2017年06月/ 05月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫07月

--年--月--日(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2008年06月28日(土)

愛する人へ 「ザ・ホスピタル」 第35話

「ザ・ホスピタル」オリジナル・サウンドトラック「ザ・ホスピタル」オリジナル・サウンドトラック
(2007/10/24)
TVサントラ動力火車

商品詳細を見る



再びイーホアの病院に入院することになったシンピン、その病状はかなりよくないようです。
顔色もよくないし、話すのも苦しそう。
様子を見に来たイーホアに、精一杯の笑顔で答えるシンピンだけど、すごく辛いわ。
優しく話しかけるイーホア、シンピンは「暇な時は必ず来て」とお願いします。
自分の最後の時間だからって・・・病気が治ればいくらでもと答えるイーホアに、それまで待っていられないと。
ずっと病気を抱えていたシンピン、きっと誰よりも自分の身体のこと、命の期限を分かっているんだろうな。
シンピンが助かるためには骨髄移植しかないんだって。
だけど、適合するドナーが見つからない、それまでシンピンの体力がもつ保証はどこにもない。
クァン先生に続き、シンピンも・・・。
医療ドラマだから、「死」というものは必ず出てくるんだけど、やはり辛いよなぁ。


【More・・・】


クァン先生の様態も、日々悪化しています。
家ではお父さんが尽きっきりで看病していますよ。
ココナッツジュースが飲みたいというクァン先生、小さい頃の思い出の飲み物なんだって。
クァン先生、小さい頃はすごく身体が弱くて、よく病気になっていたんだって。
病気になると優しくなるお父さんが恋しくて、病気になりたかったって。
そしてあの礼の写真をイーホアに渡したことも告白。
お父さん「そうか」って納得顔です。
やっぱり親子だぁ、誰よりも息子のことを愛し、誰よりも父親のことを尊敬し。
「死にたくない」
「どんなことをしても治してやる」
医者である2人には、それがぜったいに叶わない願いであることは分かりすぎること分かっているけど、それでも願わずにはいられない。
奇蹟を信じて・・・。

実は、昨日tamaの身近な所で「死」という現実が起こりまして。
それは本当に突然なことで。
昨日まで一緒に働いていた人が、退社する時も「お疲れ様」と元気よく笑顔で笑っていた人が、その数時間後には天国に行ってしまい。
これまで「死」というものに立ち会ったことは数度あるけど、こんなにも突然なことは初めてで、なかなかその現実を受け止めることは難しく。
でも現実に「死」というものはあるわけで。
はぁ、改めて人の命の尊さ、はかなさを実感しちゃいました。

シンピン、ようやくイーホアに自分の気持ちを伝えることができました。
これが恋なのか愛なのかは分からないけど「好き」という気持ちは伝えたかった。
最近元気のないイーホアに、笑顔が見たいから、だから自分の気持ちを正直に。
そんなシンピンの気持ちに答えるためにも、イーホア、頑張らなくちゃね。
愛する人に残したい最期の言葉、クァン先生は、今日もアニーに、シャンシャンにボイスメッセージを残しています。
そしてそれを聞きながら、静かに息を引き取ったクァン先生。
本当に、本当に幸せそうな顔でしたよ。
クァン先生の墓前で悲しみに暮れるイーホアたち、そこのチュウ先生がやってきます。
久しぶりの登場だぁ。
お父さんに封筒を差し出すチュウ先生、クァン先生の准教授任命書だって。
そして昇格会議の時欠席したことをわびるチュウ先生。
そのたった一枚の紙切れのために、クァン先生がどれだけのプレッシャーを感じていたか。
今となっては、たった一枚の紙切れと思えるものだけど、そのときは・・・。
お父様もその愚かさにようやく気がついたよね。

親友の「死」の悲しみが言えるまもなく、今度はシンピンが!!!
息をするのも苦しそうなシンピン。
「生きていることを大切にして」
う~~~、これがシンピンの最期の言葉になっちゃうのかぁ~~~。


ザ・ホスピタル(日本公式)


ジェリー・イェン&ヴィック・チョウ―台流の未来を切り開く2人の貴公子のすべて (2)ジェリー・イェン&ヴィック・チョウ―台流の未来を切り開く2人の貴公子のすべて (2)
(2007/07)
不明

商品詳細を見る
スポンサーサイト

テーマ : 台湾ドラマ - ジャンル : テレビ・ラジオ

09:41  |  ザ・ホスピタル  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

●moriさんへ

結局日本で6公演ってことですね。
いやぁ、すごい、よくスケジュールが合いましたね。
12000円のチケット、かなり高額になっているようなのですが、この追加公演で落ち着くかもしれませんね。

日本版の好調さも、人気に拍車をかけていますよね。
tama |  2008.07.06(日) 21:44 | URL |  【編集】

●追加公演

でましたねえ!F4の追加公演。
大阪はともかく、横浜2日間、埋まるのかァ??ちょっと心配です。だって、地方組は武道館いくものねえ。。。大阪は、オーラスで、、、取れたら、スーコン3回です。最初で最後のスーコンでしょうねえ。。。
mori |  2008.06.28(土) 14:02 | URL |  【編集】

コメントを投稿する

URL
コメント
パス  編集・削除するのに必要
非公開  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://fc2tama.blog25.fc2.com/tb.php/1249-4c128fe1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。