2017年08月/ 07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

--年--月--日(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2007年04月05日(木)

トックにパンスル(笑) 「ホジュン」第3話

ホジュン BOX ホジュン BOX
チョン・グァンリョル (2006/09/28)
松竹

この商品の詳細を見る


職場の異動って、今も昔も、日本も韓国でもあるものなのね。
ダヒの叔父たちに襲われたホジュン、何とかその場を逃げ、ダヒを取り戻すために、反逆者を通報しようとします。
しかし、そこに現れたチョンサガンたちはホジュンを密貿易の罪で捕らえた人たちだったんですねぇ。
まぁ、ホジュンのおかげで叔父たちは再び捕らえられ、ダヒは身分を回復します。
ということは、ホジュンの届かないところへ~~~。
ここにも身分の差で叶わぬ恋一つ・・・といったところでしょうか。

今のホジュンにはそうすることもできず、オモニと一緒に山陰に向かうホジュン、ところがここでもホジュンはついていません。
なんと頼りにしていたアボジの親友、彼もまた異動になってるし(それも漢陽に)。
何のために危ない思いをして(ダヒとも離れたし)ここまで来たのやら。
でもね、ここは何でも薬草で有名な土地らしく、3年まじめに働けば、3年は遊んで暮らせるようなところらしい。
ホジュン、ここに根を下ろすのもいいかもよ。

でもね、ホジュンになんか怪しげな男がよってきたんだよねぇ。
と、こいつもしかしてパンスル(チャングム)???
今回はまた違った感じの役ですね。
ホジュンに近づいて(何が狙いなのやら)号牌を何とかしてくれるってってさ。
確かにこれがなければいつもびくびくしていなくちゃいけないもの、ホジュン、なけなしのお金を払おうとしているけど、大丈夫かなぁ。
いかにも怪しさ満点ですよ。
大丈夫じゃないのはホジュンオモニ、突然の腹痛に苦しみます。
ここでも助けてくれたのはパンスル(名前がまだ分からないからそれまではこれで)。
何でもユ医員というのは天下一の名医なんだって。

この医員、名医らしいけど変わった人で、突然になくなったりするんだって。だから医院は大混雑、パンスルのおかげで順番は早めてもらったものの、見てもらえるのはいつのことやら。
で、ユ医員が戻ってきたのは、なんと夜も更けてから。
それに何とも仰々しい登場です。
息子のドジ医員も名医らしい。
このドジ医員もどこかで見たことあるぞぉ。
後ろで病状を書いているのは・・・もしかしてトックおじさん???
なんだかチャングムメンバーよく出てきますね。
ユ医員とドジ医員は次々と患者を診ていきます。
ようやくホジュンオモニの番、ドジ医員は「たいしたことないって」さ。
食い下がるホジュンに今度はユ医員が名前を尋ね、「船酔いをしたからものを食べたせいだ」ですと。
おいおい、名前を聞いたら船に乗ったことも分かるの?これはお見それいたしました、さすが名医です。
宿に戻ったホジュン、パンスルになけなしのお金を渡します。
「金が目当てじゃない」っていってたけど、じゃ、何が目当てなんだろ?
それに号碑とか牌とか漢字が違うけど、どっちが正解???

翌日・・・約束の場所で待つけど、いっこうにパンスル、じゃなかったク・イルソは現れません。
やっぱりなぁ、どう見ても怪しかったもの。
女将に聞いた賭場に行ってみると、全部すってしまったってさ。
ということで、ホジュンたちはイルソの家に居候、なんて言うと聞こえが悪いけど、お金をだましたお詫びってことね。
クルソの奥さん、ユン・ソクホ監督作品のお母さん役でよく見る方だね???
いつ間にかホジュンの呼び方「ヒョン」になってるよ(笑)

ホジュン、寝床は確保したから今度は仕事ね。
ユ医員のもとで医術を習いたいというホジュンだけど、それはそれは長い道のりらしいよ。
ろうそく持ち(これも仕事なのね)や手ぬぐい洗いから始まって、10年いても・・・・の世界らしい。
諦めた方がいいとイルソは言うけど、ホジュンはやる気満々です。
イルソの紹介で医院に行ったホジュンだけど、下働きの人たちといきなりけんかになってしまします。
その様子を見ていたユ医員、「人の急所を心得ている」だって。
で、それを聞いたドジ医員、しばらく考えて、ホジュンを弟子にしてくれます。
ホジュン、一生の師匠に出会えたって感じかな。
生きる道が見つかってよかったよかった。


ホジュン(公式サイト)

ホジュン(BS朝日)

ホジュン(MBC)




ホジュン 下 ホジュン 下
李 恩成 (2007/03/02)
ランダムハウス講談社

この商品の詳細を見る
スポンサーサイト
14:39  |  ホジュン  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

コメントを投稿する

URL
コメント
パス  編集・削除するのに必要
非公開  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://fc2tama.blog25.fc2.com/tb.php/549-b3441785
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。