2017年08月/ 07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

--年--月--日(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2007年04月15日(日)

偏見 「ホジュン」第7話

許浚〈下〉心医の域に達する 許浚〈下〉心医の域に達する
李 恩成 (2003/04)
桐原書店

この商品の詳細を見る


今回は、あらゆるところで「偏見」って言うことを考えさせられました。
身分差別のない日本で生まれ育ったtamaには、このドラマの根底にある「身分差」というものがものすごく違和感があります。

ホジュンオンマがダヒお嬢様のところへ行き、ホジュンを諦めるようにお願いします。
両班の身分は捨てたというダヒお嬢様、だけど、ホジュンオンマは「天地が崩れない限り身分の差は変えられない」と言います。
そして、ダヒと一緒になることが、ホジュンにとって身の危険になるとも。
これにはダヒお嬢様もショックを受けたようです。
愛する人の重荷になるなんて、それは耐えられないよね。
ダヒお嬢様は山陰から去ることを決心します。
そして、指輪をイェジンにプレゼント、う~~~ん、身分差があると、結婚も自由にはできなかったのね。

ダヒ様が山陰に来ていることを知らない(その上ユ医院にいるし)ホジュン、ドジ様から薬草採りに推薦され、ますます仕事に力が入ります。
が、当然あの4人集は気に入らないよね。
一緒に薬草採りに行った時、まんまとだまされ道に迷ってしまいます。
空腹のあまりとった薬草食べたとたん、激しい腹痛が襲い、そのまま気を失ってしまいます。
で、気がついたらどこかの洞穴???
そして目の前にはライ病患者(ハンセン病)が、当然ホジュンは「あっちにいけって」・・・。

確か「チェオクの剣」の時も、ハンセン病患者が隔離されている村みたいなのが出てきたよねぇ。
昔は色々偏見があったものね、ううん、今でもそういう偏見をもっておいる人って多いかもしれない。
ドラマの最初にも、そしてハンセン病患者が出てくるシーンにもちゃんとテロップが流れました。
こういうことって大切だと思うな。
怖がるホジュンの前に現れた大師様、ホジュンを一喝し、傷の手当てをしてくれます。
ホジュン、また医院としての心得を学ぶことができました。

ホジュンのことを諦めて山陰を出て行こうとするダヒお嬢様とヤンテ。
本当にこのまま行っちゃうの~~~~。


ホジュン(公式サイト)

ホジュン(BS朝日)


ホジュン BOX4 ~宮廷医官への道~ ホジュン BOX4 ~宮廷医官への道~
チョン・グァンリョル (2006/12/22)
松竹

この商品の詳細を見る
スポンサーサイト
12:17  |  ホジュン  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

コメントを投稿する

URL
コメント
パス  編集・削除するのに必要
非公開  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://fc2tama.blog25.fc2.com/tb.php/567-6dbfeb31
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。