど、今となっては素敵な女性でした。
彼女もかなりの傷を負って、でもその傷をバネに羽ばたこうとしている。
4人の中で一番成長してキャラですね。

ユル君、またしてもチェギョンに入れ知恵です。
なんと「生放送のインタビューで離婚すると爆弾発言しろ」ですと!
だいたいここまで騒ぎが大きくなっているのに、何で2人で会うかなぁ、やっぱチェギョンおかしいよ。
今気持ちを伝え合わなくちゃいけないのはユル君でなくシン君でしょ。
チェギョンもつらいかもしれないけど、浮気されたシン君の立場は。
(浮気と呼ぶのは大げさ?だけどプラトニックな方がショックは大きいかと)

突然茗禪堂の補修工事を言い出したシン君。
皇帝陛下も最初は、古いものを大切にしなくてはとかやんわりと話していたけど「特別な思い出でも?」とシン君が言ったとたん、ピクッとしたよね。
あくまでも工事を進めるつもりのシン君、ついに皇帝陛下はチェギョンのスキャンダルのことまで持ち出したよ!
慌てている皇帝陛下とは逆に、妙に冷静なシン君「人の車を盗む奴よりチェギョンの言葉を信じます!」って、それをチェギョンに聞かせたいよ。
静かに席を立つシン君、次はユル母との一戦です。
やはり茗禪堂の補修をやめるように言いに来たのね。
「不潔だからです」
これにはユル母も顔色が変わったよ。
そしてラブレターのことを淡々と告げるシン君、ついにはユル母、バシッと一発。
最後にはユル君に届けるからとほとんど脅しともとれる一言を。
まぁ、今までのことを考えたら、これくらい言ってやらないとね。

チェギョンのことが心配なオンマとアッパは、3人が休憩室で話しているところにシン君登場。
本当につらい時に帰れる場所は・・・といいかけたオンマに「ありえません」とさらっと(だけど力強く)言ってのけるシン君。
宮中ではチェギョンにも敬語を使うようにとお願いします。
これは当たり前のことだと思うけどね。
またしても冷戦状態の2人、出て行きたいというチェギョンに、
「俺にはお前が必要なんだが
 もう皇太子はやめない
 完璧な姿を見せてやる
 だから一緒にカメラの前で 
 笑える相手が必要だ」

最初の2行目まではよかった、最後の3行はいらないのよ。
ほらね、またチェギョンは違った風に取っちゃったよ。
「行くな 俺をおいて」
だからぁ、それを何でチェギョンに言わないかなぁ。

ラブレターのことを知られたユル母、シン君を攻撃できなくなり、ユルは皇帝になりたくないと言い出すし、ここはもうチェギョンを使うしかない?
今までの冷たい態度から一転、自分の苦労話を聞かせます。
今のチェギョンにはどれも共感できるものばかり、なんかまずい方向に行ってませんか?
追い打ちをかけるように再びユル君は離婚話を持ちかけます。
チェギョンは「自由を諦めて好きな人のそばにいる」と言っているのに、ユル君、しつこいよ。
「考えてみる」
そこだけ聞いたシン君、あんたは来るのが遅いのよ、もうちょっと早ければ、さっきの言葉が聞けたのに。

いよいよインタビュー当日、不安そうなチェギョンにポーカーフェイスのシン君。
ここでぎゅっと手でも握ってあげたらチェギョンも安心するんだけどね。
本番10分前にも電話をしてくるユル君、マジしつこい!
チェギョン、ユル君の言うことなんか聞いたらだめだよぉ。
インタビューは和やかに進んでいき、このまま終わってくれたら・・・いよいよ革新的質問「政略結婚の2人の愛は???」
チェギョン、もう頭は「離婚」の文字でいっぱい!!!


愛しています
とても愛しています



チェギョンも、tamaも聞きたかった一言だよ!



宮(MBC)

宮(BSジャパン)



●John-Hoon ジョンフン“僕は君を愛してる”<初回限定盤>CD+DVD(2007/5/16)




スポンサーサイト

テーマ : 韓国ドラマ - ジャンル : テレビ・ラジオ

19:43  |  宮~ラブ・イン・パレス  |  TB(1)  |  CM(6)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

●テンコさんへ

皇室・・・王室・・・その壁の大きさを感じますね。
同じ人間なのに、なんか違う、縛り付けられている、だけどだからこそ続けてこられた。
ラストが楽しみです。
tama |  2007.06.23(土) 10:31 | URL |  【編集】

●やっと…

tamaさん、こんにちは!
最後に「愛してます。」とやっとシン君が言って、こっちも早くそう言えばいいのに~と思いました。でも2人でいるときに言わなきゃいけないのに、公のこんなテレビで言うとは…。
テンコ |  2007.06.21(木) 15:54 | URL |  【編集】

●SOPHILさんへ

こんばんは~~~
私は1~3話のムーブがうまくいきませんでした。
ですから、最初の時点でDVD-Rは断念してしまったぁ。
来月からまた放送されるのですか?
今度はうまくいくといいけど・・・
tama |  2007.06.17(日) 22:44 | URL |  【編集】

●かとちゃんへ

こんばんは~~~
「彼女はボス」以前GyaOさんで視聴しました。
好きでしたぁ。
ラストは???てな感じでしたけど、ミカエル(だったよね?)、なかなか似合ってましたよね。
tama |  2007.06.17(日) 22:42 | URL |  【編集】

こんにちは
シンの心情が表に出始めたあたりで、落ち込んでしまうような回ではありますが二人の結束とラスト前の落ち込みで仕方ないですね。

BSジャパンのこの回の放送がDVD-R化が機器のエラーで失敗してしまいました。
来月からまた放送開始されますが録画できるのは随分先になりそうです。
SOPHIL |  2007.06.13(水) 08:52 | URL |  【編集】

●偶然にも

tamaさん アンニョン!
お久しぶりです。

偶然ですねぇ~
私も今、「宮」を視聴中です。
先週末やっと20話まで視聴しまして後少しです。

並行して「彼女はボス」も視聴していますが
私的にはこちらの方が結構好きかも・・・。

相変わらず、ネタが理路整然と書かれていて
凄いですね。
尊敬の眼差しです。
かとちゃん |  2007.06.13(水) 06:49 | URL |  【編集】

コメントを投稿する

URL
コメント
パス  編集・削除するのに必要
非公開  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://fc2tama.blog25.fc2.com/tb.php/676-c1b8b9d9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

はじめまして、こんにちは。突然のTBですみません。まだ始めたばかりですが、紹介させて頂きました。
2007/06/15(金) 12:14:05 | 韓国ドラマに夢中

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。