2017年09月/ 08月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫10月

--年--月--日(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2008年06月15日(日)

三蔵法師のお告げ 「大敦煌」 第27話

図説 敦煌―仏教美術の宝庫 莫高窟 (ふくろうの本)図説 敦煌―仏教美術の宝庫 莫高窟 (ふくろうの本)
(2000/03)
大橋 一章

商品詳細を見る



これまでの低姿勢がウソのようにべーカーに強気の対応を見せた長官に、溜飲が下がる思いでしたと讃辞を述べるウェンユー。
許可証も破り捨てちゃってたもんね。
それほど勅命って言うのは絶対的権力があったのね。
北京に父親を残している長官、ウェンユーに手紙を届けて欲しいとお願いします。
が、経典がこのまま道士の元では確かに心許ないよね。
そこでウェンユー、蘭州の総督府に託しては?とアドバイス。
そこまでの道のりを思うとすぐには承諾できない長官だけど、上申書を届ければ・・・。
ここで長官、何を思ったかウェンユーとチュンシアをくっつけようとします。
ま、お似合いの2人ではあるけど、チュンシアの心の中には、ウェンユー兄しかいないからなぁ。

【More・・・】

帰京することになり、チュンシアに別れを告げに来たウェンユー、一緒に都に行かないかと誘うけど、この地で兄と・・・どこまでも貞淑なチュンシアです。
まずは蘭州に立ち寄り、発刊された経典の保護をお願いするためにイェン長官からの上申書を渡すけど、何か反応がよくないんだよね。
外国人から国法を守るために・・・というウェンユーの言葉もそこそこに「お茶」と追い出されてしまいます。
そのころ、フーヤン達の間でも蔵経洞の噂が広まります。
何でも手にはいるって、かなり尾ひれ背びれがついてはいるんだけどね。
宝窟の鍵である菩薩説法図があるのに何故現れた?ホンリェンの疑問はもっともです。
もう一度探ろうとする副首領に、危険なことはさせられないと待ったをかけるホンリェン。
そこで立候補したのはダーガンです、確かに地の利もあるしね。
ジァンはべーカート作戦会議、何とか道士を動かさないと。
ジァンは道士が三蔵法師のお告げで千仏洞に来たっていっているけど本当かなぁ。
早速チュンシアの元を訪ねたダーガン、蔵経道のことを確かめに来たのね。
何とかシンファと会わせたいと思うチュンシアは自らジァンの屋敷にやってきます。
チュンシアを見つめるジァンの目がやらしいことこの上ない、生理的に受け付けないは、こいつ。

翌朝、烽火台の下でつかの間の逢瀬を喜ぶシンファとダーガン。
シンファからべーカー達が自分を陥れたことを知り、憎むべきはジョンよりべーカーだと再認識。
一緒に逃げようというダーガンに、ほかの娘を探してと涙ながらにその場を去るシンファ。
自分がジァンに嫁ぎ、汚れていると思っているようです。
北京に戻ろうとしたウェンユーを呼び止めたのは蘭州長官?
イェン長官の上申書を受け入れ、外国人一掃をウェンユー達に託します。
一方のべーカー達は、これが最後のチャンスとばかりにまたしても悪巧みを画策しているようです。
もちろんこれにはジァンも絡んでいるんだけどね。
そして再び千仏洞にやってきたべーカー達、道士はどう対処するつもりなんだろう。

笑顔でべーカー達を出迎えた道士、ジァンから三蔵法師の話をされ、一気にべーカーよりに。
何でもべーカーは三蔵法師のお告げによって敦煌に来たとか、ナーランダ僧院に経典を運ぶようにお告げがあったとか言い始めます。
もちろん全部ウソなんだけど、ジァンに「白紙の書」を渡された道士、そこには経典をインドに持ち帰れ・・・というリン粉で書かれた偽のお告げがぁ。
道士はべーカーを訪ね、三蔵法師のことをいろいろ尋ねます。
べーカーはジァンに教えてもらったとおりによどみなく答え、道士の心は一気にべーカーを信じるように。
が、今や経典のことは周知の事実、役所はもとより、フーヤンからの見張られている有様。
無視しろというジァンに、小心者だから、自分の独断ではと逃げ腰の道士。
そしてウェンユーも敦煌に戻ってきました。
早速チュンシアの元を訪ね、蔵経洞の保護と外国人の取り締まりを総督府から仰せつかったと話します。
それが終われば北京に???
残った方がいいですか?
お兄ちゃんが枕元にたったというウェンユー、もしかしてチュンシアのことが???
ホンリェンは???



大敦煌(BS11)

大敦煌(CCTV)


シルクロード ロマン II 永遠なる敦煌シルクロード ロマン II 永遠なる敦煌
(2005/10/21)
劉宏軍

商品詳細を見る
スポンサーサイト

テーマ : 中国ドラマ - ジャンル : テレビ・ラジオ

17:54  |  大敦煌  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

コメントを投稿する

URL
コメント
パス  編集・削除するのに必要
非公開  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://fc2tama.blog25.fc2.com/tb.php/1238-ea728c9d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。