2017年09月/ 08月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫10月

--年--月--日(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2008年10月13日(月)

三千拝の願い 「ファン・ジニ」 第1話

ファン・ジニ オリジナル・サウンドトラックファン・ジニ オリジナル・サウンドトラック
(2008/02/20)
TVサントラキム・ジョンウン

商品詳細を見る



これねぇ、見たかったんですよ。
でも、BS2でやっている時には、他のドラマが沢山あって、録画だけしてそのまま・・・
HDがしんどくなって、消しちゃっていたので、こんなに早く放送してもらえて嬉しいです。
ハ・ジウォンちゃん、好きなんですよね。
どんな役をやってもぴったり来る、これってすごいと思うんですよ。
彼女が出たドラマは「秘密」も「バリ」も「茶母」も・・・・みんなかなりのインパクトがあります。
この「ファン・ジニ」は16世紀の朝鮮時代、実在したキーセンを描いた作品です。
キーセンって、この時代の韓国ドラマにはよく出てきますが、簡単に言うと日本の芸妓さんと同じような存在だと思います。
身分的には低く位置づけられていますが、実際には舞踊とかかなり高い教養を身に付けている人が多かったようです。
最近まで見ていた「京城スキャンダル」のソンジュもいわゆる芸妓さんですね。
(時代は新しいけど)




【More・・・】



初っ端、いきなりキーセン達勢揃いで目を惹きました。
やっぱ、調度品とか衣装とか、当時のものは色鮮やかで綺麗です。
ドラマの内容だけでなく、こういうものも楽しめますね。
でも、この時代、沢山人物が出てくるし、役名とかややこしいし、そういうのになれるまでに時間がかかります。
あぁ、だから史劇ものって長編が多いのかなぁ(笑)
そしていきなり妓生たちの辛い現実を垣間見ます。
ヒョングムって目の見えない妓生さん、どうやら教坊を出たいとお役人に直訴したらしいんだけど、妓生のヘンス(長みたいなもの?)に「屍になったら出してやる」と言われます。
このヒョングム、密かに思いを寄せる男性がいるようで・・・
ヘンスであるペンム、もう少し温かい人ならいいんだけどなぁ。


一方、あるお寺で「三千拝」をするのが、このドラマの主人公、チニ。
おぉ、スニジ発見!相変わらず可愛いです。
どうやら、チニは母親を捜すために町に連れて行ってもらおうとこの三千拝をしているようです。
若い僧侶はまさかできるとは思っていないようだけど、住職は「一万拝でもするだろう」と。
そうだよね、それくらいの気持ちがなめれば、どんな世界でも頂点を極めることはできないわけで。
応援していた周りの子ども達も疲れて寝ているのに、チニは汗だくになりながら黙々と三千拝を続けます。
意識ももうろうとした中、チニの脳裏に浮かんでいるのは、お顔も覚えていない母親の姿。
どうやら(衣装からすると)チニの母親はキーセンのようです。
なにかしら事情があってこのお寺に預けられているんだろうね。
そして、ついにやったよ!三千拝!

ペンム、冷たいだけの人ではないようで、いろいろ苦労もしてきたようです。
若い頃は都でキーセンをしていた?
それなりに実力はあったようですが、今は田舎で教坊のヘンスをしている。
ペンムが厳しいのは、きちんと芸を身に付けさせるための陰の優しさなのかもしれません。

三千拝の願いが叶い、町にやってきたチニだけど、町には赤いチマを来た女性なんて沢山いて、そしてお化粧の匂いだけでゃとうてい見つかるはずもなく。
そして目にしたペンム達一行。
それはそれはきらびやかな集団です。
更に寺に帰る途中で見たペンム達の舞、確かにねぇ、あれを見たら心奪われるでしょう。
チニ達の着ているねずみ色の衣装と比べたら、今まで知らなかった世界を目の当たりにしたら。
でもね、なんかチニ達はこういうの見るだけでもダメらしいよ。
教育上よくないからかな???贅沢とか思われている???

素晴らしい演奏と舞いを披露し、長官達も大満足。
お褒めの言葉にお礼を言っている途中、何やら別のキーセン集団登場ですよ。
やってきたのは宮中のキーセン達のヘンスであるメヒャン達。
彼女がペンムのライバルなんですねぇ。
長官も、メヒャンの行動を苦々しく思っているも、文句は言えないようで・・・。
でもね、このメヒャン、口だけではなく、その実力も相当なもののようですよ。
彼女の秘蔵っ子?プヨン、まだ小さいのに、かなりの腕前で、もうすごいのなんのって。
たぶんこのプヨンがチニのライバルになるんだろうなぁ。
でもね、このプヨン、笑顔の裏には辛い練習があるんだよ。
どうやらプヨンの父親を助けた恩の代わりに名妓となるという約束があるようで。
自分では逃れられない運命があるんだよね。

お寺では、チニを始め、みんながキーセンの舞を見た罰を受けています。
みんなは泣いているのに、チニはキーセン達の舞を思い出してニヤニヤ。
そして夜中にひとり舞をまねるチニ、踊りながら、自然と笑顔になっています。
もう一人笑顔で舞う少女(プヨン)、でもね、その笑顔は作り物なんだよね。
プヨンの舞を見ながらペンムは自分の元に才能のある子がいないことを歯がゆく思っているペンム。
メヒャンへの巻き返しを狙っているんでしょうねぇ。
早速キーセン募集の貼り紙を貼るけど、なかなかめぼしいこは集まらないようで・・・と、寺を抜け出して市場にやってきたチニ、なんとか教坊に入りたいと門をたたくけど、全く相手にされません。
が、才能はどうやったって隠せないもので、才能のある者はその隠れた才能をすぐに見分けられるもので。
練習の舞をマネしていたチニを見たペンム、すぐにこれは!!!と感じたようです。
これぞ運命の出会い、なのですが、すぐに住職達に見つかり、そのまま閉じこめられちゃいます。
住職、何があってもチニをキーセンにしたくないようで。
でも、それにはそれなりの理由があったんだよね。

なんとチニの母親、あの目の見えないキーセン・ヒョングムだったんですよ。
これにはびっくり!
こんなに早口にの出生の秘密が分かるのにもびっくりだけど、それがペンム達にもばれて、ヒョングムはは重罪ってことに。
何でも、キーセンの子はキーセンになるのが定め(というか法律)なんだってよ。
職業の自由なんてこの時代にはなかったのね。
教坊内で厳しい拷問を受け留、ヒョングム、ペンム曰く、他のキーセン達への見せしめだってよ。
それでも口を割らないヒョングム、そこにチニが現れます。
母親の願いもむなしく、チニはペンムの手を取り、そして華やかだけど、哀しい人生がスタートするのだぁ~~~~。


次はもうジウォンちゃん登場なの?
それはそれで嬉しいけど、もうちょっと小さいチニも見たいぞぉ。
だけど24話しかないから、仕方ないのか?
ウン、やっぱりおもしろい!来週が楽しみだぁ。


ファン・ジニ(NHK@総合)

ファン・ジニ(KBS)


ファン・ジニ 完全版 DVD-BOX Iファン・ジニ 完全版 DVD-BOX I
(2008/09/26)
ハ・ジウォンキム・ヨンエ

商品詳細を見る

スポンサーサイト

テーマ : 韓国ドラマ - ジャンル : テレビ・ラジオ

08:10  |  ドラマ*は行  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

コメントを投稿する

URL
コメント
パス  編集・削除するのに必要
非公開  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://fc2tama.blog25.fc2.com/tb.php/1367-1248c10e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。