2017年10月/ 09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

--年--月--日(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2009年02月08日(日)

襲い掛かる恐怖 「外科医ポン・ダルヒ」 第15話

外科医ポン・ダルヒ BOX-I [DVD]外科医ポン・ダルヒ BOX-I [DVD]
(2008/09/03)
イ・ヨウォンイ・ボムス

商品詳細を見る




ソン博士が亡くなり凹んでいるイ先生。
そこにチョ先生がやってきます。
「友達が必要でしょ」ってなぁ、ほんと、分かってないよね。
確かにイ先生も引きずりすぎだとは思うけど、だけど、他人の子供をもってやっぱ理解不能。
チョ先生自体、気が付かなかったと言っているけど、そんなことってあり得ないでしょ?
スンミンに罪は全くないけど、チョ先生の言動は納得いかないことばかりです。
夜間緊急で運ばれてきたのは~~~、なんと、ドンゴンです。
回復して退院していたはずなのに!!!
ガン細胞が腹膜にまで転移していて、もって1ヶ月だって。
母親にも攻められ、必死で文献を当たるダルヒだけど、う~~~、光は見えてこない感じです。






【More・・・】

痛みに苦しむドンゴンを見て、まるで自分のことのように苦しむダルヒ。
だけど、すでに打つ手なし、仕事中も心ここにあらずって感じです。
そんなダルヒを見たアン先生、ボ~~~ットしているのはイ先生との恋愛で???
なんて全くの見当違いをしております。
ぐさっと嫌みを言うのに、逆に反撃されて目が点、なんか笑ったぁ。
医局でチェボム達の会話を聞き(ドンゴンの容態)、ダルヒのよう素描になるアン先生、やっぱダルヒのこと心配しているよね。
もしかして三角関係に発展か???
と、アラをめぐる三角関係も表面化しつつあり、今後も目が離せません。
と~~~ぜん部長達の対立もね。
それにしても、ソ部長が言う「昔家にいたひとりの少年」って、アン先生のことよね?
それがどんな意味を持つのかはいまだもって謎、う~~~、分からないことが多いわぁ。

自分の余命を分かっているドンゴン、みんなに自分の気持ちを話し始めます。
なんかもうここからは涙涙でした。
「後悔していない」これはドンゴンの本心だったと思う。
何もせず「死」をまつのではなく、「生きること」を選んだドンゴン、本当にえらかったと思うし、頑張ったよ。
「お姉ちゃん、いい医者になって きっとなれるよ」
今までおばさんだったのに、最後の最後におねえちゃんって。
そして息を引き取ったドンゴン君。

ドンゴンの死はダルヒにとってかなりの衝撃となります。
心停止状態の患者がドンゴンと重なり、アン先生を待つことができず、勝手に処置してしまうダルヒ。
そしてその処置により患者はより危険な状態に。
アン先生の質問にも呆然と立ちすくむだけのダルヒ、大丈夫かぁ。
で、翌日からは無断欠勤・・・実家に帰っちゃってます。
チーフは「脱落」とか言っているけど、アン先生は「まっていろ」って、ダルヒを信じているようです。
イ先生も連絡を取ろうとはするけど、留守番センターのメッセージがむなしく響くだけ。

ドンゴンの症例会議、チョ先生は、ドンゴンの死は自分の判断ミスだと言います。
レジデントの情熱に嫉妬し、医学的判断をしなかったのが原因だって。
情熱だけじゃダメ、奇跡を夢見てはいけない。
なぜならば、命がかかっているから。
なんか以前にアン先生が言っていたのと似ていますね。
人間的判断と医学的判断、やっぱむずかしいわ。
ダルヒ!ここで負けちゃダメだよ!





外科医ポン・ダルヒ(SBS)

外科医ポン・ダルヒ(BS11)


韓国ドラマスターLIVE 21 (Bamboo Mook)韓国ドラマスターLIVE 21 (Bamboo Mook)
(2008/08/08)
不明

商品詳細を見る
スポンサーサイト

テーマ : 韓国ドラマ - ジャンル : テレビ・ラジオ

10:01  |  外科医ポン・ダルヒ  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

コメントを投稿する

URL
コメント
パス  編集・削除するのに必要
非公開  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://fc2tama.blog25.fc2.com/tb.php/1413-91272e8c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。