2017年10月/ 09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

--年--月--日(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2007年05月27日(日)

サスペンス??? 「ホジュン」第39・40話

許浚〈上〉医の道に辿りつく 許浚〈上〉医の道に辿りつく
李 恩成 (2003/04)
桐原書店

この商品の詳細を見る



湯薬房で発見された首吊り死体、早速ホジュンはポドチョンで取り調べを受けることに。
宿直だからと責任を追及されるなんて納得いかないけど、イ従事官の特別な計らいで、特にお咎め無し。
だけどホジュンはこの自殺になんかすっきりしていないようです。
死亡時間と首の痕、なんかただの自殺ではない感じ、裏で誰かが、何かが動いてる???


【More・・・】

医女たちの研修を担当することになったホジュン、イェジンは心なしか頬がゆるんでいます。
そしてセヒョンが鏡を・・・彼女も女なのですねぇ。
ホジュンの後ろに腰巾着のようにくっついてきたオグンのお目当てはホンチュン、セドンはどうするつもりかな?
今は全く当てにされていないけど、もしかしてもしかすることはあるのかな?今後もこの2人には注目です。
研修で優秀な人物は宮中にあがれるらしく、みんな張り切っているけど、イェジンとせヒョンは別の意味で張り合っている?
そんなことは全く気にしていないホジュン、暢気というか鈍感というか(笑)
内医女を選びに来た日、御医女様たちはイェジンとセヒョンを推薦するのに、内医女様はセヒとチェソンを選んでいくのよ。
おいおい、どんな選考基準なのさぁ。
ホンチュウ曰く、自分の地位を脅かさない存在を・・・はぁ、ここでも権力争いですかぁ。

そうこうしているうちに、なんともう一人人が死んじゃいます、
イ従事官の親友の    、突然苦しみだして、そしてあっけなく・・・。
元々持病(糖尿病)はあったらしいけど、それにしても急だよね。
彼の死にも不信感を覚えたホジュン、これってもしかしてこの前の自殺と関係ある???
校理様に持病があったと知ったホジュン、その薬は恵民署から届けられていた。
そしてそれを届けていたのはあの自殺した人物!
早速彼の所持品をチェックしたホジュン、なんとそこからは斑猫っていう毒物が発見されるんだよ。
もう、これは誰かに仕組まれた殺人事件に間違いないよね!

ということで、ジョンミョンとホジュンは密かに捜査開始!
すると、そこには密貿易が絡んでいたんですねぇ。
密貿易といえば、ホジュンとヤンテはお手のもの、早速準備にかかります。
一方のジョンミョン、彼もホジュンのように出世には無縁のまっすぐな生き方をしている人物のようです。
何でも彼が今ポドチョンにいるのは左遷したからのようで、本来、もっと高官らしいよ。
確かに表情に育ちの良さがでているよね。
ジョンミョンを呼び出したのはあの酒宴で威張っていた人物、パリ恋のチェ理事ですよね?
なんか彼だから、今回の黒幕はこいつに違いないわ!!!

ジョンミョンの許可の元、密貿易を行うホジュンたち。
相手は・・・以前ヤンテたちが失敗した相手じゃないの!
ここで斑猫のことを聞き出そうとするホジュン、ここでジョンミョン登場、なんかちょっと早すぎる気もするけどね。
そして次々と捕らえられる判官たち、「黒幕は誰だ!」というところで颯爽と?登場する吏利様、やっぱりあんただったのね(笑)
渋い顔で引き上げる吏利様、なんかジョンミョン危なくない???
イェジンへの手紙を届けさせたりして、もしかして自分の身に何か起こること予想している???
だからホジュンともあんな話を???
イェジンのことを思うジョンミョン、そのイェジンが思いを寄せるホジュン、彼がいい人だけに、ジョンミョンはやるせないよね。

さぁてさて、最近あまり出番のないダヒ様、今回はなんかお兄様が訪ねてきましたよ。
今の暮らしぶりを心配しているけど、ダヒ様は十分幸せだってね。
だけど、ギョムに勉学を続けたいとそのことだけはお願いしたみたい。
ホジュンダヒやギョムのためにも、もう少し出世のこと考えたら???



ホジュン(公式サイト)

ホジュン(BS朝日)

ホジュン(MBC)


許浚〈下〉心医の域に達する 許浚〈下〉心医の域に達する
李 恩成 (2003/04)
桐原書店

この商品の詳細を見る
スポンサーサイト

テーマ : 韓国ドラマ - ジャンル : テレビ・ラジオ

11:01  |  ホジュン  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

コメントを投稿する

URL
コメント
パス  編集・削除するのに必要
非公開  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://fc2tama.blog25.fc2.com/tb.php/650-55301fe1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。