2017年06月/ 05月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫07月

--年--月--日(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2008年06月28日(土)

愛するということ 「君につづく道」 第23話

君につづく道 DVD-BOXII君につづく道 DVD-BOXII
(2008/08/22)
ヴィック・チョウケン・チュウ

商品詳細を見る




このドラマ後3話で終わりです。
前回、事故に遭ってしまったシャオマー、その後どうなったのか分からないママなんだけど、お兄さんの口ぶりからだと、もう死んでしまっている、それか意識不明の状態という感じのような気がします。
シャオマーがスイスに行っていないことを知ったノンシェンは、お兄さんの所に行くけど、いなくなったと思ってくれとか言われちゃっているからね。
ルーイーにももちろん連絡はなし(というかできない)、なんかあまり明るいはなしがないんだよね。
そしてシューラーも、最新作が不評なようで、またしてもスランプに落ち込みます。
今回はノンシェン母からの借金もあり、アーハオへの株の譲渡の出費もあり、なんか八方塞がり。
様子のおかしいシューラーのことを心配するノンシェンにも、自分の苦しみを打ち明けることができないシューラー。
そしてノンシェンは自分が必要とされていないのではないかと悪い方に悪い方に。
あぁ、この状態を打破してくれるのは一体誰???

【More・・・】


インスピレーションがわかなくなったシューラー、ノンシェンとふれあってもダメ、逆に現実の世界に押しつぶされそうになっちゃいます。
そこで楽天タクシーに行き、なんとかインスピレーションをと、社長にはなしをしてもらいます。
現実を小説にしても何もならない、イエズの言葉で伝えることが大切だ!
そのままシューラーは会社に泊まったらしい。
翌朝、ノンシェンの家に帰ってきたシューラー。
ノンシェンは雑誌の記事のこともあり、思わずシューラーを問いつめるようなことを言ってしまいます。
でもさぁ、このときの2人を見ていると、なんかノンシェンが子どもっぽいと思っちゃうのよね。
なんでもない時に私と○○とって言うのは許せるけど、本当に辛い時、忙しい時にこれを持ち出されたらうんざりするよ。
tamaは女の立場だけど、昔つき合っていた人に同じようなことを言われて、その時点で一気に冷めたもの。
なんて器の小さいヤツなんだぁ~~~とかってね。
時にシューラーのような芸術関係の仕事をしているいとって、やはりその独創性って大切だと思うのよ。
時にはどこまでも自分を追い込むほどの狂気と隣り合わせの状態とかね。
それに比べると、ノンシェンとの生活はぬるま湯状態だものね、それがダメだとは思わないけど、これまでとのギャップにシューラー自身、そして作品、読者、全てがすれ違ってきちゃってますね。

愛するって・・・見返りを求めちゃいけないと思う。
自分がこれだけ愛しているから、相手にもと思った時点でダメだね。
与えても与えても、それでもまだ与えたくなる。
そういうのが愛だと思うなぁ、難しいけど。

シャオマー、命には別状なかったようです。
もちろん記憶も大丈夫、だけど、車いす状態。
そして左足が・・・。




君につづく道(日本公式サイト)

這裡發現愛(緯來綜合台)


I’m not F4I’m not F4
(2007/11/28)
ヴィック・チョウ

商品詳細を見る
スポンサーサイト

テーマ : 台湾ドラマ - ジャンル : テレビ・ラジオ

11:23  |  君につづく道  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

コメントを投稿する

URL
コメント
パス  編集・削除するのに必要
非公開  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://fc2tama.blog25.fc2.com/tb.php/1251-6e31ad2b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。