2017年07月/ 06月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫08月

--年--月--日(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2008年03月15日(土)

ラッパが止み 夜が明けた時 地獄の門は自ら閉じる 「魔王」 最終話

「魔王」オリジナル・サウンドトラック(DVD付)「魔王」オリジナル・サウンドトラック(DVD付)
(2007/11/21)
サントラ、パク・ハクキ 他

商品詳細を見る



オスの元に届いた宅配、紅い封筒の中には、オスを映した数枚の写真。
そして最後の写真はオスを捕まえようとしている?手がはっきりと映っています。
もう一つの封筒には「運命の輪」のカードと手紙。
「ラッパが止み 夜が明けた時 地獄の門は自ら閉じる」と書かれています。
「運命の輪」のカードは、運命の始まりと終わりを表しています。
新たな犠牲者の予告?それともこれが最後???
tama的には、やはり最後の犠牲者はオスで決まりなんだけどね。
チーム長は今回送られていた写真が、レンズが割れたカメラで撮られていることに気がつきます(鋭い!)
ヨンチョルのカメラもレンズが割れていた。
これが証明されたらヨンチョルを拘留できる!!
ヘインはスンハに(オスにもらった)笛をプレゼントします。
「わたしが必要になったら、呼んでください」ってね。
「僕が怖くないですか?」と問うスンハに「あなたはもう刑事さんを許している それを認めたくないだけ」と答えるヘイン。
自分の心を見抜かれたようで、戸惑うスンハ。
ここで素直になれていたら、ううん、ヘインに甘えることができていたら、ラストも変わっていたのかなぁ。
遅すぎる?確かにそうかもしれないけど・・・。
事情聴取を受けるヨンチョル、チーム長の質問に、どもりながらの答えていきます。
カメラのレンズのことになると、不意にオスの方を見つめ、「真実を話せばよかったんだ もう何もかも遅すぎる」と不敵な笑みを浮かべます。
事情聴取のたびに思うんだけど、この取調室と向こうの部屋って隠しガラスだよね?
なのに、必ずそっちに視線向けるのは、バレバレってことなのかしら?
鑑定の結果を待つオス達、そこにジェミンからミンを拘束するという連絡が入ります。
これでお兄ちゃんが捕まるのも時間の問題ですね。
「ミアネ ヒョン・・・。」
いやいや、殺人者ですからぁ、どんな理由があろうとも。
つまり兄弟そろってってことね。
オスもヒスも好きだけど、殺人はダメだよ。

【More・・・】


破滅への道を突き進もうとするスンハのそばには、スンハ自身気がついていなかったけど、彼を理解しようとしてくれる人がたくさんいたんだよね。
その一人が事務長さん、彼が何故スンハの元で働くようになったのかはよく分からないけど、彼がスンハのことを認めてくれているのは確か。
そしてスンハの心の傷を分かろうとしてくれていることも確かだと思います。
「後を振り向かず 前を向いてください ほんの数歩進めば みんながそこで待っています」
事務長さんの優しい言葉に涙するスンハ。
実際に涙は見えないんだけど、きっと心の中では涙していると思うんだよね。
そしてヘインからの手紙、綺麗な黄緑色って言うのが素敵だわ。
BGMはもちろんスンハのテーマ曲よ♪
「夕べの話の続きですが 
 わたしはあなたがどんな姿でいても 少しも怖くありません
 一緒にいたいと思う人を 怖がるはずないでしょう?
 一緒にしたいことがたくさんあります
 晴れた日には公園を散歩して 雨の日には屋台でお酒を飲む
 終末はお兄さんと農場で ソラやハヌルとジャガイモを掘って
 それでチジミを作るんです
 可愛いカフェにも行きたいし クリスマスには教会でミサを
 それから 来年の春には 
 農場に植えた水仙が咲くのを 一緒に見たいんです」

