2017年06月/ 05月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫07月

--年--月--日(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2008年02月03日(日)

張り巡らされた罠 「太王四神記」 第8話

太王四神記プレビューDVD 金盤太王四神記プレビューDVD 金盤
(2007/03/07)
ペ・ヨンジュン、ムン・ソリ 他

商品詳細を見る



よ~~~やく8話を見ました。
ど~~~しても仕事でリアルで見ることができず、その後も時間がとれなかったんですよね。
このドラマだけは、片手間に見たくないので、ゆっくり、何回も繰り返しながらとなると、今日になってしまいました。
でも、待っていてよかった。
なにがよかったって、スジニがたくさん出てきてくれたし、タムドク(前半出てこなかったけど)のかっこいい殺陣のシーンも見られたしね。
何だか、タムドクの中で、スジニが大きく(まだキハがほとんどだけどね)なっていているような気がするのはひいき目でしょうか?
あとセドゥルもかっこいいよね。
ホゲも役的には好きじゃないけど、かなりかっこいいしさ(キハへの思いは本物だし)。
う~~~、やっぱいいドラマだよねぇ。



タムドクと共に生きていくことを決心したキハだけど、あっさり大長老たちに連れ戻されます。
そ~~だよ~~~、ホゲと約束したジャンねぇ、夜明け前には戻るって。
約束の時間からはずいぶん遅れたこと、どうやら体調が悪いってことになってたみたい。
ホゲはキハにあえてめちゃご機嫌、体調のことをすっごく心配しております。
でもね、そんなホゲにキハは「タムドクは恋い慕う方」ときっぱり宣言します。
ホゲの失恋決定的です。
朱雀の心臓を渡して、本当の守り主を捜してくださいって、そりゃぁ、あんまりでしょう。
まぁ、タムドク自身チュシンの王になろうとは思っていないとは思うけど(今のところ)でも、タムドクが本当はチュシンの王なんだから、キハと2人でどこかで幸せになんて言うのは、それこそ、運命に逆らうって言うことなんだけどね。
キハがファチョン会に、スジニがヒョンゴたちに捕らえられたのが運命ならば、ホゲとタムドクが同じ日に生まれたのも運命。
運命ってさ、やっぱりどうすることもでいないものだと思うんだよね。
でもね、そこまでの過程って言うのかな、そういうのは、変えられると思うんだ、その人の努力とかでね。
最終的には同じ結果になったとしても、そこまでの過程によって、納得できるかできないかって言うのは大きく違うと思うんだよね。
タムドクのためなら何でもするって言うキハになにも言葉を返せないホゲ。
その表情にやられた方も多いいのでは???
キハ、ホゲの気持ちなんて考える余裕なく、なんとか抜け出そうとするけど、警護が厳しくって無理。
そこで頼るのはサリャンなんのね。
逃がしてくれとでも頼んだのかな???

パソンの鍛冶村にやってきたのはサリャンではないですかぁ。
ファチョン会の奴が何でパソンのとこに???
でもって自分はチョルロ部族とかいってるし。
てっきり武器の調達かと思ったら、人を雇いたいってよ。
そこでチュムチ、3つの決まり事を・・・
1 背後を狙わない
2 女子どもに手を出さない
3 人相の悪い奴とは取引しない
う~~~ん、どれもダメだね。
だけど、無実の者を助けたいとか牢屋がどうのこうのって、まさにスジニのことではないですか。
もしかしてキハがお願いしたのってこのことだったの???
午前中に脱獄させて、難民村にいるタムドクをチョルロ部族にって、なんか話がうますぎるよなぁ。
これもやっぱり罠なんだろうか。
それとも純粋にキハの願いを聞いてあげるつもりだったのかな?
絶対サリャンってキハのこと好きだよね???

