2017年10月/ 09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

--年--月--日(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2008年07月27日(日)

笑顔の別れ 「ザ・ホスピタル」 第38話

ザ・ホスピタル DVD-BOX IIIザ・ホスピタル DVD-BOX III
(2008/09/26)
ジェリー・イェンレオン・ダイ

商品詳細を見る




ど~~~やら今日はチュウ先生の誕生日らしい、愛娘のミンからプレゼントをもらえると言うことで、今日は早く帰らなくちゃね。
一人で自転車に乗って出かけるミンちゃん、大丈夫なのか?
行き先はペットショップ???
チュウ先生へのプレゼントは熱帯魚みたい。
「夜でも眠らないお魚」が欲しいというミンちゃん。
チュウ先生は帰るのが遅いから、帰ってきた時も待っていてくれるのがいいんだって。
そして始めは1匹とか言っていたのに、パパとママとミンの分、家族が離ればなれは・・・ということで3匹お買いあげ。
嬉しそうに帰っている途中、何回やな予感したんだよ!
ミンちゃん、まさか、まさか死んじゃわないよねぇ。

【More・・・】

ミンちゃんが運ばれたのはチュウ先生の病院、なんかかなり危ない状態みたい。
頭部損傷、自発呼吸なし。
チュウ先生、ミンちゃんの様子を見るけど、なんかいつもの冷静さがないよ。
そしてそのまま手術室へ~~~~。
で、ミンちゃんの手術はイーホアと脳神経外科の先生がするんだけど、手の施しようがない状態。
いわゆる脳死判定、これにはさすがのチュウ先生も錯乱状態に。
ICUに移されるミンちゃん、まるで眠っているようです。
はぁ、つらいなぁ。

院長に呼び出されたイーホア、「目標について自覚して欲しい」と言われます。
自分が院長を退任する5年後、イーホアにその席を譲りたいって。
え~~~、いくら何でも早すぎるだろう、その若さで院長って言うのはねぇ。
イーホア自身、自分がどうしたいのかよく分かっていない感じだものね。
ま、その原因はグァン・シンの登場なんだけどさ。
精神的にも身体的にも疲れ切っているイーホア、確かに休暇が必要だぁ。
そして「何日か留守にする、心配ない」という置き手紙を残しでいなくなったぁ。
ツイフォン、イーホアを信じて待つしかないのかな。
イーホアも以下現目を覚まして頂戴!
ずっと好きだったグァン・シンのこと、忘れられないのは仕方ないのかもしれないけど、でも、ツイフォンを選んだものもあなた自身なんだからね。

イーホアは、家は出たけど、ちゃんと病院にはいっているよう。
ベンチでボ~~~っとしているイーホアの前に現れたのはグァン・シンの彼氏。
研修が終わって今日山に帰るんだって。
で、住所と電話を書いた紙を渡すんだけど、そこにはグァン・シンの携帯番号が書いているんだよ。
これって・・・ちゃんとけじめを付けよう!っていう彼氏の最後のメッセージかな。
好意は無駄にしないようにね、最後の最後に会うことになったイーホアとグァン・シン。
「行ってしまう理由を教えてくれないの?」
相変わらず未練たらたらのイーホアです。
「私たちに必要なのは、理由より祝福じゃないかしら。」
まぁ、それはそうなんだけどさ、でも、なんかやっぱグァン・シン好きになれないよなぁ。
「勇気がなくてごめんね、だからすれ違ったのね」
確かになぁ、グァン・シンがイーホアのそばを離れたのは、イーホアの将来に自分が邪魔に・・・と思ったからかな?
なんかそこら辺の描き方がいまいちだったような気がします。
「グァン・シンを愛するに当たり 厳粛に誓います
 彼女のために身を捧げ 良心と慈しみをもって愛します
 その笑顔と幸せを第一の関心事とします」

最後の最後の何よりも素敵なプレゼント。
しっかりと抱き合い、そして振り返ることなく歩いていくグァン・シン。
「さよなら」
ちゃんと別れのあいさつが言えたね、これで本当に本当にお別れなんだね。
そしてグァン・シンは彼氏と山に帰っていきましたとさ、めでたし、めでたし。

一難去ってまた一難?
臓器提供・・・もちろんミンちゃんのってことだよね。
これは辛い!だけど仕方ない?
その命が誰かのために・・・・どこでどう踏ん切りを付けるのかって難しいよな。



ザ・ホスピタル(日本公式)


「ザ・ホスピタル」オリジナル・サウンドトラック「ザ・ホスピタル」オリジナル・サウンドトラック
(2007/10/24)
TVサントラ動力火車

商品詳細を見る



スポンサーサイト

テーマ : 台湾ドラマ - ジャンル : テレビ・ラジオ

13:46  |  ザ・ホスピタル  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

コメントを投稿する

URL
コメント
パス  編集・削除するのに必要
非公開  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://fc2tama.blog25.fc2.com/tb.php/1276-29a31c49
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。