2017年06月/ 05月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫07月

--年--月--日(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2009年01月17日(土)

情熱ふたたび 「外科医ポン・ダルヒ」 第13話

外科医ポン・ダルヒ BOX-I [DVD]外科医ポン・ダルヒ BOX-I [DVD]
(2008/09/03)
イ・ヨウォンイ・ボムス

商品詳細を見る




チェボクに自分の過去を話すアラ、それはあまりにも辛い記憶なんだけど。
やっぱりアラは幼い頃父親に虐待というか、暴力を受けていたんですね。
母親はなすすべなく、逃げるでもなく。
さらに自分のせいで父親が死んだ(と思っている)というのもトラウマにあるんだね。
よくニュースで、やらなければ自分が・・・見たいな、そんな辛い体験なんだよ。
自分の攻め続けるアラをそっと抱きしめるチェボク、あんたがいてよかったよ。
さてさてこちらも心に傷をもつイ先生、スンミンの父親でありたいとは思うものの、すんなり受け入れられるかというとまた話は別で。
いや、誰の子かも分からない状態で、受け入れろと言うのもどうかと思うけど。
なぜにチョ先生が頑なに父親を証さないのかも謎で、
話した方がショックが大きいのかもしれないけど、だけど、ここまで来たらねぇ。
退院するスンミンを、そっと遠くから見送るイ先生。
まだまだもめそうです。



【More・・・】



陽性反応のでたアン先生、いよいよ再検査の日です。
自分のことのように落ち着かないダルヒ、気持ちは分かるわぁ。
で、結果は陰性!!!
よかった、本当によかったよ。
お祝いとばかりに缶ビール持参で現れたダルヒ。
今までのアン先生なら、きっと追い返しただろうけど、今回は違うよ。
素直にお祝いされちゃうし、ダルヒの話も聞いてくれてます。
少しずつだけど、アン先生のダルヒへのポイントも上がっているよね。
それは医師としてか、女性としてかはまだまだ分からないけどさ。

2人の距離がちょっと近づいたかなぁと思った所に、イ先生登場。
あれ、ダルヒのことふったんじゃないのぉ。
なんてことはさておいて、好きでもない人にキスしたり、抱きしめたりはしないだろうと妙に納得。
自分が思っている以上に、ダルヒのことが気になるイ先生。
こうと思ったら即行動、ダルヒの病院に来ちゃいます。
ダルヒはダルヒで、やっぱイ先生に会えるのはうれしいんだよね。
でもって、またしてもそんな2人の様子を見てしまうアン先生。
そろそろアン先生も気にし始めた???
突然のイ先生の告白に、うれしさ反面、チョ先生とのことを聞かされ複雑なダルヒ。
ここで即答できない、しないって言うのは赤い糸で結ばれていないからか。
2人を応援しているtamaだけど、ちょっと今のイ先生のままでは賛成できないかもね。

プライドを傷つけられ、アン先生を左遷したソ部長だけど、彼の腕は頼りにしているようで(かなり自分勝手)、理事長の息子の手術のために呼び戻します。
ダルヒも当然付いて行く気満々なのに、なんかまたアン先生の態度が素っ気ない。
これって、イ先生とのツーショットに嫉妬したからか?
せっかくいい感じになっていたのに、また元の木阿弥。
沈着冷静なはずのアン先生だけど、ダルヒが絡むと過剰に反応してるよね。
嫌い嫌いも・・・の典型的なパターンだな。

さてさてずっと治療を続けているドンゴン君、以前に比べると信じられないくらいやせちゃってます。
もう、どんな薬も治療もって言う状態のようです。
ダルヒの励ましによって、「生きる」希望を見いだしていたドンゴン君。
だけど、現実はそうは甘くないんだよね。
母親の姿から、自分の病状を的確に察知したドンゴン君、その思いの矛先はダルヒに。
ダルヒが悪いわけじゃない、それは十分に分かっているけど、でも、この思いを~~~て言う状態だよね。
なんとかドンゴン君を助けたい!
いろいろ調べて、何とかいい結果を見つけ出したダルヒ。
だけどチョ先生とは真っ向対決!
そこに私情が挟まれているのはバレバレですよ。
アン先生から、イ先生が江陵の病院に来たことを聞いたチョ先生。
もう自分のはいる込む場所はない?
こともないとは思うのよ。
ただ、アン先生もチョ先生も素直にならないと、幸せは逃げて行っちゃうよぉ。



外科医ポン・ダルヒ(SBS)

外科医ポン・ダルヒ(BS11)


外科医ポン・ダルヒ オリジナル・サウンドトラック(DVD付)外科医ポン・ダルヒ オリジナル・サウンドトラック(DVD付)
(2008/05/21)
TVサントラホン・ジミン

商品詳細を見る
スポンサーサイト

テーマ : 韓国ドラマ - ジャンル : テレビ・ラジオ

14:36  |  外科医ポン・ダルヒ  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

コメントを投稿する

URL
コメント
パス  編集・削除するのに必要
非公開  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://fc2tama.blog25.fc2.com/tb.php/1411-7c6d7769
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。