チュムチたちは早速ホゲ父の家に向かいます。
塀は壊しても人は殺さない?なんて、いい奴らジャンと思ったら、将来のお客の可能性って、ちゃっかりしています。
でもさ、ちゅムチたちが潜入する前に、サリャン、牢屋にやってきてるし。
でもってばっさばっさと兵士を切り捨てていくんだよ。
スジニたちに食事をもってきてくれている女性まで!!と思ったら、スジニが投げた石でなんとか助かったよ。
なんか騒がしくなってきた所で、牢屋の中に火を投げ入れたサリャン、あとは外に出て「脱獄だぁ~~~」って。
アンタが脱獄するようにしたんだろうがぁ、やっぱりこれも罠の一つだったのね。
火を見て動けなくなったスジニ、やっぱりなんかトラウマなんだろうねぇ。
そんなスジニを助けるセドォル、かっこいい~~~。

と、サリャン、ど~~やら本当にキハの願いを叶えてやろうとしていたみたい。
スジニたちを助けると言うより、タムドクを難民村からチョルロ部族の領地にって言う点でね。
でも、あっさり大長老にばれて(当たり前やと思うけど)、怒りをかい、予定変更(=罠に)って感じでしょうか。
あの大長老の強さというか魔力?これはどうしようもないよね。
それだけの魔力があるなら、神器を集めるのも簡単そうなのにね(笑)

ここでもっとスジニVSサリャンが見られるのかな?と思っていたけど、お楽しみはもう少し後ってことのよう。
ホゲ父の私兵?VSチュムチたちはなんか迫力があったね(力任せって感じでさ)。
と~~~ぜんスジニも参戦するけど、「お前は逃げろ」とチュムチに止められちゃいます。
うんうん、ここは逃げなくちゃ。
スジニたちを門の外に逃がして、お~~~し、これから!と思ったらチュムチあとはマンドゥクに任せて「門の外で会おう」って、見捨てるの???
置いてけぼり状態のマンドゥクも「仕方ないなぁ」みたいな感じなんですけど。
そこへ、罠だと見破ったヒョンゴ&パソン姉さん登場~~~。
見事脱出、大成功ですよ!
あ、マンドゥクたちも無事だったよぉ。

大長老の元、身動きのとれない状態のキハ。
キハは自分の言動でタムドク&陛下の身が危なくなるって改めて思っただろうね。
でもさ、キハがどう動こうが、大長老たちはタムドクを亡き者にするだろうね。
それをキハが自分のせいだと苦しむようにし向けてるって感じです。
なんか大長老の話を聞いていたら、自分たちを苦しめたカジンの恨みをキハに晴らさせているって言う気がしてきました。
結局カジンの身代わりってことでしょうかね。
確かに大長老、アンタは一体何歳なんですか?
昔は大長老って言う風貌だったけど、今は大長老と言うよりも怪しげな大魔王って感じですね。

無事に逃げたスジニたち。
セドゥルたちは難民村に行ってタムドクを助けて、そのままチョルロ部族の領地にって言う話になっているみたい。
スジニは行かなくていいのかな?
セドゥルたちが出発したあと、ヒョンミョンが「誰が噂を流したのかな」って。
こいつ、ボ~~~っとしているようで、結構鋭いのよね。
いっつもワンテンポ遅れてるのが難点だけどさ。
2人の会話を聞いていたスジニ、小屋を飛び出します。
タムドクのとこいくんだよね???

王宮では、ますます陛下&タムドクへの疑いが強まります。
ホゲ父、自分たちが仕組んだくせに、「王の仕掛けた戦だぁ」とか言ってるし。
その言葉を鵜呑みにした3部族長たち、血気盛んに東西南の門を破り、兵士たちはもう陛下のすぐそこまでやってきています。
コ将軍は騎馬隊の出動を促すけど、そうすればより多くの血が流れる。
だいたいさぁ、あの騎馬隊だって、ホゲ側だから当てにならないんだよねぇ。
つまりは騎馬隊VS近衛隊になるってことで、結局身内同士で血を流すことになるんだよね。
「命をかけてお守りします」と、改めて忠誠を誓うコ将軍、う~~~、「海神」を思い出したわ。
そこへ騎馬隊長を先頭にホゲ父がやってきます。
なにを言うかと思えば、王位を退き、タムドクと一緒に田舎で平和に暮らせですと!
そんなこと(大長老が)許すわけないじゃんね。
そ~~~言えば、未だにタムドク出てきていません。
タムドクの名前はたくさん出ているのに、タムドク、難民村でキハのこと待ってるんだろうなぁ。
陛下は自分が王座を守ってきたのはタムドクを王にするためだと言います。
でもね、ホゲ父はそれは陛下が親の欲目で大神官に嘘をつかせた(チュシンの星の元に生まれたことね)と、本気で思っているようです。
「天の意志に従ってください 父親の欲をお捨てください」と進言するホゲ父。
そっくりそのままお返しします。
陛下は「タムドクを高句麗の王にすることが世の役目だ」と言い切ります。
静かに礼をして席を立つホゲ父、子の緊迫感のあるシーンはなかなかでしたね。
陛下は早速コ将軍にタムドクを探すように命令します。
いや、既に探してますって。
もっと人数を使ってってことなのね。
そうしたら陛下の周りが手薄になるんだけどなぁ。
と勿論コ将軍も思うよね。
そしたら、近衛兵が守るのは高句麗の王(=タムドク)だなって。
どうやら陛下自身チュシンの王がタムドクかホゲか確信はないようで、もしタムドクがチュシンの王でないなら、自ら息子を殺さねばと思っているようです。
コ将軍、陛下の警護をカクタンに託し、タムドク捜索(救出)に向け出発です!

