2017年07月/ 06月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫08月

--年--月--日(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2009年07月08日(水)

陽はまた昇る 「外科医ポン・ダルヒ」 最終話

外科医ポン・ダルヒ BOX-I [DVD]外科医ポン・ダルヒ BOX-I [DVD]
(2008/09/03)
イ・ヨウォンイ・ボムス

商品詳細を見る



さぁて、とうとう最終話です。
いつもながら最後はさらっと簡潔にですね。





【More・・・】

「夢をあきらめたくなかった」というダルヒに「おまえを失いたくなかった」と涙を浮かべながら謝るアン先生。
ダルヒ、もう一度夢をかなえるためにソウルに戻ります。
そう、ダルヒは一人じゃないんだよ。
支えてくれるオンマも仲間も、そしてなによる愛する人がいるんだから。

デモね、やっぱり現実はそう甘くはないようで、とうとう失敗してしまったダルヒ、ソ部長に大目玉を食らい、自信喪失。
そんなダルヒを励ましてくれるのは、もちろんアン先生~~~。
はじめの頃の眉間にしわ寄せての表情が信じられないくらい優しいですよぉ。

そして、先が読めなかったアラとチェボムもいつの間にか丸くおさまりましたね。
この2人、家族には泣かされっぱなしだけ度、お互いに足りない部分を補い合って、結構いい感じではないですか。
アラの気の強さとチェボムの押しの弱さが絶妙ですものね。

ギクシャクしていたイ部長とアン先生、最後はわだかまりも解け、再び心を通わせることができたようです。
うん、いいねぇ、こういうシーン大好きだわ。


3年後、レジデント4年生たちになったダルヒたち、今では先輩として後輩たちをビシバシ教える立場に。

”人の胸には休みなく働く心臓があり
 体の隅々には暖かな血が流れている
 心臓が止まり血が冷たくなれば人は死ぬ
 人の血が36.5度なのは
 それだけの温かさが必要だからだ”

外科医を夢見るポン・ダルヒは、今日も無事にレジデントの4年目を生きています。



最後の方は本当にかなりとばしての感想だけど、医療ドラマの中では今までにない展開でしたね。
いろいろな要素が盛りだくさんだったものね。
へんに恋愛恋愛していないのがよかったのかも。
「ホスピタル」はそれがメインみたいな感じになって、途中かなりいやな感じでしたからね。
「白い巨塔」がおもしろかったのは、医者としての・・・というのがメインだったからかも。
でも、あれも医療場面より裁判シーンの方が多かったような。
それに比べると、これは本当に医療シーンが多く、医者としての苦悩とかもすごく伝わってきましたものね。

次はチソンくんの「ニューハート」見ようかな。
あれも中途半端で止まってますし。



外科医ポン・ダルヒ(SBS)

外科医ポン・ダルヒ(BS11)


外科医ポン・ダルヒ BOX-II [DVD]外科医ポン・ダルヒ BOX-II [DVD]
(2008/09/17)
イ・ヨウォンイ・ボムス

商品詳細を見る
スポンサーサイト

テーマ : 韓国ドラマ - ジャンル : テレビ・ラジオ

13:55  |  外科医ポン・ダルヒ  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

コメントを投稿する

URL
コメント
パス  編集・削除するのに必要
非公開  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://fc2tama.blog25.fc2.com/tb.php/1442-a630baef
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。