2017年10月/ 09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

--年--月--日(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2007年04月30日(月)

神話の世界 「朱蒙」第1話


(写真漫画)朱蒙(MBCドラマ)(送料無料)



ついにここまで来たか!!!
って自分自身で気合いを入れながら見始めました「朱蒙*チュモン」
だって全81話ですよ!視聴率50%ですよ!
週一で81話放送したら・・・最後まで見られるかかなり不安。
ホジュンのように毎日とはいかないまでも、せめて2話ずつ放送した方が良いことない???
本国は2話連続なんだよね?だからこんなにも人気が続いたってことないかなぁ。
日本のドラマの感覚だったら、そんなにだらだら引っ張って、中だるみしない?な~~~んてね。
それに名前を覚えられるか・・・。

で、オープニングは一瞬「火の鳥」かと思ったよ(笑)
だって不死鳥飛んでるし。
この衣装、何だかなぁと思っていたら、なんと紀元前のお話なのね。
チャングムやホジュンより、ずっとずっと昔、そう神話の世界って感じです。
朱蒙は、高句麗(歴史で習ったよね)を建国した人なんだって。
地図で見ると今の韓国北部・北朝鮮と中国の一部って感じですね。
かなり大きな国だったんだねぇ。
なんかドラマを見ながら歴史の勉強もできるかも???



【More・・・】

時は紀元前108年、2100年間栄華を誇っていた古朝鮮は漢(今の中国)との戦いによって滅亡します。
漢は、朝鮮民族の封じ込めを狙って楽浪(ナンナン)、真番(チンポン)、臨屯(イムドゥン)、玄菟(ヒョント)の4つの国を作ります。
漢からの圧政を逃れた古朝鮮の流民たちは、次第に抵抗を強めていきます。
そしてその中心にいたのがヘモス(チュモンのお父さんね)で~~~す。
中国の影響が強いからか?妙に感じが多いけど、難しいからカタカナで書きます。
微妙に発音とかで表記がおかしいかもしれないけどミアネ~~~。
はい、ホ・ジュノsii、迫力あります。
ぼさぼさの髪も良いです。

場所は変わってヒョント城、なにやら決闘してますよ。
おっとこれはホジュン、じゃなかったクムワ(チョン・グァンニョル)ですね。
鮮やかな剣(槍か)裁きで武術大会で優勝したクムワは都行きの権利が与えられたんだって。
なんかこのセット???すごいお金のかけようではないですか?
HEROとかLOVERSとかの映画並み、いやそれ以上かも。
長官がクムワに褒美の剣をあげようとしたら、なんか一人の男が(これってヘモスよね)やってきて、クムワに戦いを挑みます。
う~~~、そうだった吹き替えなんだ。
この役では一体何歳の2人なのかな。
実際の年齢よりはかなり若いはずだけど(まだ結婚してないし)、でも、本来の2人の実年齢からすると若すぎる声で妙に違和感。
2人の迫力ある風貌からだともうちょっと厚みのある声の方が・・・と、吹き替えに文句を言っても無駄というは今までにも分かってはいるが。
そして再び始まった真剣勝負。
2人とも(年齢の割に)がんばってます。
長官じゃないけど、かなり見入ってしまいましたわ。
クムワの槍の先が飛んで、ヘモスが一撃・・・なんと長官の隣に座っている人に刺さっちゃいました。
え?何で???と思うまもなく観客から次々現れる兵士たち。
実はこれはとらわれた流民たちを救うために2人が仕組んだものだったんですねぇ。
クムワとヘモスもがんばるんだけど、所詮人数で歴然のは差がある感じ。
ヘモスの笛で、あっけなく退散です。
逃げる途中、馬から落馬するクムワ。
どうやらさっきの戦いで、刺されたところに毒が入ったみたい。
「ここでやれ」というクムワに「お前の腕がなくなったら俺がお前の腕になってやる」というヘモス。
何という美しい友情でしょう。
だけど・・・皇太子という年齢の割にはちょっとお顔に重みを感じますわ。

そのころ、プヨの神殿では、巫女ヨミウル(どこかで見たことあるなぁ)がなにやら予言をしております。
「プヨの太陽の中に三本足のカラスが姿を現し、そして消えました。二本足はプヨを守る王様とお世継ぎのクムワ様ですが、もう一つは・・・プヨを支えるものか引き裂くものなのか分かりません」って何のこっちゃい。
残りの一つはヘモスに決まってるでしょ、あ、チュモンかな???
プヨの王様(クムワのお父さん)、この人もどこかで見たぞぉ、いつも金持ちの会長役とかしてるよね。
い、いかんすぐに思い出せないのはやはり歳のせいか???

