2017年08月/ 07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

--年--月--日(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2009年03月26日(木)

忘れられない人 「外科医ポン・ダルヒ」 第22話

韓国ドラマスターLIVE 21 (Bamboo Mook)韓国ドラマスターLIVE 21 (Bamboo Mook)
(2008/08/08)
不明

商品詳細を見る



イ先生からの励ましに、患者と向き合う勇気を取り戻したチェボム、必死で看病します。
このおばあちゃんは、絶対に助かって欲しいよ。
図書館で偶然ばったりのダルヒとイ先生、やっぱ2人でイルとなんかほっとするんだよね。
イ先生の表情がめちゃ穏やかだし。
「パンドラの箱を開けてしまった」と素直に自分の胸の内を話すイ先生、ダルヒも「身体が」ってえらく素直なんだよね。
そんな2人を見ちゃったアン先生、イ先生にもの申します。
「ポン先生が好きなのか?」という問いかけにも否定しないアン先生、単に嫉妬してほえているだけって言うのがかわいいです。
アン先生の気持ちに気が付いたイ先生「つき合ってない」ってさらっと言いましたね。
アン先生、チャンス到来だぁ~~~。

【More・・・】


ダルヒが担当することになた服役中の患者さん(よりにもよって何でダルヒなのって感じよ)、手術前にダルヒに「手を握ってくれ」って言います。
手術を前に、不安になっているようで、だけどダルヒは何もできません。
もちろん、この患者さんが嫌いとか、服役しているからとか、そういう問題じゃないのだけど、前回のことがあるだけに、トラウマになっているんだよね。
これはね、仕方ないと思うのよ。
そして手術後、脳死状態になってしまい、彼があと1年で出所だったお琴、ドナー希望していることをしります。
わぁ、これは複雑だぁ。
「不安なんだ」これって、本当に虫の知らせというか、本心だったのね。
臓器摘出後、処置をして、そっと手を握りしめるダルヒ、これも経験だ。

ダルヒの病気のことを知っているアラ、やっぱ心配だよね。
体力だけじゃなく、精神的苦労も多いし。
そんなアラに、自分お思いを話すダルヒ、同じ目的を持つもの同士、ダルヒの気持ちを最優先に尊重してくれるアラ、いい人だぁ。
アラって、きつめのキャラだけど、これぐらいの気持ちじゃないと、やっていけないのかもしれないよね。
チョ先生も、きつそうでしょ(笑)
そんなチョ先生がいいって言う男がいたぁ!!!
あのジョンミン、再びプロポーズしてますよ。
結婚にショックを受けたって言うことはぁ、う~~~、何で別れたんだ???
ジョンミンが振られたのか?
まんざらでもない様子のチョ先生、病院に帰ってきた所でイ先生にばったり、間が悪よね。
そしてやけ酒を飲んで泥酔状態、携帯の1番はチョ先生のままなのね。
酔った勢いか、本心を(今までになく素直に)チョ先生にぶつけるイ先生、なんかもしかしていい感じになるのでは?
チョ先生の涙の真意やいかに。

意識が戻らないあのおばあちゃん、チェボムの必死の祈りが通じたのか、なんとか峠を越えたようです。
あぁ、本当によかった。
チャボムの心からの笑顔、最高です!
アラとの映画(デート)もGetできたしね。
映画と言えば、ダルヒも誘われましたよ、アン先生に。
しかし「スタッフが見たがれば」って、どういう誘い方かしらね。
一大決心して誘ったデートなのに、「仕事に専念したい」とあっさり振られちゃったアン先生。
あちゃぁ、もしかしてダルヒはまだイ先生のことが好きなのかしら?
まぁ、嫌いになって別れたわけではないんだものね。
傷心のアン先生、大丈夫かなぁ。

で、チョ先生、ようやくイ先生から離れることを決めたようです。
チェジュに行くみたいですよ。
でも、遅すぎでしょ、イ先生がようやくチョ先生への気持ちに素直になりかけているのにさ。
ダルヒとアン先生、イ先生とチョ先生、なかなかうまくいかないものだね。



外科医ポン・ダルヒ(SBS)

外科医ポン・ダルヒ(BS11)


外科医ポン・ダルヒ BOX-I [DVD]外科医ポン・ダルヒ BOX-I [DVD]
(2008/09/03)
イ・ヨウォンイ・ボムス

商品詳細を見る
スポンサーサイト

テーマ : 韓国ドラマ - ジャンル : テレビ・ラジオ

16:53  |  外科医ポン・ダルヒ  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

コメントを投稿する

URL
コメント
パス  編集・削除するのに必要
非公開  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://fc2tama.blog25.fc2.com/tb.php/1423-011fdca0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。