2017年11月/ 10月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫12月

--年--月--日(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2008年04月12日(土)

財宝への鍵 「大敦煌」 第17話

敦煌莫高窟/トルファン/桜蘭故城 [絲綢之路シルクロード4]敦煌莫高窟/トルファン/桜蘭故城 [絲綢之路シルクロード4]
(2007/04/01)
不明

商品詳細を見る



久しぶりに視聴で、登場人物の名前をほぼ忘れてしまってます。
間違っている人もいるかもしれませんがお許しを。

兄が死んだと聞かされ(お墓もあったし)倒れたウェンユー、そこにジャンがやってきて、西洋人に見せてはどうかって。
西洋人と言えばあいつらに決まってますよね。
そのべーカー、早速イェン長官にあいさつにやってきました。
べーカーは文察だけでなく、発掘も兼ねていると言うことを聞き、眉をひそめる長官。
その後、ウェンユーを診察するべーカーは、お兄ちゃんの遺品でもある経典を見て驚きます。
なんとべーカーはその半分をもっているんですね。
その上、お兄ちゃんにもあったことがあるとは!
べーカーは、早速経典を譲ってくれるように頼みます。
でもウェンユーは断ります。
なんかこれで事件が起こらなければいいけど。



【More・・・】

べーカーはジャンに頼んで、骨董店主のマーに近づきます。
またこのマーというのがくせ者なんですね。
怪しいヤツの周りには怪しい奴が集まるもので、みんなが自分の欲のために腹を探り合っているという感じです。
マーが出してきた古書はかなりの勝ちがあるようで、べーカーの目が輝き出します。
同じところで発掘したという巻物、これも相当な価値のものらしい。
その夜、マーの所にやってきたターガン、親方の形見の「菩薩説法図」を見せます。
マーは模写だって言うけど、信じちゃダメだよぉ。
絶対に安く手に入れる魂胆に違いない。
売らないというダーガン、これから気を付けなくちゃダメだよ!!!

と思ったら、早速襲われちゃってます。
翌朝、ダーガンを待つシンファ、代わりに置き手紙が。
ダーガンに渡された「菩薩説法図」を烽火台の上に掲げろですって、で、ダーガンは大丈夫なの?
翌朝、シンファ父は約束通り、あの絵を持っていきます。
ダーガンが解放されたのはいいけど、あの絵がマーの手に渡ったのはなぁ。
フーヤンの名をかたってはいるけど、結局マーがトカゲを使ってやらせたことなのね。

犯人はマーしかいないと思ったダーガン、早速殴り込みです。
知らぬ存ぜぬを決め込むマー、そして彼の口から出た「飛虎金剛」って???
こうやって貴重なお宝は悪人の手に渡ったんだろうなぁ。
これってエジプトのピラミッドにも通じる感じがします。
文化的価値として扱われず、経済価値のみが優先されたであろう数々の遺産、もしきちんと守られていたなら・・・。


大敦煌(BS11)

大敦煌(CCTV)


シルクロード ロマン II 永遠なる敦煌シルクロード ロマン II 永遠なる敦煌
(2005/10/21)
劉宏軍

商品詳細を見る
スポンサーサイト

テーマ : 中国ドラマ - ジャンル : テレビ・ラジオ

16:12  |  大敦煌  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

コメントを投稿する

URL
コメント
パス  編集・削除するのに必要
非公開  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://fc2tama.blog25.fc2.com/tb.php/1162-a2282269
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。