ヘインのスンハへの想いが、復讐をやめさせたい思いが詰まっています。
「本当にそんなことができるのか それが許されるのか」
スンはがつぶやきます。
許されるよ~~~、だって、スンハは十分苦しんだもの、オスだってそう。
過去は消えない者だけど、過去は許される者ではないのかもしれないけど、だからといって未来まで縛られるのは間違っていると思う。
十分苦しんだ2人だからこそ、許し合えると思うんですよ。
スンハのそばには、スンハを理解してくれる人がたくさんいるんだもの。
拘束されたミン、ヒスに命令されたことを自供、ヒス、ついに逮捕です。
ソクジンからヒスが容疑者として捕まったことを聞かされたソクジン、信じられないといった感じです。
そして手錠をかけられた兄を見たオス、その場に泣き崩れます。
ヒスのオスを見つめる眼差しの厳しさ、なんかやっぱヒス好きだわ。
泣き崩れるオスを見つめるスンハ、なんかめちゃくちゃどうようようしています。
必死で仮面を付けようとしているのに、うまくいかない感じ。
うんうん、ヘインの言うように、スンハはとっくにオスのこと許しちゃってますね。
ヒス逮捕のニュースを聞いたオスアボジ、ショックで胸を押さえています。
なんかもしかしてアボジも危ないのではないかと不安になってきました。
もし、そうなったら(いくら仲が悪いとはいえ)オスにとってはダブルショックですよね。
食堂ではヨンチョルが食事をしながら無表情でニュースを聞いています。
ヒスがオスのお兄さんだと聞いたヘイン、そして事務長さんは・・・。
でもって、あの送られてきた写真、ヨンチョルのカメラからとられたとは断定できないそうで。
あぁ、シナリオ通りに進んではいるものの、スンハの表情が切ないのがなんとも言えません。

息子の逮捕にショックを受けたオスアボジ、初めてオスに謝罪の言葉を述べます。
「すべてのものが幸せになるなど 不可能だと思っていた
 誰かの幸せの陰には 必ず 誰かの不幸がある
 それが世の通りだと思っていた
 強いものが生き残り 強いもののみが幸せを手にできると思った
 それがわたしの息子達の幸せを守れる道だと信じていた
 情けないことだ この年になってようやくそれが分かるとは」

父親として、ヒスを見捨てるわけにはいかない。
なんかようやく親子として心が通じ合った、それなのに、会長、オスが去ったあと、胸を押さえ倒れ込みます。
でね、なんとのそのまま帰らぬ人に~~~。
まぁね、だいたい韓ドラではよくあるパターンだよね。
こういう大物は、悪事がばれたあと、そのまま罪に問われることなく死んじゃうって。
「まだ一度も謝れていないのに」号泣するオス、はぁ、やっぱどんなひとの死でも辛いものですね。
暗い部屋の中で、涙を流すスンハ、その涙は誰へのもの???
そ~~~して、オス家の前で一人佇み、ハッカ飴をなめようとするスンハ。
でも、そのまま口に入れることなくぽとりと落とします。
なぜ???
これまでスンハは復讐が成功するたびにハッカ飴をなめていたよね?
今回はスンハが望んだものじゃなかったってことかしら。
っていうか、すでにスンハの心の中から、復讐という言葉は薄れているような気がするんですよね。
だからこそ、もうハッカ飴は・・・じゃないのかな。
翌日、ヘインオンマにヘインへの言付けを頼み、農場の兄に電話するスンハ。
なんだか身辺整理しているように感じるのは気のせいか。
そしてオスに呼び出されるスンハ、なんか覚悟してるって感じだわよ。
そしてそのオス、射撃練習って、なんか嫌な予感。
まるで12年前のスンハ(いやテソン)の心境ってかぁ。

オスとの待ち合わせ場所に向かうスンハ、車に乗り込もうとした時、(いかにも)怪しい男がやってきて、スンハの腹をナイフでひとつき。
え~~~、まさかこんなところで???
だいたいこの帽子の男は誰なのよ!
デシクの部下か?あの弁護士の息子か?
はぁ、まさかこんな奴にやられるとは、まさかこのまま死んじゃわないよねぇ。
そのころ、ヘインはスンハからのプレゼント(オルゴールと指輪)を見て、何かを察し、スンハに連絡するもつながりません。
スンハはそのままオスとの待ち合わせ場所に(あんなに血が出ているのに大丈夫か)。
12年前の事件現場、オスに刺し傷を見られないよう、上着のボタンを留めるスンハ。
明るい場所おなら、スンハの顔色の悪さも、血でyごれたふくにも気がつくんだろうけど、あまりにも暗すぎる。
スンハに銃を向け、「お前の望み通りにしてやる」って、本当にそれがスンハが望んだ結末なの?
空に向かって一発放つオス、やはりオスにはスンハは撃てない???
「お前も苦しんでいるのか? お前も俺と同じ地獄にいるのか? 俺と同じ苦しみの中にいるのか?」
オスの迷いを感じたスンハ、撃てって、それですべてが終わるって。
でもね、オスは銃をおろします。
驚くスンハ、そう、きっとスンハの中では、オスは恐ろしく直情的な人物になっていたんだろうね。
だからこそ、兄を刺したって、でも、本当のオスはそこまでバカじゃない。
「俺がお前をそんな風にした お前を地獄に導いたのは俺だ
 殺したいほど憎くても お前を見ていると胸が痛むんだ
 テフンのことは 事故だろうと故意だろうと
 お前の言うとおり そんなことは重要じゃない
 真実を明かすために 俺は何もしなかった
 すまない 本当にすまない」
 
