2017年06月/ 05月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫07月

--年--月--日(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2008年03月09日(日)

目で見えるものと見えないもの 「魔王」 第23話

魔王 DVD-BOX 2魔王 DVD-BOX 2
(2008/01/11)
シン・ミナ、オム・テウン 他

商品詳細を見る



スンハ兄からスンハとの出会いのことを聞き、涙を流すヘイン。
写真を見たからって、2人のうちどちらがスンハかはわかってないよね?
ソクジンの弁護をスンハがすることに納得がいかないオス、だけど、アボジの決定ではどうすることもできない。
スンハ=テソンと知っているオスは、これもテソンの罠だってわかってるんだよね。
ソクジンと面会したスンハ、今は殺してないことを証明することが重要だって。
暴行は指示した、ヒスの指示?(何故それを)
正直に話してくれないと・・・
死亡推定時刻にアリバイを証明してくれる人はいない。
12年前と同じように真実を話さないソクジンに、冷ややかなスンハ。
現場に落ちていたたばことハンカチ(殺人の証拠)が逆に真犯人でない証拠だというスンハ。
まぁ、確かにこんなに重大な証拠を2つもそのままにしておくなんて、間抜けすぎるものね。
チーム長の尋問にもどこまでも冷静なスンハ。
スンハがソクジンの弁護を引き受けたこと、何か他に目的があるとオスが思うのは当然のことで、でも、スンハは弁護士としての役目を果たすだけだった。
そしてオスには刑事としての役目を果たしてくださいって。
どこまでも悪の道を進むスンハ、なのに、スンハに同情してしまう。
それがスンハの「魔王」たる所以か。

【More・・・】

事件発生時刻、ヒス妻(ナヒだったわね)からソクジンに着信があったことが判明!
ソクジンとヒス妻が???
そしてヒスからソクジンが逮捕されたことを聞いたナヒはショック、ショック!
そこにオスから電話が、アリバイがない(自分と会っていた)と言われ、言葉に詰まるナヒ。
あぁ、不倫の事実が公になるのも時間の問題ね。
っていうかぁ、ヒスは知ってるんだもの、ナヒ、ここは勇気を出して、ソクジンの無実をはらしてあげて!
そのころ、事務長さんは12年前の家出人名簿を見てました。
そしてそこに「オ・スンハ」の名前を見つけてびっくり!同姓同名か!?
図書館にきたスンハ、「昨日はすみませんでした。」と謝られても困るよ、ヘインだって。
そんなスンハの手を握り、「謝るなら形で示さなきゃ」って。
で、2人でしっかりと手をつないでお散歩~~~、喫茶店でデ~~~ト~~~。
ヘインの唇についたチョコ?をスンハが教えてあげる所がかわいらしい。
でもって、ハンカチで拭いてあげるのよ。
tama的には指で拭いて、ペロッ手して欲しかったり~~~。
仲良くブランコの2人乗りして、やっぱり手を握って、夕方には一緒に川辺で夕日を見つめて。
もう、夢のような一日ですよ、こんなに穏やかな日がこれからも続いて欲しいのに、それはまさに嵐の前の静けさとしか・・・。
ヘインを家まで送るスンハ、その途中、いろいろ自分のことを話すヘイン。
変わった子だった、宇宙人と言われていたって。
そのときの友達がジュヒ、(タロとカードの店のチングね)
別れ際、何か言いたげなヘイン、スンハもそれに気がついた、けど、何も言わないのよ。
真っ暗な部屋で一人涙を流すヘイン。
オモニがそれに気がつくけど、泣くことしかできない。
スンハの心が痛くて、スンハを救いたくて、でも、その方法が見つけられなくて。
あぁ、本当にスンハのこと好きになったのねぇ。
だけどぉ~~~、スンハったら、部屋につくなりにやけ顔、単に喜んでるだけ?
いや、ここは辛そうにして欲しかった、愛してはいけないのに愛してしまったとか、ヘインの純粋な心に
汚れた自分はふさわしくないとかさ。

