2017年10月/ 09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

--年--月--日(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2007年06月09日(土)

消せない過去 「ホジュン」第49・50話

ホジュン 上 ホジュン 上
李 恩成 (2007/03/02)
ランダムハウス講談社

この商品の詳細を見る


10年一昔とはよく言ったもので、そんなにいろいろ覚えているはずないと覆うのよね。
ユジンとチュンサンのように運命の恋でない限り(笑)
だけど、チョンスは記憶力がよかったってことかしら?
10年前に捕らえた密貿易の犯人がホジュンだって疑い始めています。
何かとホジュンに近づいたり、キム参事に探りを入れたり、ついには自宅まで調べ始めます。
もう10年前のことなんだから、時効じゃないですかぁ???
ようやく平和に暮らしているんだもの、このままほっておいてほしいんだけど、そうはいかないよね。
ホジュンはホジュンで逃げ延びられないと思ったのか、キム参事にすべてを話し、自首するつもりらしい。
キム参事は、「今が大切だ」といって自首を思いとどまらせようとするけど、大丈夫かなぁ???

【More・・・】

ホジュンも大変なことになっているけど、宮中でも疫病の対策に大あらわ。
何でも宮中からそう遠くないところで大流行しているんだって。
当然医官が派遣されるんだけど、それに選ばれたのがホジュンと同僚のハクトの2人。
大流行の割に2名って言うのは少なすぎない?まずは偵察ってことかしらね。
ホジュンは観察使様(どこかで見た顔だわ)といろいろ今後のことについて話すんだけど、彼はなかなか人徳のある人みたい。
普通だったら、殺鼠と部下のものに任せて自分は逃げちゃいそうなもんだけど、彼は最後まで残って一緒に原因を見つけようとしてくれるのよ。
だけど、想像以上に疫病の被害は大きく、医官たちも増員されることに。
イェジンはもちろんホンチュンやオグン、ソンファとその彼女たちまでって・・・・結構主要メンバーそろい踏みです。
だけどねぇ、来てほしくない人も来ているのよ!そう、あのホジュンを狙っているチョンスまでね。

でね、ホジュンはチョンスにすべてを告白します。
だけど、疫病の原因を見つけるまでは待ってほしいと。
今は疫病を納めることが最優先時効だものね。
ホジュンは5年前山陰で発生して疫病と同じ対処法で病を治めるつもりらしい。
ホジュンたちの努力の甲斐あって、何とか収拾に向かう???とほっとしたのもつかの間、なんかまた患者たちの様子が急変。
あのチェソンまで倒れちゃいます。
再び次々と死んでいく患者たち、ついにはチェソンまで死んじゃいます。
王様に按摩をして差し上げるのは本当に夢となってしまった。

調度そのころ、明国からドジ様が帰ってきたのよね。
なんか顔がほっそりしているのは気のせい???
ホジュンが疫病で苦戦していることを聞いたドジ様、なにを思ったのが、自分も行きたいなんて言ってるよ。
今までのドジ様からは考えられない一言、明国に行って医官としての本分に目覚めたのかしら?
ううん、きっと手柄を立てようって魂胆に違いない。
なかなか疫病の原因や特効薬が見つからないホジュンたち、ある時ぼさぼさ頭の村人が「梅を食べさせてみてください」ってぼそっと言ったのよ。
半信半疑のホジュンだけど、今は藁をもすがる思い、早速梅とクチナシ、苦参の3つを試すことに。
すると梅汁を飲んだ患者は元気になってきたのよ、梅ってすごいのよね。
そういえば昔ばあちゃんがお腹が痛い時、梅酒を飲ませてくれたわね。
このことは早速ヤン様は都提調様の耳に入り、みんな大満足!
やる気になっていたドジ様だけが渋い顔でした。

でもぉ、疫病が治ったってことはぁ、ホジュンが捕らえられるってことでぇ。
いざ漢陽へ護送!!!
と思ったら、なんと王様から直々のお呼び出し!
決着は漢陽でってことだわね。


ホジュン(公式サイト)

ホジュン(BS朝日)


ホジュン(MBC)
韓国ドラマ「ホジュン」公式ガイドブック 韓国ドラマ「ホジュン」公式ガイドブック
(2007/03/01)
共同通信社

この商品の詳細を見る
スポンサーサイト

テーマ : 韓国ドラマ - ジャンル : テレビ・ラジオ

15:03  |  ホジュン  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

コメントを投稿する

URL
コメント
パス  編集・削除するのに必要
非公開  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://fc2tama.blog25.fc2.com/tb.php/662-8f4372e8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。