2017年07月/ 06月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫08月

--年--月--日(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2008年02月10日(日)

取り戻せないもの 「君につづく道」 第6話

Remember...I Love You(初回生産限定盤)(DVD付)Remember...I Love You(初回生産限定盤)(DVD付)
(2005/11/23)
ヴィック・チョウ

商品詳細を見る



久しぶりの再会を喜ぶ3人、って、喜んでいるのはシャオマーだけのようだけど(笑)
そろそろお開き???で、シャオマーの画策とは裏腹に、ルーイーはシューラーのタクシーで帰ることに。
でもさ、行き先も言わずに乗って、そこら辺でおろしてって、タカビーそのままなんですけど。
ちゃっかりシューラーの名刺をもらったのは、アーハオのこと、調べるためよね?
同じタクシー会社なのはシャオマーから聞いてるし。
そのころ肝心のアーハオは、家で飲んだくれています。
心配してきてくれたのは、ノンシェン姉、ど~~~やら彼女もアーハオのこと好きみたいよ。
アーハオはかなり自暴自棄になってますね。
その夜、シューラーもアーハオの所にやってきて、2人で飲み明かし・・・。
なんかシャオマーだけ仲間はずれなんですけど(笑)
翌朝、完璧二日酔いモードのシューラー、このまま居座るつもり???
出て行けというアーハオのこと聞く耳持たないって感じで、再びやってきた時は小さなボスとなバックが。
そして、ここに住むって!
これがシューラーの友達取り戻し作戦でしょうか。
まんまと部屋のカギを手に入れたシューラー、全然酔ってなかったしね。

【More・・・】



携帯がつながらないシューラーに、イライラのシャオマー。
ルーイーにはつながるのに、シューラーと一緒だといわれた上に、素っ気なく切られ、妄想しまくりです。
なんだからシューラー異常に発想力が豊かだよね。
ルーイーがシューラーにした提案、雑誌の取材を受けるって言うものなんだけど、全く気が進まない様子。
だけど、長年の愛読者だと言われ、渡された本・・・おそらくシューラーの処女作?同人誌???
ルーイーがシューラーのファンというのは本当のようです。
ようやく携帯がつながり、一方的に自分の思いこみをまくし立てるシャオマー。
とりあえず2人がなにもなかったと聞いて一安心。
ノンシェンはシャオマーのことを、そしてノンシェン姉はアーハオのことを。
この恋の行き先も不透明だよね。
何事にもはっきりさせないと気が済まないノンシェンは、アーハオの気持ちを確かめる!とアーハンのアパートにやってきます。
あいにくアーハオはまだ仕事から帰っておらず、諦めて帰ろうとした所に帰ってきたのはシューラー。

ここでシューラーはノンシャンから、アーハオとは昔から家同士のつきあいと言うこと。
アメリカに渡り、靴工場を経営していたが、父親が他界したことで事業が傾き、台湾に戻ってきたこと。
平気な顔をしているけど、今でも父親のことを思っていることなどを聞きます。
ノンシェンも3人が高校の同級生って知るのよね。
父親の好きな蘭の花を育てているアーハオ、本当は心の優しい人なんだよね。
話も終わり、屋根から降りようとしたノンシェンの手を握ったシューラー。
またまたインスプレーション爆発です!
前にも似たようなことあったよねぇ。
原稿を書きながら、ノンシェンのことを思い出し、にやつくシューラー、ある意味不気味です。

朝方になってようやく戻ってきたアーハオ。
いまだ居座るシューラーに、もう一度出ていけって、今度は素直に引き下がるシューラー。
で、今度はシャオマーも巻き込んで、友達取り戻し作戦第2弾開始です。
何故にかき氷???と思ったら、昔話のネタのためらしい。
でもね、頑ななアーハオの心は、かき氷のように簡単には解けてくれないようですよ。
「独りじゃない!」というシューラーの言葉にも振り向くことなく部屋を出て行くアーハオ。
次はバケツ作戦だ!と張り切るシャオマーだけど、自分たちがかまうことで、余計にアーハオを辛くしているかもしれない。
シューラーは、しばらく見守ることにしたようです。



君につづく道(日本公式サイト)


Cinemart総力編集 スターでみる華流ドラマガイド (ぴあMOOK)Cinemart総力編集 スターでみる華流ドラマガイド (ぴあMOOK)
(2006/06/20)
不明

商品詳細を見る
スポンサーサイト

テーマ : 台湾ドラマ - ジャンル : テレビ・ラジオ

19:57  |  君につづく道  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

コメントを投稿する

URL
コメント
パス  編集・削除するのに必要
非公開  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://fc2tama.blog25.fc2.com/tb.php/1096-1c8037ba
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。