パソンの顔パスで難なくクンネ城の外に出たセドゥルたち。
と、ここで彼らの後を追う紅い軍団を見たパソン、なんか思い出したよぉ。
ファチョン会も難民村に???タムドクピ~~~ンチ!
で、ようやく、ようやくタムドク登場ですよ。
ピンチな状態でって言うのが辛いけどさ。
セドゥルたちよりも早く難民村に到着したサリョンたち、必死でタムドクを探します。
タムドクも逃げようとするけど、あの親子を見捨てるわけにはいかず、見つかっちゃうんですね。
タムドクVSファチョン会
マジでかっこいい、タムドクの剣さばきは華麗です。
そりゃぁ、タムドクだって強いけど、ファチョン会だって強いよ。
それに1対多数ではその差は歴然!
そこにセドゥルたちがやってきて、タムドクをさっと馬に(軽くはないだろうに)担ぎ上げ助けます。
とりあえずここは逃げないと!!!
そこにスジニ登場~~~。
得意の弓でファチョン会の奴らをやっつけます。
かっこいいよ~~~、惚れ直したぁ~~~。
でもってタムドクとすれ違った時、ふっと微笑み合うんだよ~~~。
ここ、何回も巻き戻しね(笑)

一方のキハ、タムドクとの一夜を思い出し・・・ここは早送りね(笑)
本当なら、さっさとチョルロ部族の領地に向かった方がいいのに、タムドク誰かを待っています。
まぁ、待つと言えばキハだろうねぇ。
そこに敵(ファチョン会)がやってきます。
相手の数のことを考えたら、ここはキョックで言う追い込み作戦?
で、何でタムドクがおとりなんだよ、そこは違うやろ、と誰もが思い、からくり作戦に変更(かしこいセドゥル)
まんまと作戦に翻弄されるサリャンたち、いい気味だぁ。
でもまだまだ安心はできません。
さっさと領地に戻る方が安全だというセドゥルたちだけど、タムドクはクンネ城に戻るってよ。
敵陣に乗り込むようなものです。
「やることがある お前たちは領地に戻れ」と一人馬を走らせるタムドク。
タルグたちは、領地に戻りたくて仕方ない様子だけど、スジニからキョック大会のことを聞き、タムドクが恩人だと改めて気がつきます。
タムドクの後を追うスジニ、そしてその後にはセドゥルたち。
よかったぁ、ここでみんながついてこなかったらどうしようかと思ったよ。
後に付いてくるスジニたちに気がつき、振り返ったタムドク。
このシーンも好きなんだよね。
言葉は交わさないけど、なんかお互いの気持ちが分かるって言うのかなぁ、2人がもう、そういう関係になってきたって言うのがうれしいねぇ。

