2017年08月/ 07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

--年--月--日(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2007年04月08日(日)

彼女を忘れられたら 「プラハの恋人」最終話

プラハの恋人 DVD BOX I プラハの恋人 DVD BOX I
チョン・ドヨン (2007/05/16)
エイベックス・マーケティング・コミュニケーションズ株式会社

この商品の詳細を見る



はぁ、終わってしまいましたねぇ。

で、どうでしたか?このドラマ、tamaの中では主役は完全にヨンウです。
最後の最後まで一人で全てを背負って、一人で解決して、一人で全てを包み込んで・・・
ジェヒとサンヒョンがハッピーエンドなのは、もうドラマの途中から分かってたことなので(そうしないとドラマにならない)、後はヨンウがどういうラストを迎えるのかがtamaにとっての興味でした。

ヨンウはヘジュに本当のことを話してほしいと頼みます。
父親の過ちのうち「9つは隠して1つだけ追求する」だって。
全部じゃなく一つで十分なほど悪人なの(驚)
ヘジュも最後まで絡んできましたね、こんなに重要な人物だとは思っていませんでした。
途中は何回やな女だなぁと思っていましたが、最後はすごく美しかった。
子ども(ウンウ)に対する愛情は本物だったってことですよね。
ジェヒとサンヒョンのことも認めることができたし。
できれば「スマイルアゲイン」でも、爽やかになってほしいのですが・・・

結局ヨンウ父は公職選挙法違反や贈賄の罪で逮捕されます。
毎度のことながら、ヨンウとヨンウ父とのやりとりは緊迫していて、このドアラマの中でなんかちょっと異世界って感じです。
逮捕されるにもかかわらず、あの毅然(えらそげな)とした態度のヨンウ父、それはそれで立派です。
地検に向かう父、それをビルの上から見送るヨンウ。
一体どんな会話をしたのだろう、このときのヨンウの表情が何とも言えませんでした。

一年後、プラハに出張するジェヒ、空港でヨンウと再会します。
ヨンウはヨーロッパに旅行だってさ、そういえばスンウが留学してるんだよね。
そこであの結婚式の時のネックレスをプレゼント、「俺の過去なんだ」と笑顔なヨンウが切なすぎ。

~プラハで~
ジェヒを追ってきたサンヒョンと「願いの泉」出会いを確かめ合う2人の願い事は、
「カプトゥルとカプスンはずっと幸せに暮らしました(ジェヒ)」
「天が落ちようとも地が裂けようとも 地球を100周しても
 俺はいつでもミルルユッテ(サンヒョン)」
そしてその横にはヨンウのメモ
「この世のすべてが終わる頃 彼女を忘れられたら・・・」
う~~~ん、ヨンウ、まだ引きずっているの???
すっきりしなかったのはヨンウだけ???
何だかなぁ、一番幸せになってほしいヨンウが一番寂しい気がするよ。



プラハの恋人(SBS)

プラハの恋人(BSジャパン)


プラハの恋人 DVD BOX II プラハの恋人 DVD BOX II
チョン・ドヨン (2007/06/13)
エイベックス・マーケティング・コミュニケーションズ株式会社

この商品の詳細を見る
スポンサーサイト
15:08  |  プラハの恋人  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

●テンコさんへ

なるほどぉ、あきらめの美学ですか。
納得です。
ドラマを見ていると、いい加減諦めろよぉと思うことがしばしば。
何でも引き際が大切ってことでしょうかね。
tama |  2007.04.15(日) 17:04 | URL |  【編集】

●あきらめること…

tamaさん、こんばんは!

ヨンウの最後の言葉はかなり切ないですね。まだ忘れられないってことか~!

このドラマは2人のハッピーエンドまでを描くだけの物語ではなく、ヨンウの『あきらめの美学』みたいなものも描いているんじゃなかろうかと。
冬ソナの評論読んでいたとき書いてあったんですけど、ヨン様のチュンサンがユジンをあきらめる時のすさまじい思い、あの海でネックレスを投げるあの時の「あきらめの美学」を描くためにあのドラマはある、みたいなことを言っている人が居て、なるほど、と思ったことがあるんです。
私結構ハマりました。このドラマ。
テンコ |  2007.04.08(日) 23:49 | URL |  【編集】

コメントを投稿する

URL
コメント
パス  編集・削除するのに必要
非公開  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://fc2tama.blog25.fc2.com/tb.php/556-9a0685e8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。