2017年10月/ 09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

--年--月--日(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2007年05月19日(土)

一難去ってまた一難 「ホジュン」第26話

ホジュン 中 ホジュン 中
李 恩成 (2007/03/02)
ランダムハウス講談社

この商品の詳細を見る



以前ホジュンが助けたあの親子、「オモニの目を治せ!!!」って大騒ぎで医院にやってきました。
何でも、ホジュンが処方した薬で、あのオモニの目が見えなくなったって・・・ショックを隠しきれないホジュン、よくよく話を聞いてみると、ドルセがホジュンの言いつけを守らずに、欲張ってたくさん薬を飲ませたらしいのよね。
これって、ホジュンのせいじゃないよね?
自業自得ってところじゃない??
でもまぁ、そんなことが通用するドルセじゃないわよ。
ホジュンだって、ドルセがムチであることは百も承知だったのにと自責の念に駆られています。
せっかく医員としての信用を得てきたところなのに、これはホジュンにとってまずよね。
「もう手遅れだ」とか自信なさそげだし、さぁホジュン、本当にオモニはこのままなの???


【More・・・】

ホジュンがドルセオモニのことで頭を悩ましている頃、王子様の診療をすることになったドジ様、震える手で針をうち、なんと王子様は回復!
これは大手柄ですよぉ。
でもね、これはドジ様の手柄ではなく、上司たちの手柄になったんだよね。
ヤン様まからお褒めの言葉をいただいた上司たち、バツが悪そうだったよね。
一方のドジ様はちょっと不服そうな顔、でも、これをネタに、きっとなにやら画策すること(彼らを味方につけること)間違いないわね。

さぁ、ホジュンの方はというと、針を使って懸命に体から毒を抜く作業に取りかかります。
ユ師匠を大師様も加わってオモニの病状を診るけど、あまり明るい展望ではなさそう。
そんなとき、ユ師匠は次は「灸だ!」って指示するのよ。
でもね、何でも針と灸は一緒に使わないのが鉄則らしいの。
そんなこと、絶対にあり得ないのに、なぜに灸???
どうやらユ師匠はホジュンを独り立ちさせるために、あえてそう支持したみたいなのよね。
師匠の教えが絶対だと思っているホジュン、このままではいつまでたっても・・・という師匠に親心のようです。
さんざん悩んだあげく、ホジュンは灸ではなく針での治療を選択します。

いよいよ包帯を取る日・・・。
ゆっくりを包帯を取り、目を開けると、そこにはホジュンの顔がぼんやりと浮かんでいるのよ。
やった!ついにやったわ!!!
オモニの目も治って、そしてホジュンがまた心医へのみちに一歩近づいた瞬間だったわ。
大喜びのイェジン、急いで師匠に報告に行くと、んあんと師匠倒れてます。
でもって、血を吐いているではないですか!
もしかしてもしかする???
まさか師匠が死ぬとは思っていなかったので、(話の長さと師匠の歳から考えたら、いつかは・・だけど、まさかこのあたりでとは)、tamaもショック!

一難去って一難ではないですか!
ホジュンといいチャングムといい、毎回色々あるよねぇ。




ホジュン(公式サイト)

ホジュン(BS朝日)

ホジュン(MBC)


ホジュン BOX3 ~宮廷医官への道~ ホジュン BOX3 ~宮廷医官への道~
チョン・グァンリョル (2006/11/22)
松竹

この商品の詳細を見る
スポンサーサイト

テーマ : 韓国ドラマ - ジャンル : テレビ・ラジオ

11:53  |  ホジュン  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

●SOPHILさんへ

こちらこそご無沙汰しております。
私もBS朝日で見ています。
しかし、ここ2週ほど、「ホテリアー」創作版にはまっておりまして、たまってきました。
毎日だけにつらくなりつつあります(笑)

チャングムも見ているので、登場人物の重なりがおもしろいです。
tama |  2007.05.20(日) 08:05 | URL |  【編集】

こんにちは、ご無沙汰です。
BS朝日の放送を毎日見ています。
>「オモニの目を治せ!!!」って大騒ぎで医院に
ホジュンを殺そうとまで思っていて、感謝していたのにまた逆切れの登場にはいらだちました。
「チュモン」にも登場された俳優さんで、他のドラマでも脇役で登場されますね。
イェジン役の女性が萬田久子さんに似ているように見えてしょうがありません。
これを基準に「チャングム」などの後発の時代劇を考えたと感じさせてくれました。
SOPHIL |  2007.05.19(土) 13:15 | URL |  【編集】

コメントを投稿する

URL
コメント
パス  編集・削除するのに必要
非公開  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://fc2tama.blog25.fc2.com/tb.php/640-110eb6e7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。