2017年09月/ 08月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫10月

--年--月--日(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2009年11月18日(水)

葬られた過去 「イルジメ~一枝梅」 第5話

韓国ドラマ 時代劇王8韓国ドラマ 時代劇王8
(2009/06/30)
不明

商品詳細を見る



セドルとヨンのやりとり、胸にじーんときますね。
「なにもかもコマワヨ」
うんうん、このセドル、本当にすばらしい人です。
だって結局ヨンもシフも自分の子ではないわけで。
なのにこんなに愛情いっぱいに育てて、ヨンはそれがいたいほど分かって。
今まで以上にセドルを父親として思うんだろうなぁ。

そしてポンスン親子、この2人にも毎度笑わせてもらいます。
だけど、この親子だって、血はつながっていないのよね。
それを思うと、親子って、血縁って・・・・考えさせられますね。

ヨンはあの格闘賭博場の支配人???に人捜しを頼んでいるようだけど、一体だれ??
官婢ってことは、女の人だよね???




【More・・・】


ポンスン、またしてもヨンに近づき、あの200両をくすねちゃいます。
そのお金、ヨンが命をかけて稼いだお金なのに・・・ポンスンたちは、その思いをどれだけ理解しているのだろう。
ドラマの中とはいえ、騙されるヨンもヨンだけど、なんかいい気分はしませんね。
だってヨンが背負っているものが重すぎるから。

あの黒幕、やっぱりお偉いさんを殺したようです。
そこにピョンシクも絡んでいるのね。
なんかもう一人いるみたいだけど、その人も近いうちに処刑されるようで・・・。
ヨンの家をのぞいている猟師、あのヨン=ギョムと思っている奴ね。
デシクのとこにもいって情報収集、結構しつこいね!!!
この猟師がいったい何のために、誰のためにここまで必死にヨンのことを探っているのか謎ですね。

ポンスン、ヨンから預かったお金で役人のおじさんになにやら探るように頼んでいたけど、結局失敗。
なんかすごい機密文書らしいよ。
というわけで、ヨンは自ら乗り込むことに・・・といっても簡単に入れるわけではなく。
お偉いさんたち内部でも、黒幕を中心にごたごたしているようです。
処刑されるはずの人(クォン)、王様の前ですべてを告発すると言っているけど、でも・・・。

その告発前夜??なんと書庫が大火事に!!!
もちろん犯人はあの刺客(ムイ)です。
ヨンはどさくさに紛れて食に飛び込むけど、そこは火の海、でもって放火犯に間違えられるし。
なんとか逃げ込んだのは牢屋で、更にムイがクォンを殺している現場をみちゃって!!!
もう、ヨンってなんでこうもタイミングが悪いかね。

跡形もなく焼け落ちた書庫、そして舌をかんで自決した(ことにされた)クォン。。
どうやらおかしいと思う役人たちもいるようですが、ピョンシクは知らん顔。
そこにやってきたシフは、胸の傷などを発見し、ある可能性を言うのですが、ピョンシクは「出しゃばるな」と一括!
その上、シフのことを使用人ですと!!!
能力があるだけに、シフが不憫でなりません。

死体となったクォンを運ぶ役人たち、むしろの下にはヨンも一緒です。
ここでなぜ役人が分裂したのかはよく分からないんだけど、むしろをはぐってヨンに気がついた役人!
逃げる寸前、ヨンは死体から髪の毛に縛られた布を抜き取ります。
まぁ、半分以上は役人たちの奪われちゃっているんだけどね。
そこには・・・
「ギョムに伝えてくれ
死ぬ前に君に伝えねばならぬことがある
君の父上を殺したのはほかでもなく・・・」最後の部分はどっちの手に???

証拠もすべて始末したと楽観しているピョンシク、だけどサチョンは鋭いです。
クォンの衣服が替わっていたことにピント来たサチョン、早速チェック!
服の一部が破られていること、荷車ごと奪われたこと、早速ムイに探させますよ!!!

空元気のヨン、自分が記憶を取り戻したことを悟られないためね。
あいからわずの親子の風景を遠く山の上から見つめているシフ、その姿こそ、シフが本当に求めている姿なんだよね。
で、ヨンに会いに来た人って???




イルジメ~一枝梅~(BSジャパン)

イルジメ~一枝梅~(日本公式)

イルジメ(SBS)



イ・ジュンギの秘密―進化するアジアの美男子イ・ジュンギの秘密―進化するアジアの美男子
(2009/05)
木越 優

商品詳細を見る
スポンサーサイト

テーマ : 韓国ドラマ - ジャンル : テレビ・ラジオ

12:21  |  ドラマ*あ行  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

コメントを投稿する

URL
コメント
パス  編集・削除するのに必要
非公開  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://fc2tama.blog25.fc2.com/tb.php/1541-14afd498
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。