またしてもロッカーから紅い封筒を取り出す黒い手袋の男。
って、ヨンチョルだし、今までのも全部ヨンチョル?
「もうすぐ終わりだ」から、顔を出してもいいってか。
ヨンチョルはスンハ=テソンだと知っているのよね?
だって昔のテソンとは面識あるんだし、すべてを知った上で、スンハに協力している。
と、tamaは思っているんだけど、もしかしたら、何も知らずに、テフンの仇のためにとか思ってやっているだけなのか。
スンギが持っていたという(ナヒが映っている)写真、あの廊下で抱き合っているのとは違う分ね。
それを見せられても、まだ何も語らないソクジン、そこまでするのはナヒのため?それともヒスのため?
オスに問いつめられたソクジン、つに本音が出てしまいます。
「何もかもお前のせいだ テフンのことがあければ・・・。」
結局そこに行き着くのね。
事務長さん、スンヒの所にやってきました。
そして、USBに入っていたのは音楽ではなく、ある「真実」ではなかったかと。
もちろんスンヒは何もしゃべりません。
そんなスンヒに事務長さんはテソンのことを話します。
テソンが犯している罪を止められるのは「真実」を知っているスンヒだと。
それを頼みにきたと言い残し、病室を去る事務長さん。
う~~~ん、なんか動きそうだぁ。
で、今度はヒスの元に宅配が届きます。
紅い封筒が2つ、一つは香港行きのチケットとお金、これって殺される直前、ソクジンがスンギに渡した奴だよね。
もう一つには、事件後、チェジュに向かう自分の写真!
妻とソクジンの密会写真と同じ紅い封筒、焦るヒス。

そしてナイスタイミングで登場のスンハ。
スンギを殺したのは別人だって、ソクジンはそのとき他の人といた。
それが誰なのかは守秘義務だってよ。
飛車ソクジンよりもホテルの名誉が大切だって言うけど、自分が頼まれたのはソクジンの件で、ホテルの名誉を守るためではない。
いいなりにはならないよね、スンハは。
そこに家宅捜索令状を持ったミンジェ達がやってきましたよ。
ソクジンの机の引き出しからはロッカーのかぎ、そしてそのロッカーの中からは青酸カリ。
あちゃぁ、ますますソクジンピンチだわ。
これはスンハと言うより(たぶん)ヒスの仕業ね。
あぁ、ヒスがこうすることはスンハの想定内かもしれないけど。
迷いに迷っていたあの運転手、ついに話をする気になったようです。
ジュンピョを恨んでいたこと、3年前から差出人不明の手紙が来るようになったこと。
(まるでドンソプの時と一緒)
事件当日、電話の相手は、吃音があったって、ヨンチョルではないですかぁ。

ヘインの家にやってきたスンハ、留守だと聞いて、そのまま教会へ。
ヘインsii・・・ここの教会、畳に座布団??それはおいておいて(笑)
スンハをじっと見つめて、あのときの少年がスンハだって言うことを気がつかなかった。
涙ながらにスンハに話すヘイン。
あんなに寂しそうに見えたのに、疲れて見えたのに。
背中に真実が見えたのに 気付かなかったなんて。
だけど、トンネルから出ないとって、スンハに進むべき道を示します。
わたしがそばにいるから・・・チョン・テソンsii。
手を握ろうとするヘインを避けるスンハ。
ヘインが見たものは証明できない、12年前と同じように。
はぁ、12年前、ヘインの能力は真実を映しながら、なんの役にも立たなかった。
だから、今度はその力を利用して復讐を、と思っていたスンハだけど、一番思い通りにいかないのは自分の心だったりするし。
立ち去ろうとするスンハに抱きつき、「もうやめて」と必死で訴えるヘイン。
その手をふりほどき、「希望なんて信じない、通り過ぎた道は二度と振り返らない」と言い残して教会をあとにします。
そして流れるスンハのテーマ曲(とtamaが勝手に決めてます)
教会の中ではヘインが、そして外ではスンハが声を殺して涙を流します。
あぁ、本当に、もうどうしようもないのか。
オスがやり直したいと願ったように、スンハ(テソン)もやり直すことはできないのか。



魔王公式サイト(So-net)

魔王(BS朝日)

魔王(KBS)


UHM TAEWOONG in 済州島~オム・テウンのプライベートバイクツーリング~UHM TAEWOONG in 済州島~オム・テウンのプライベートバイクツーリング~
(2008/02/22)
オム・テウン

商品詳細を見る




「魔王」関連記事(innolife.netより)

オム・テウン、『魔王』で“オム・パワー”復活なるか?

オム・テウン、『魔王』OST参加

チャ・インピョ『環境スペシャル』、視聴率11,2パーセント…チュ・ジフン主演『魔王』を下す

『復活』の熱狂日本ファン、「今度は『魔王』」

ドラマ『魔王』、日本ファンために現場公開

スポンサーサイト

テーマ : 韓国ドラマ - ジャンル : テレビ・ラジオ

20:32  |  魔王  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

コメントを投稿する

URL
コメント
パス  編集・削除するのに必要
非公開  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://fc2tama.blog25.fc2.com/tb.php/1134-6aa3d777
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。