2017年10月/ 09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

--年--月--日(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2008年06月15日(日)

神様の指 「ザ・ホスピタル」 第33話

ザ・ホスピタル 上 (1)ザ・ホスピタル 上 (1)
(2007/10)
侯 文詠

商品詳細を見る



渡米するマーを見送るため、空港に駆けつけたチュウ先生。
来るか来ないか、最後の最後に自分への愛情を確かめたかったんだろうね。
「さよならといって」
涙をこらえたマーの笑顔、今までで一番綺麗だと思ったよ。
小切手(だと思う)を渡そうとするチュウに「お金で精算できる恋をしてきたつもりはない」と断るマー。
こういう時、男は哀れなほど子どもになり、女は潔すぎるほど大人になるよね。
「さよなら」
その一言が「愛してる」と聞こえたのはtamaだけ???
よかった、本当によかった。
この2人の関係はドロドロで終わって欲しくなかったから。
2人が愛し合っていたのは紛れもない事実だったと思うから。
マーが渡米したこと、子供を産むこと、一人で育てる決意のこと。
今度はメイチェンが決心する番だね。

【More・・・】


イーホア、院長室に行き、部長職退任を申し出ます。
そこでグァン・シンがすでに辞表を出したことを知ります。
慌てて麻酔科に行くイーホアだけど、すでにグァン・シンの姿はなく・・・。
あぁ、なんかこれは間違っているよねぇ。
イーホア~~~、そんなとこでウジウジしている間に田舎に迎えに行けばいいじゃんね。
まさかグァン・シンの田舎を知らない訳じゃないだろうに。
あ、まずはグァン・シンのアパートか。
でも、そんなに夜遅くに行ってもいるわけないでしょう。
何回携帯に電話しても通じるはずもなく、一人落ち込むイーホア。
あぁ、このぐじぐじ感がいやだぁ。

ある日、廊下ですれ違ったイーホアとチュウ先生。
今回の件でチュウ先生が病院に残れるように尽力してくれたことに礼を告げるチュウ先生。
そして診療を減らして講義を増やす?
つまり第一線から退いて、後輩を育成することに・・・って感じかな。
なんかチュウ先生らしくないような気もするけどね。
「神の指」によって全てが変わってしまう。
そのことを嫌と言うほど痛感したチュウ先生、本当にこのまま大人しくなってしまうのかしらね。
もう一踏ん張りも二踏ん張りもして欲しいんだけどなぁ。
夕飯のお誘いに来たツイフォン、いつもならお嬢様のわがままにつき合うイーホアだけど、今の状況でそれは婚約を肯定するようなものだものね。
あくまでもイーホアの心の中にはグァン・シンしかいなくて、だったらさっさと迎えに行け!!!って思うんだけどね。

チェン先生がもってきたカルテ、その所見が聞きたいって。
イーホアの診断によると胃ガン、チェン先生もそうだと思うって。
そしてそれは自分のカルテだって。
わぁ、あの胃の痛みはただのストレスじゃなかったのねぇ。
もしかしてもう手遅れ???
即オペを・・・緊急って訳ね。
チェン先生、しばらくみんなには、特に父親には伏せておいて欲しいって。
最後の晩餐?とばかりに飲み明かす2人、元々は仲がよかったんだものね。
久しぶりの楽しいお酒に、大はしゃぎの2人、でもさ、途中で泣き出すのよ。
なんのために生きてきたんだ・・・。
弱気なチェンを励ますイーホア。
生きてるうちに・・・。
医者だからこそ、命の重さ、はかなさを知っているんだよね。

翌朝、二日酔いのチェンを攻めるお父様、でも相手がイーホアと知った途端「よくやった」って。
はぁ、あんたも医者なら息子の体調の変化をもう少し心配したらどうなんだぁ。
こんな針のむしろのような生活、治るもんも治らないぞぉ。



ザ・ホスピタル(日本公式)


第一次 Jerry For You (2nd Version) (CD+VCD) (台湾盤)第一次 Jerry For You (2nd Version) (CD+VCD) (台湾盤)
(2004/10/19)
ジェリー・イェン / Jerry Chen Yuk Yan

商品詳細を見る
スポンサーサイト

テーマ : 台湾ドラマ - ジャンル : テレビ・ラジオ

10:05  |  ザ・ホスピタル  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

コメントを投稿する

URL
コメント
パス  編集・削除するのに必要
非公開  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://fc2tama.blog25.fc2.com/tb.php/1233-ff6fe7bd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。