2017年07月/ 06月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫08月

--年--月--日(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2009年05月18日(月)

賭博天国 「いかさま師~タチャ」 第1話

韓国ドラマスターLIVE 23 (23) (Bamboo Mook)韓国ドラマスターLIVE 23 (23) (Bamboo Mook)
(2009/01/22)
不明

商品詳細を見る




韓国って賭博天国なんですかね???
日本では、こういうドラマってあんまりないですよね。
競馬も競輪も競艇も、あんまり良いイメージがないからかなぁ。
そもそもカジノって言うものが日本に存在するの???
っていうレベルの知識しかないtamaですが、なんかテンポよく進んでくれそうなので楽しみにしたいと思います。

初めに海に飛び込むシーン(追われて)があるんですが、韓ドラってこう言うのがよくありますよね。
そして今回もお決まりのように幼少期に戻って回想シーン???が始まります。

チャン・ヒョクsiiのドラマは(たぶん)初めてなのですが、個性的な方ですね。
イケメン・・・となっているのはどうなんでしょう。
ま、好みの問題でしょうか。
キム・ミンジュンsiiは大好きです。

【More・・・】

コニがいかさま師になったのは、子どもの時の辛い経験があったからのようです。
コニのお父さん、博打が好きだったのね。
まんまと罠にはめられて命を落とすことに。
父親の敵を討つためにいかさま師になったっていう感じですね。
コニが探しているヤクザって、あのアグィに違いない!
でさぁ、コニのお父さん、デホをおびき出すために利用されただけって言うのがまたなんとも哀しい。
このデホおじさんはコニ一家と家族のようなつきあいをしているおじさんで、かなりいい人そうなのに、昔はいかさま師として名をはせていた?
そんなデホに負けて刑務所送りになった腹いせに・・・ってなんとも低俗な争い。

二度と賭博は・・・と思っていたデホおじさんも、友人の仇を討つために勝負を受けます。
いかさま師同士の戦いって、ようは騙しあい、インチキ合戦ってことだよね。
どうみてもデホおじさんに勝ち目はなさそうなんだけど、ここぞという時はやるのよ。
喧嘩も強いって言うのがまた意外だし。
何で手首なのか謎だったけど、花札でイカサマがばれたら手首を切るって言いうルールガあるらしく。
だいたいそんなルールも信じられないし。

デホおじさんが一世一代の大勝負をしている時、コニもビー玉を掛けた大勝負に望んでいます。
ただのかけっこじゃ敵うわけないと目隠しをしての競争なんて、随分度胸があるよね。
この度胸と、父親譲りの負けん気、そしてデホおじさんの才能が、今のコニを作り出したんだろうな。
結局デホおじさんもコニも勝負に勝ってめでたしめでたし。
と言っても、マジで手首を切り落とすとは!!!

コニが引っ越す日、胸には大切なビー玉を入れた缶を握りしめています。
そして初恋の人、ナンスクに、大切な大切な親玉をプレゼントします。
甘酸っぱい初恋の思い出、現実はそんな初恋の人との再会なんて夢のまた夢なんだけど、そこはドラマですからね。



時は流れてとあるビリヤード場。
ミンジュンsiiの高校生役ってやっぱ無理があるようなないような。
チャン・ヒョクはまだまだいけそうだけどね。
チンピラと勝負するコニに、ついつい口を出すヨンミン。
いけ好かないやつと思いながら一緒に逃げることに!
2人が敵になるのか見方になるのか、そしてナンスクとの再会は???


いかさま師~タチャ(BS11)

タチャ(SBS)



韓国ドラマ いかさま師(タッチャ) DVD (8Disc)
スポンサーサイト

テーマ : 韓国ドラマ - ジャンル : テレビ・ラジオ

13:33  |  いかさま師~タチャ  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

コメントを投稿する

URL
コメント
パス  編集・削除するのに必要
非公開  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://fc2tama.blog25.fc2.com/tb.php/1436-6527300d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。