2017年11月/ 10月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫12月

--年--月--日(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2008年02月09日(土)

母の愛 「ザ・ナースマン」 第3話


男丁格爾サウンドトラック台湾版


第2話は見逃しました。
録画しているはずなのにすっかり・・・(笑)
土曜の午後5時って、今までに意識していなかった時間帯なので、予約するのもすっかり頭になかったですね。
BS日テレのあらすじによると、
自殺騒動を起こした患者を何とか元気づけようとする葛興邦(グー・シンバン)。顔の傷を悲観する彼女に、葛興邦は目に騙されるな、心で感じろと励ます。一方、敏雄(ミンション)の斡旋で、新しい部屋を見つけた葛興邦は、ある理由から女性看護師全員が熱狂するルームメイト決定戦に巻き込まれる。彼女たちの狙いは、敏雄と家を共同購入した外科医の秦乃豪(チン・ナイハオ)だった…。
とのことでした。
ふぅ、タダでさえいまいち意味の分からないないような気がするので、果たしてついて行けるだろうか。
もしかしてら今回で・・・なんてことになるかもね(笑)


【More・・・】



今回のシンバンの担当は、すっごく優しそうなチョウさん。
彼女は自分の不注意から息子に後遺症が残るような怪我をさせてしまい、そのことを負い目に生きてきたようです。
だからってそのことと治療を拒むのは違うと思うんだけどさ。
母親がいなくなれば、それこそ息子はどうやって生きていたらいいのよね。
そんなチョウさんに、薬を飲むなら餃子を許可するって取引?するシンバン。
餃子を語るシンバンの姿は爆笑ものです。
ウン、確かに食べたくなったよ。
でもってそれがシンバンお手製ならなおさらおいしいだろうなぁ。
こういう優しさが患者たちにはうれしいよね。

相変わらず仲の悪いシンバンとナンハオ先生。
「家賃を払え!」と言われてとりだした写真。
いつの間にこんなのとったんだろうねぇ。
と言うことで、先延ばし成功!!!
手作り餃子を手にチュウサンの病室にやってきたシンバン、なんか苦しんでるんですけど。
その苦しみようは尋常じゃないよ。
薬飲んだんだよね?もしかして副作用???
シンバンは息子に連絡を取るけど、何度電話しても留守電のまま。
おいおい、メッセージは残した方がいいのでは???
いてもたってもいられなくなったシンバンはスクーターをかっ飛ばして息子の会社に乗り込みます。
会議中も関係なし!
と、この息子、どこかで見たことあるなぁ。

母親が重体だと聞き、一瞬顔色が変わるけど、「仕事だ」とシンバンを追い返そうとします。
息子は会社の社長なのね。
これ以上話しても無理と諦めたシンバンは病院に戻ります。
会議は解散・・・だったら病院に行けばいいのに(と思うんだけど)
手術は発見が早くて成功!
一晩中チョウさんに付き添うシンバン、手を握ってくれるのが息子なら、どんなにかいいのにね。
母の愛は届くことはないんだろうか。
ようやく病院にやってきた息子、そこで院長から衝撃の事実を知らされます。
母親の目が見えないのは、自分に角膜移植したからで、本当は足よりも目の方の損傷が激しかった。
その事実を隠して(怪我をしたからだと言ってたらしい)いたのは、自分への思いやりから。
母親の深い愛を知った息子、後悔しきりだねぇ。

翌朝、母親の意識は戻り、血圧も正常。
手術は成功しても危ない状態だったらしい。
母親が無事なことに涙を流し喜日、そしてこれまでのことを謝ります。
母親の手をしっかりと握りながらね。
そんな2人の姿を見ながら、改めて母親の愛の大きさを痛感するシンバンでしたぁ。
そしてシンバンの処遇が決定!
無事に病院に残れることになったようです。
院長先生、人を見る目がありますね。
ウン?これにはナンハオ先生の推薦もあったようです。
チョウさんの以上にいち早く気がついたシンバンの功績は認めるってよ。
もしかしてナンハオ先生、本当はいい人なの???

病院に残れて有頂天のシンバン、リン先生に報告するけどつめたく「おめでとう」って一言だけ。
しかし、笑わない=心の病気とは、余計嫌われるよ。
「3日以内に笑わせる!」と宣言するシンバン、どんな手を使うのか楽しみです。



ザ・ナースマン(BS日テレ)

男丁格爾(台湾公式サイト)

男丁格爾(CTV)

男丁格爾(東森)




ENERGY/無懈可撃【お取り寄せ商品】
スポンサーサイト

テーマ : 台湾ドラマ - ジャンル : テレビ・ラジオ

17:49  |  ドラマ*サ行  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

コメントを投稿する

URL
コメント
パス  編集・削除するのに必要
非公開  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://fc2tama.blog25.fc2.com/tb.php/1086-0a2775b7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。