舞台は再びヒョント城
なんか鉄仮面をつけた兵士と、馬にも鉄の蔵と仮面だよ。
集められた古朝鮮の逃亡者たち、鉄器対を倒せたら自由のみにしてやるとほざく長官。
絶対狂ってる!!!
クムワは抗議しようとするけど、プドゥップルに諫められてなにもできないのよね。
ここで抗議するってことは、漢に逆らうってこと、クムワとて簡単に意見できる立場じゃないってことなのね。
そこで猛然と抗議したのはハベク族の君長の娘、ユファなんですねぇ。
皇帝を簿女久下として捕らえられるユファ。
ユファの美しさとその勇気に、クムワ、惚れましたね。
ということで、幼なじみ(漢軍の護衛となっている)に頼んでユファを釈放してもらいます。

漢軍との戦いに備えて、日々訓練に励むタムル軍
だけど、その弓じゃぁ、あの鉄騎隊は敗れないでしょう。
それにしても戦のシーンが多いよねぇ。
実際この戦乱の時代には、毎日のように戦が行われていたんだろうけど、やはり人が殺されるシーンというのはつらいです。
プヨの王様は、プドゥップルの進言もあって、ヘモスを亡き者に使用なんて考え出してるみたい。
クムワはそれをヘモスに知らせようとするけど、プドゥップルによって阻まれます。
こいつ、かなり頭がいい上に、腕も良いみたいだぞぉ。
暗闇から現れる鉄騎隊、それだけでかなりの迫力。
ヘモスの放つ矢なんか全然歯が立たないのよね。
やはり鉄は強い!!!
このままではまずいと思ったヘモス、みんなを退散させます。
と、そこへ遅れて現れた白髪の鉄騎兵。
仮面つけているから全く顔は見えず。
彼が放った槍はヘモスの胸を打ち抜き、川に~~~~。

場所はハベク村???
物思いにふけるユファが思うのはクムワのこと???
そこに傷ついたヘモスが流されてきます。
ユファの献身的な(結構楽しんでいるけど)介護で元気になったヘモス。
で、なんとユファ、本当にヘモスに婿になってくれ(ふりだけど)と頼みます。
なんとまぁ、顔に似合わず積極的だね。
あの鉄騎隊、ヘモスを追ってハベク村までやってきてます。
肩の傷・・・でユファはピンと来たはずだよね。
ユファがかくまっているのがヘモスだと知ったユファ父、さんざん悩んだあげく、鉄騎軍に知らせます。
(かくまったら皆殺しだもの、仕方ないか)
鉄騎隊が小屋に入った時にはヘモスの姿はそこにはなく・・・


なんかいきなりかなりの長文となってしまいました。
この調子で残り80話書くはずはないけど、これはかなりチュモンに労力使いそうだわ。


朱蒙*チュモン(BSフジ)

朱蒙:チュモン(MBC)


 韓国ドラマ/朱蒙(チュモン) 限定版 DVD-BOX VOL.2 [6Disc]
スポンサーサイト

テーマ : 韓国ドラマ - ジャンル : テレビ・ラジオ

18:44  |  ドラマ*た行  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

●メロンパンナさんへ

こんにちは!!!
「チャングム」を見始める時も、どうしようかさんざん迷いました。
これまで何回か放送していますが、いつも録画をしただけで、見ずに終わっていました。
けっきょくとちゅうでろくがしわすれとかあり、HDからも消したりしてね。
だけど、完全版ということで見始めたらやめられなくなりました。
今は「ホジュン」も見ているので、かなりしんどいです。
同じような俳優さんがでているので、そういう人を見つけるのが楽しかったりします。

春のワルツと4月のキスですかぁ。
私としては4月のキスがおすすめです。
内容的にはさほどおもしろいとは言えないかもしれませんがジナ役のソ・イヒョンちゃんのキャラがすごく好きでした。
主人公であるチェウォンには全く共感できず、これほど主人公が嫌なドラマも私としては珍しかったです。
tama |  2007.05.04(金) 15:35 | URL |  【編集】

●tamaさんへ

今KNでやってますが、私は75話まで見ております。
これかなり面白いです~。
でもtamaさんのおっしゃる様にこれ見始めるのってかなり・・・気合がいりますよね~v-218私は50話くらいまで放送済みになってから一気に見出したのですが、面白いのですすむ、すすむ・・・韓国の史劇ってなんであんなに面白いのでしょうかね・・
「女人天下」にもかなり嵌ってますが、次は「王の女」もいってみようかと思っております。

話し変わりますが「春のワルツ」「4月のキス」は面白いですか~??
吹き替えの「春のワルツ」途中からすすまず放置中(汗)見る価値ありですか??
メロンパンナ |  2007.05.03(木) 07:15 | URL |  【編集】

コメントを投稿する

URL
コメント
パス  編集・削除するのに必要
非公開  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://fc2tama.blog25.fc2.com/tb.php/617-6744a7bd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。