オスの謝罪に動揺するスンハ、そうだよ、真実を明かさなかった、そう、そこなんだよ。
オスが落とした銃を拾い、終わらせるのがお前の役目だと叫ぶスンハ。
自分がこれまでオスにしたことを話、そして自分をうつように促します。
「生きろ それが地獄の苦しみでも 力の限り生きて
 暗いトンネルから抜け出せ テソン」
「終わらせないと 自分が許せない
 あんたじゃなくて これからは自分を憎むことになる
 決して許せない」
涙ながらに、死を望むテソン、そしてもみ合ううちに銃声が一発!そしてその場に崩れ落ちるオス。
なんとまぁ、哀しいかな12年前と同じような状況ですよ。
そして、テソンはきっとこのとき12年前の真実を知ったんだろうね。
「死ぬな!」
オスの腹をハンカチで押さえ、形態をとりだし震える指で番号を襲うとするテソン。
そのテソンを手を握り、最後の言葉を必死で伝えるオス。
「生きるんだ 力の限り 精一杯 生きてくれ テソン 許してくれ 俺のことも お前自身も」
そして静かに息を引き取るオス。
死ぬな!どんなに叫んでも目を開けることのないオス、こんなに取り乱したテソンは初めてだわ。そしてオスの心の叫びが蘇ります。
どんなに悪党でも、生きることに必死だったオス、地獄の中で生き、地獄の苦しみを味わい、それでも尚、生きることで自分の罪を償おうとしたオス。
「死なないでくれ!!!」テソンのむなしい叫びが空に響きます。
どれくらいの時間がたったのだろう。
テソンが思い出すのは、家族との楽しいひととき、ヘインとの温かいひととき、そしてオスのこと。
「許してくれ 俺のことも そしてあんたのことも」
静かに目を閉じるテソン、その手にはヘインからもらった笛が握りしめられています。
オスの肩にもたれかかるようにして息を引き取ったテソン、その姿はまるで親友同士のそれのようで・・・。
ヘインが駆けつけた時、そこにはまるで眠るような2人の姿が。

「終わりは新しい始まりでもあります
 どうか精一杯幸せを見つけてください」






終わったぁ、終わってしまったぁ。

やっぱ死にネタは苦手だぁ。
バリもミサもタモも、井門ら万だけど、で漏らすとが辛くて、そして2度目が見られない~~~。
これだけ重い内容だから、ラストが笑顔でって言うわけにはいかなかったのかもしれないけど、でも、だからこそ、「死」ではくぁらせてほしくなかったと言うのが正直な所。
だって、罪を犯してもそれでもやり直せるって言う、そういう希望を持たせて欲しかったんだもの。
一度の過ちがその人も、周りの人生も狂わせ、それで肝心の2人が死んで「真実」が闇の中では、誰も救われないはない?
残されたものは!!!
最後の最後に新たな犯罪者を作って終わりだなんて~~~。

はぁ、それにしても久しぶりに重いドラマだったぁ。
当分引きずりそうです。
次は軽めのを見なくちゃぁ。




魔王公式サイト(So-net)

魔王(BS朝日)

魔王(KBS)


韓国ドラマスターLIVE(17) (Bamboo Mook)韓国ドラマスターLIVE(17) (Bamboo Mook)
(2007/12/26)
不明

商品詳細を見る



「魔王」関連記事(BUNKAKOREA.COMより)

「魔王」視聴率上昇

4月5日生れのオム・テウン-シン・ミナ、「魔王」現場で誕生パーティー

「魔王」、悲しい最終回

オム・テウン、”「魔王」と一緒にしてくれたみんなに感謝”





スポンサーサイト

テーマ : 韓国ドラマ - ジャンル : テレビ・ラジオ

15:37  |  魔王  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

コメントを投稿する

URL
コメント
パス  編集・削除するのに必要
非公開  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://fc2tama.blog25.fc2.com/tb.php/1140-fa92523a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。