2017年06月/ 05月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫07月

--年--月--日(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2008年09月21日(日)

11番目の絵 「オークションハウス」 第10話

レオナルド・ダ・ヴィンチ復活『最後の晩餐』 (ショトル・ミュージアム)レオナルド・ダ・ヴィンチ復活『最後の晩餐』 (ショトル・ミュージアム)
(1999/11)
片桐 頼継

商品詳細を見る



さてさて今回は盲目の画家、そのうえ記憶喪失。
ジウンは「雪の女王」のゴヌsiiですよね???
そして彼の先輩ミングンは「白い巨塔」のミンスンではないですかぁ。
こうやって少しでも知っている役者さんが出てくるのは嬉しいですね。

オークションで出品されることになったミングンの絵、10枚のはずが11枚ってどういうこと?
その11枚目の絵はミングンの初期の作品「復活」、なんだかミングンの様子が変です。
「復活」の出品者ジウンは、NYでの交通事故で視力を失い、記憶喪失に。
手元に残ったのがこの「復活」だったそうで・・・。
なにか引っかかるユンジェ、単独で調べはじめます。
「復活はジウンの作品では?」いつも直球勝負のユンジェです。

次第に追いつめられるミングン、どう考えてもあの絵はジウンのものですね。
それでは何故ミングンが???
あの事故の後、ミングンはジウンの絵を写真に撮り、もしして自分の作品としていたんですね。
もちろんジウンの絵は全て燃やしちゃって。
ミングンの苦悩が分かっているような(そぶりの)ジウン、ならどうしてあの絵を出品したのか?
ミングンの嘘を暴くため?
単にそれだけではないような気がするんだけどなぁ。

結局ミングンの絵は出品取り消しに、裏で手を引いていたのはあの館長さんだったんだよ。
うん?ミングン替えを模写したのは最近のこと?
事故は3年前だしなぁ。
ちょっとここらへんはよく分からないんだけど、自分はアメリカに帰るとか言い出します。
そして絵は先輩が売ってくれって、ますます意味不明。
だからぁ、何でジウンはソウルに帰ってきたの?
意識が戻って(実は記憶はあって)、先輩に会うために帰ってきたのに、先輩が自分の絵を・・・だから「復活」を描いて嘘を暴露?

ジウンは純粋に先輩の絵が好きだった。
ミングンはジウンの才能がうらやましかった。
仲のよかった2人の間の溝は、埋まったはずよね?
大丈夫だよね???


オークションハウス(MBC)


西洋絵画の楽しみ方完全ガイド―絵画を楽しむための20のポイントと西洋の巨匠65人の名作西洋絵画の楽しみ方完全ガイド―絵画を楽しむための20のポイントと西洋の巨匠65人の名作
(2007/04)
不明

商品詳細を見る
スポンサーサイト

テーマ : 韓国ドラマ - ジャンル : テレビ・ラジオ

17:12  |  オークションハウス  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

コメントを投稿する

URL
コメント
パス  編集・削除するのに必要
非公開  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://fc2tama.blog25.fc2.com/tb.php/1335-df22ad2a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。