2017年10月/ 09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

--年--月--日(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2007年06月02日(土)

波乱の人生 「ホジュン」第41・42話

ホジュン BOX4 ~宮廷医官への道~ ホジュン BOX4 ~宮廷医官への道~
チョン・グァンリョル (2006/12/22)
松竹

この商品の詳細を見る



泣いたぁ~~~~、このドラマの中で一番泣いたぁ~~~~。
何で死ななくちゃ行けないの!まさか死ぬとは思っていなかった。
愛する人の目の前で、愛する人のもってきた毒薬で、自ら命を絶たなければならなかったイ従事官様。
それも謀反という濡れ衣を着せられたまま。
絶対納得いかないんですけど。
こんなことがあっていいの???
それに、医女はこんなことまでしなくちゃいけないの???
彼はこれからもイェジンのことを見守って、そしていつかハッピーエンドになってほしかった。
だってホジュンのイェジンは絶対に結ばれない運命でしょ?
だったら、ホジュンお変わりというか、その隙間を埋める人が必要じゃない。
それはドジ様ではなくイ従事官様であってほしかった。
あんなにまっすぐで、あんなに真剣に。そしてあんなに深くイェジンのことを思ってくださっていたのに。
御医女様がイェジンのこと、「波乱に満ちた人生を送る」みたいなこといっていたけど、まさにその通りね。
きっとこれからも・・・。






【More・・・】

はぁ、なんか初っぱなから位雰囲気だったんだけど、なくなってしまったのは事実、ここで足踏みしているわけにはいかないよね。
私の暗い心の中はお構いなしにストーリーは進んでいきます。
恵民署のみんなが集められて、内医院での全体会合に行くらしい。
なんでも新しい都提調様への挨拶だって。
残念ながらホジュンはお留守番、うん?イェジンとセヒョン、そして御医女様も行かないのね。
で、なんと新しい都提調様って、昔ホジュンが奥様も治した右相様ではないですか!懐かしい!!!
あれっきりだとお思っていたのに、こんなところでまたお会いできるとは。
右相様、(ではなく都提調様か)これからもどんどん出てくるのかしら?
だったらホジュンにとっては心強い味方が出来たってことよね?だって、都提調様はホジュンがお気に入りのはずだものね!!!

ヤン様が都提調様にいろいろ紹介しているところに急病の知らせが来ます。
ドジ様がお世話をしている恭嬪様の弟が病気なんだって。
どこが悪いのかと思ったら、口が曲がっているのよ!
これって神経麻痺???の割にはよくしゃべるわね。
ドジ様の診断によれば「7日で治します」だって
調度そのころ、ホジュンのところにも同じような病状の患者が来ているのよね。
で、ホジュンは「3日で治る」だって。
おいおい、この差はなに???と思ったら、実はドジも5日くらいでは治せるとは思っていたらしいけど、わざと長めにいったんだって。
予定より早く治せば、功績になるって、さすが腹黒ドジ様。
ヤン様、こういうの嫌がるかなと思ったけど、なんか上機嫌よ。
まぁ、ヤン様にとっても悪い話ではないことは確かだものね。
そこで王様登場~~~~。
ホジュンで王様が登場ははじめてよね???
で、この王様、どこかで見たことある~~~、と思ったらチャングムチチではないですかぁ。
いやぁ、ここでもまたチャングムキャラ登場とは、あ、ホジュンの方が古いんだから、チャングムがホジュンにかぶっているといった方が正解かな。

都提調様、いきなり恵民署の様子を見に来ちゃいます。
キム判官たちは大あわてだけど、都提調様は彼らの怠慢ぶりを一喝!
そしてホジュンとの再会、恭嬪様の弟と同じ病状の患者を3日で治すというホジュンに目を細めます。
で、肝心の弟君の方は予定より早く治って(まぁ、わざと長めにいっておいたものね)恭嬪様も王様も大喜び。
だけどぉ・・・やっぱり嘘はよくないわね。
なんと弟君、また口が曲がっちゃたのよ!
ことの次第を見ていたと提調様、ドジの方をじろっと見て、なにやらお考えのよう。さぁ、どうするのかしら。
そして都提調様が相談したのはチョン判官(さすが人を見る目があるわね)、恵民署でのホジュンのことを話すと、「腕のいい医者なら・・・」って、やっぱりチョン判官はまっすぐな人ですね。
ドジ様たちの悪知恵を見抜いた都提調様、ホジュンの患者の様子を偵察に行かせます。
ホジュンの患者は予定より一日遅れたけど(これはホジュンのせいじゃないものね)見事完治したことを知った都提調様、弟君はホジュンに任せることにしたようです。

ホジュンは針ではなく、圧力(マッサージみたいなもの?)と急で治すっていってるんだよね。
ヤン様は言語道断!とかいっているけど、恭嬪様は、都提調様からの話を聞いてホジュンに任せるってさ。
目先の功にとらわれず、根本から治してくれる・・・そうそう、ホジュンは心医だものね。
でもって驚いたのはドジ様よ、いくら今回のことがショックだったとはいえ、セヒとついにそういう仲に(実際にはなにもなかったと思うけど)。
奥様は確か身重だったんだよねぇ。
あぁあ、こんなことで出世階道からはずれなければいいけどねぇ。

さてさて、ホジュンの方はというと、弟君の治療は結構難航しています。
というのもこの弟君、かなりのわがままだだっ子なのよ。
臭いが我慢できないとか碁がしたいとか、もう何様のつもりって感じよ。
しまいには硯を投げつけちゃうしね。
だけど、こんなことくらいでは引き下がらないホジュン、夜中になっても薬を飲むように持って行くのよ。
さぁこの根比べ、どっちが勝かな???



ホジュン(公式サイト)

ホジュン(BS朝日)

ホジュン(MBC)


ホジュン BOX5 ホジュン BOX5
チョン・グァンリョル (2007/01/27)
松竹

この商品の詳細を見る
スポンサーサイト

テーマ : 韓国ドラマ - ジャンル : テレビ・ラジオ

12:45  |  ホジュン  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

コメントを投稿する

URL
コメント
パス  編集・削除するのに必要
非公開  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://fc2tama.blog25.fc2.com/tb.php/651-c0f8c4f4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。