2017年10月/ 09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

--年--月--日(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2007年04月02日(月)

茶髪禁止? 「宮~ラブ・イン・パレス~」第14話


【送料無料】宮(クン)香港版DVD(1~12話)※リージョンコード3※【お取寄せ商品】


夢のような一夜をともにした2人、もとい、結局何もなかった(いやキスはしたが)2人を確認したユル君、その喜びようったら(笑)
そんな2人を見て、はじめて夫らしく嫉妬したシン君。
三人三様の「床入り」の夜でした。

ここまで来たらユル君の我慢の限界、ついにチェギョンに「好きだ」と告白します。
突然のことに動揺しまくりのチェギョン。
おいおい、まさかほんとうに全く気がついてなかったの?
それほどチェギョンの心の中にはシン君しか映ってなかったのね。
そのことの方に驚きのtamaですが、ユル君、さぁ、どうします???

学校でもタイでの「スキャンダル記事」が流れ、ヒョリンはつらい状況に、まぁ、自業自得だけどね。
チェギョンはヒョリンをかばうけど(妻の余裕?)、ヒョリンのほんとうの姿を知ったチェギョンの心中は複雑です。
ここでもチェギョンを慰めるのはシン君ではなくユル君なんだよね。
まぁ、ヒョリンのことを、シン君に相談できるはずはないものね。
で、またまた2人で逃避行!
川辺で大声を出し、遊園地で楽しいひとときを過ごした2人、今回は2人別々で帰ることにしたようです。
以前問題になったものね。
が・・・これはチェギョンが一人になるための口実だったよう。
久しぶりに一人の時間を楽しむはずが、今となっては全くの別世界。
どこに行っても「皇太子妃」としての自分がいるのです。
チェギョン、もう完全に宮中の人なのね。

そんな頃、チェギョンがいなくなったことでみんな大騒ぎ!
シン君は当然ユル君を問いつめます。
なんだか開き直りさえ感じるユル君、チェギョンのことは全然譲る気ないようです。
シン君はというと、ここまで来てヒョリンかぁと思ったら、チェギョンのことを聞くためなのね。
でもさぁ、ヒョリンって言うのは人選ミスじゃないかい?
「妃殿下である前に、僕の妻だ!」
おっと、シン君、その言葉をチェギョンに言ってやってくださいな。

なんだか先にチェギョンを見つけた方が・・・・みたいな展開になって来て、てっきりシン君が見つけるのかと思ったら、先にチェギョンを見つけたのはユル君でした。
ここって、確かめに2人でいた場所だよね???
チェギョンの無事を確認して一安心のユル君、一方のシン君もモニタでチェギョンを発見し、急いで屋根裏部屋?に向かいます。
いきなりユルを殴るシン君!
ちょっとそれはやりすぎでは???
チェギョンもユル君をかばうけど、聞く耳持たず、嫌がる(様に見える)チェギョンを連れて行きます。
なんだか出会った頃のチェインとタヒョン(1%の奇跡)みたいだったわ。

これで完全にシン君とユル君の溝は深まったわね。
皇位を巡って、いえいえチェギョンを巡っての2人の戦いが本格化しますよ!!!

あぁ、そういえばぁ、なんだかユル君の髪の毛の色が黒くなっているような気がなきにしもあらず。
前回、追尊の時はかなり茶髪だったのですが、今回はずいぶん落ち着いた色ですよねぇ。
これはやはり宮中では茶髪禁止なのでしょうか?
裸足がダメなくらいですもの、やっぱ茶髪はまずい???



宮(MBC)

宮(BSジャパン)


【送料無料】人気俳優「チェ・ジフン」主演の韓国ドラマ「宮」に登場するテディベア「アルフレ...

スポンサーサイト
18:02  |  宮~ラブ・イン・パレス  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

コメントを投稿する

URL
コメント
パス  編集・削除するのに必要
非公開  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://fc2tama.blog25.fc2.com/tb.php/497-10bb8df1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。