2017年08月/ 07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

--年--月--日(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2007年04月04日(水)

さようなら ラスベガス 「ホテリアー」第2話

ホテリアー DVD-BOX ホテリアー DVD-BOX
ぺ・ヨンジュン (2004/01/09)
インタラクティブメディアミックス

この商品の詳細を見る


いきなりかっこいいドンヒョクのシーンで始まります。
「冬ソナ」のミニョンとは違う短髪で黒髪、そして口元でしか笑わないクールなペ・ヨンジュン。
彼が見られるだけでもこのドラマを見る価値はあります(tamaにとってはです)

ここではじめてドンヒョクとジニョンが出会います。
ジニョンはソウルホテルを建て直すため、かつての恋人、ハン・テジュンを連れ戻すためにラスベガスまでやってきています。
そんなジニョンがあるレストランでドンヒョクと偶然・・・まだ出会うというほどではないですが、ドンヒョクはジニョンを意識し、いろいろ調べさせます。
ジニョンはテジュンを探し出し、ソウルに戻るように説得しますがなかなかうまくいきません。
支配人として働いているときとは違う彼の姿を目の当たりにし、複雑な心境のジニョン。

そんなジニョンにドンヒョク(このときはまだフランクね)からルームサービスが届きます。
これがはじめてのルームサービス。
レストランで汚れてしまったスカーフなんです。
心憎いですねぇ。

で、いろいろあってテジュンとジニョン、ジェニーはロスに行くことになるのですが、またまたけんかをしてしまい、ジニョンは砂漠に一人置き去りにされます。
ほんと、この2人よくけんかをします。
どっちもどっちなんですよ!
テジュンはうまく説明しないし、ジニョンは早とちりするし・・・お似合いと言えばお似合いなんですけどね。

まだまだドンヒョクの活躍場面が少なく、tamaにはかなり物足りない1話と2話です。
でも、ちょこっとでてくるドンヒョクはすべてかっこいいです。
まだ本心から笑わないんですよ。
どこか冷めた、もの悲しげな表情もまたかっこいいです。
と、ドンヒョクを表現する言葉をすべてかっこいいで片付けてしまっていますね。
でも、本当にかっこいいのだから仕方ないですよね(笑)


ホテリアー(MBC)


遥かなりペ・ヨンジュン―ペ・ヨンジュン作品評 「若者のひなた」から「四月の雪」へ 遥かなりペ・ヨンジュン―ペ・ヨンジュン作品評 「若者のひなた」から「四月の雪」へ
Photographer (2007/02)
右文書院

この商品の詳細を見る
スポンサーサイト
23:40  |  ホテリアー  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

コメントを投稿する

URL
コメント
パス  編集・削除するのに必要
非公開  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://fc2tama.blog25.fc2.com/tb.php/529-909587cb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。