2017年10月/ 09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

--年--月--日(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2008年03月08日(土)

深まる溝 「ミスターQ」 第16話

ミスターQ DVD-BOX ミスターQ DVD-BOX
キム・ミンジョン、キム・ヒソン 他 (2006/08/11)
コリア・エンターテインメント

この商品の詳細を見る



大急ぎでカフェに走ったガントだけど、既にへウォンの姿はなく、家に電話しても出ない。
と言うことで、アパートの前で待ち伏せするガント。
仕事のことでジュリと会っていたと正直に話すけど、今野へウォンは冷静に聞くことができません。
はぁ、ますます2人の溝は深まるばかりです。
話ができないなら手紙で・・・何回も書き直すガント、へウォンはガントからのプレゼントを眺めて。
ついに辞表提出の朝、何でジュリからの情報を早く課長に言わないかなぁ。
走る前に電話しろ!!!
とか思うけど、今みたいに携帯がある訳じゃないから、かんたんに連絡もできないんだよね。
いよいよ専務に辞表を!と言う時にガント乱入。
ギリギリのところで辞表は提出せずにすみました。
テバン社のあの人事部長は今日付けで退職したって。
本当にもうちょっとで破滅(大げさだけど)でしたよ。

すんでの所でクビがつながったガント達。
みんなるんあるんだけど、ガントとへウォンは浮かない顔。
何よりもガントとのことが一番だったというへウォン、でもガントは違う。
今の気まずい状態が耐えられないって。
ガントも何でちゃんとほんとのことを言わないのさぁ。
確かにジュリには専務のこと内緒にして欲しいって言われたけど、そんなこと言ってる場合じゃないと思うんだよね。
更にへウォンはデザイン室の先輩から呼び出されて、ジュリがやめるのはへウォンのせいだってなじられます。
2人の様子がおかしいことが心配なコ代理達、気を回して2人が話す機会を作ります。
さすがのガントも本当のことを話そうとするけど、ダメなのよ。
一度ガードを造ったへウォン、結構強情ですよ。

ガントはジュリにあって、お礼を言います。
ジュリのおかげで、引き抜きのことが未然に防げたんだものね。
そしてデザイン室に戻って欲しいとお願い。
同じ日、先輩からジュリを説得するように頼まれたへウォン、ジュリのマンションに行き、廊下で抱き合う(単に肩をかしただけだけど)2人を見てしまいます。
何でいっつもタイミング悪いかなぁ。
ガントへの思いを隠すことなく打ち明けたジュリ、仕事では負けたけど、恋ではなんて思ってないでしょうね。

相変わらず冷戦状態(更に冷え切っている)の2人、もしかして小さな親切、大きなお世話???
久しぶりに出社したジュリ、その衣装も大胆ですね。
昨日のことは誤解だって、財布の中の写真のことも話します。
よかった、またジュリがいらないことしゃべるんじゃないかと冷や冷やしてました。
そしてジュリに釜山工場派遣のことをお願いしたみたい。
これ以上、ガントと同じ所でって言うのは辛すぎるのね。
専務は常務と協力して、他社との合併話を進めているようです。
完全に対社長の図式が完成です。
その社長、ガント&コ代理を呼び出して、調べて欲しいことがあるって。
もしかして常務&専務の動きに感づいている???
へウォンが釜山に行くことを知ったガント、空港まで追いかけます。
へウォンsii!!!
ガントの呼びかけに一度は振り向いたへウォンだけど、そのまま搭乗口に・・・。



ミスターQ(公式サイト)

ミスターQ(BS日テレ)

ミスターQ(SBS)



■送料無料■V.A. CD【韓国ヒットドラマ・主題歌集「恋人(ヨンイン)3」】12/21
スポンサーサイト

テーマ : 韓国ドラマ - ジャンル : テレビ・ラジオ

16:53  |  ミスターQ  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

コメントを投稿する

URL
コメント
パス  編集・削除するのに必要
非公開  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://fc2tama.blog25.fc2.com/tb.php/1137-803f3857
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。