2017年10月/ 09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

--年--月--日(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2008年02月16日(土)

貴重な新しい友達 「君につづく道」 第7話

ワッツインピクトリアルA (vol.1(2006AUTUMN)) (SONY MAGAZINES ANNEX)ワッツインピクトリアルA (vol.1(2006AUTUMN)) (SONY MAGAZINES ANNEX)
(2006/10)
不明

商品詳細を見る




なかなか心を開かないアーハオにシャオマーもシューラーもお手上げ状態。
シャオマーは朝から仕事そっちのけだったものね。
当然優秀なお兄ちゃんはそんなシャオマーのことや、挫折したアーハオにも厳し~~~。
確かにお兄ちゃんの言うことは正しいのかもしれないけどさ。
シャオマーも、自分のことはともかく、友達(アーハオね)のことを侮辱するのは許せないって、やっぱいい奴だよなぁ。
大金持ちでリーダー格だったアーハオ、今の自分を見られるのは確かに辛いのかもしれないけど、ちょっと器が小さいよね。
人生の中で、一度や二度の失敗(挫折)がなんだって言うのよ!
今が大切でしょ!!!
アーハオは、その今も大切にしているように見えないから余計に腹が立つんだよなぁ。

【More・・・】



シャオマーは、タクシー会社の社長におごってもらった薩摩揚げ?が原因で食中毒になっちゃいます。
だからぁ、味がおかしいっていってたのにねぇ。
で、ノンシェンって、シューラー=イエズって知らなかったのね。
てっきり知っているものだと思ってました。
でもさぁ、それを確かめるのがアーハオって言うのはどうなんよ!
3人の(今の冷め切った)関係知ってるだろうに。
で、以前シャオマーに教えてもらった住所を手がかりに、シューラーの所に押しかけたノンシェン。
そこでめちゃくちゃ体調悪そうなシューラー発見!
まだ病院に行ってなかったのね。
シューラーの看病をするノンシェン、そこで諸マーからシューラーの生い立ちを聞かされます。
8月8日(台湾での父の日らしい)に捨てられたこと。
施設で育ったこと。
家族も友達も、誕生日さえも・・・。
ユーラーの心の傷を知ったノンシェン、複雑だよなぁ。

シューラーの入院をきっかけに、なんとかアーハオを!と企むシャオマー。
しかし「危篤」とは思い切ったねぇ。
交通事故で、外傷はないけど、脳に損傷。
嘘も方便とはまさにこのことです。
青白い顔で眠るシューラー、うんうん、確かに意識不明に見えます。
シューラーの枕元に息、涙を浮かべて、「生きろ!」と訴えるアーハオ。
これが本当のアーハオなのね。
そこに看護師さんが来て胃腸薬って・・・。
すぐにウソはばれちゃい、アーハオは怒って帰ろうとします。
でもね、やっぱり3人は友達なんだよ。
シューラーを支えるシャオマー、そして点滴を持つアーハオ。
ようやく昔に、ううん、新たな3人の友情の始まりだよね。

「目に見える世界を大切にして」
ノンシェンのメッセージが心に残ったシューラー、少しずつだけど、ノンシェンのこと、気にし始めてますね。
おかゆ食べる時も嬉しそうだったしね(食べにくそうだったけど)
シャオマーとルーイー、シューラーとノンシェン、アーハオとノンゼンの恋の行方もそろそろ進展して欲しいですね。
あ、その前に、ルーイーはアーハオのことが好きだったんだよねぇ。
ここがすっきりしないことには次にすすめないか!



君につづく道(日本公式サイト)


COMICMAN F4 PHOTO&TALKBOOKCOMICMAN F4 PHOTO&TALKBOOK
(2005/03/24)
不明

商品詳細を見る
スポンサーサイト

テーマ : 台湾ドラマ - ジャンル : テレビ・ラジオ

15:44  |  君につづく道  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

コメントを投稿する

URL
コメント
パス  編集・削除するのに必要
非公開  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://fc2tama.blog25.fc2.com/tb.php/1101-05a1e0c2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。