2017年06月/ 05月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫07月

--年--月--日(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2009年02月09日(月)

明日を夢見て 「外科医ポン・ダルヒ」 第16話

外科医ポン・ダルヒ BOX-II [DVD]外科医ポン・ダルヒ BOX-II [DVD]
(2008/09/17)
イ・ヨウォンイ・ボムス

商品詳細を見る



イ先生ってさぁ、どこまでも行動的だよね。
チョ先生との恋愛も、かなりイ先生が渡島繰りだったみたいだし。
ダルヒとのことだって、結構自分で動いちゃってるよね。
で、無断欠勤が続いたら、やっぱ来るでしょ実家にさ。
だけど、ダルヒは居留守を使います。
ただごとでないダルヒの様子に、黙っていられなくなったオンマ、問いつめます。
自分のせいで患者が死んだ。
あの心停止の患者さんも死んじゃったのね。
医者を続けちゃいけない、やめる決心のダルヒ。
そしてオンマはダルヒを優しく抱きしめます。
医師としての情熱を失ったダルヒ、確かに今のままじゃやめた方がいいだろうね。
でも、本当にやめられるのかぁ。


【More・・・】


そしてなんとアン先生も動いたよ。
今度は素直に会ったのねぇ。
で、またしても厳し~~~い一言が。
「お前が死なせた患者だから検討会には出ろ!」って。
これもアン先生なりの愛情表現なんだろうけど、分かりにくいよね。
検討会で発表するダルヒ、そしてアン先生の言及に答えられず。
と、あの患者、ダルヒの判断ミスで死亡したわけではないらしく。
アン先生も「医学的判断は正しかった」って、なのに卑怯なマネを?って、フォローになってないし。
ダルヒの「過ち」って何???

今日も休めばダルヒは首???
ダルヒは島に戻る決心をしているよう、でも、でもですよぉ。普通ではあり得ないけど、交通事故に遭遇しちゃうダルヒ。
患者の様子から気胸と判断、(これってニューハートでもあったよね)適切な処置をするダルヒ。
あとは病院へ、でも、さらに患者の様子が・・・そのまま病院に同行することになったダルヒ。
その病院って言うのがダルヒがはたらいている病院って言うのも韓ドラらしいよね。
患者を受け渡して去ろうとするダルヒに、またしてもアン先生の厳しい(愛情)一言が。
やっぱダルヒは医者なんだよ。
手術を終えたダルヒの元に、着替えをもったオンマが来てくれました。
で、「人を死なせた分、その2倍の人を助けなさい」って、やっぱオンマは偉大だわ。
ダルヒを温かく迎えてくれるアラ達、そして大好きなイ先生からは復帰祝いのお誘いが。
そんな2人を苦々しい思いで見つめるアン先生、自分が嫉妬しているとはまだ気が付いてない模様(笑)

アン先生とチョ先生、本当にいい友人だよね。
アン先生が恋しているって感づいたチョ先生、
「愛する人に与えた傷は返ってくる やさしくして」ってアドバイス。
チョ先生、まだイ先生のことを愛しているんだって。
でも、イ先生に与えた傷のことを考えたら・・・そりゃぁ、そうだよね。
そんなチョ先生に「ゴヌクのことを捕まえておけ」って、それはもしかして自分自身のため??
島の2人はささやかな復帰祝い&デート、なんかここだけほんわかしております。
病院から呼び出されたダルヒをぎゅっと抱きしめるイ先生。
ダルヒ~~~、そこでダルヒも抱きしめ返さなきゃぁ、なんでだぁ~~~~。

「やさしくして」チョ先生のアドバイスを即実践するアン先生。
なんかかわいすぎでしょ。
ダルヒが患者の処置をするのを見かけたアン先生、今までだったら素通りしていただろうに、アドバイスしてくれますよ。
ダルヒもめちゃくちゃ嬉しそう、そんなダルヒの笑顔を見られて、アン先生もきっと心の中でニンマリしているはず。
ウン?もしかして、これはかなりアン先生も脈ありなのか???




外科医ポン・ダルヒ(SBS)

外科医ポン・ダルヒ(BS11)


外科医ポン・ダルヒ BOX-I [DVD]外科医ポン・ダルヒ BOX-I [DVD]
(2008/09/03)
イ・ヨウォンイ・ボムス

商品詳細を見る
スポンサーサイト

テーマ : 韓国ドラマ - ジャンル : テレビ・ラジオ

10:01  |  外科医ポン・ダルヒ  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

コメントを投稿する

URL
コメント
パス  編集・削除するのに必要
非公開  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://fc2tama.blog25.fc2.com/tb.php/1414-23d0001c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。