でもぉ、ますますタムドクには辛い現実が待っていました。
ホゲ父たちによって捕らえられていた3部族長の息子たち、なんとファチョン会の手によって殺されちゃいます。
その直後にタムドクたちがやってきて(やり残したことってこのこと?)、あっけにとられている所に部族長たちが到着。
誤解だって言うけど、この状況では難しいなぁ。
それに部族長たちはホゲ父たちのウソを信じ切っちゃってるしね。
その前にホゲ父の腰巾着によって、息子たちが拉致されたのが王の所有する庵だって聞いてたのもまずかった。
タムドクが殺したと勘違いして剣を抜いた部族長!
またしても逃げるタムドクたちだけど、なんか囲まれちゃったよぉ。
と、そこに薄霧が立ちこめます。
敵も味方も見えない状態、あぁ、これってヒョンミョンの助け船だったのね。
ようやく霧も晴れ、次の手を考えるタムドクたち。
このままでは陛下が危ない、だけど、この数で城に戻ってもねぇ。
今夜中にチョルロ部族の兵士と共にって言うのは無理、だったらテジャ城に行って精鋭隊の力を借りることにします。
そうと決まれば、一国も早くね。
「スジニ」
ねぇねぇ、もしかしてちゃんとスジニって呼んだのはこれが初めて?
なんかスジニもドキッとしてない?tamaはドキッとしちゃったよ(笑)
「クンネ城の様子を探ってくれ 頼む」
ど~~~しましょ~~~、タムドクに頼まれちゃったよ。
これは頑張らねばね!
スジニの中でタムドクの頼み=大事な役目になってるし。

大長老は、ホゲをいいように誘導尋問というかなんというか。
ホゲ自身がタムドクを倒し、英雄にって言うふうに仕向けます。
ホゲも大長老の裏の糸をなんか感じつつも、タムドクへの恨み(母親&キハ)の方が強いから言いなりだよね。
早速タムドクを討つために出発ですよ!
クンネ城のに戻ってきた3部族長の息子たち。
無言の対面をすることになり、陛下&タムドクへの恨みは最高潮です。
大神官の言葉にも耳を貸さず、息あがる3部族長の兵士たち。
テジャ城に向かっているタムドクたち。
力を貸してもらうはずが門前払い???
なんか閉められちゃってるんですけどぉ。
考えたくないけど、これも大長老の手が回ってるんだろうなぁ。



ふぅ、こんなところで終わられて、もう気が気でない。
しか~~し、明日のは9話なんだよね。
なんかうれしかったりする。
韓国で2話続きって言うの、なんか分かる気がしますね。
う~~~、早く明日にならないかなぁ。


太王四神記(韓国公式)

太王四神記(MBC)

太王四神記(日本公式

太王四神記(NHK)

太王四神記(avex)


It's KOREAL (イッツコリアル) 2008年 03月号 [雑誌]It's KOREAL (イッツコリアル) 2008年 03月号 [雑誌]
(2008/01/26)
不明

商品詳細を見る




「太王四神記」関連記事(朝鮮日報より)

ヨン様、『太王四神記』キルギス・ロケ不参加

ペ・ヨンジュンが滞在した部屋、ロケ終了後一般公開か

ヨン様主演『太王四神記』、中国当局が報道禁止命令

韓流エキスポ閉幕式で『太王四神記』ファッションショー、ヨン様出席へ

『太王四神記』制作会社、韓国初の文化産業専門会社に

ペ・ヨンジュン主演ドラマ『太王四神記』、5月21日から放送

「太王四神記」プレビューDVDが異例の15万本出荷

ペ・ヨンジュン主演『太王四神記』メーキングDVD、オリコンで1位

チェ・ミンス、家族旅行中に交通事故…『太王四神記』の撮影延期

ファン待望! 『太王四神記』の最新セット、一部を特別公開

ヨン様ファン必見! 「太王四神記」ナビゲートDVD、予約受付開始

ファン必聴! 久石譲プロデュース「太王四神記」OSTも同時予約受付中

ヨン様主演『太王四神記』、6月末韓日同時放映の見通し

ヨン様主演『太王四神記』、6月25日から韓日で同時スタートへ

『太王四神記』、ヨン様の相手役がついに明らかに

ヨン様主演『太王四神記』の撮影現場はファンだらけ

済州島に行くのは至難の業!?

ヨン様ファンがっかり、『太王四神記』放映先送り

「申し訳ない」ヨン様主演ドラマの監督が公式謝罪

ヨン様事務所「『太王四神記』制作会社との不仲説は事実無根」



スポンサーサイト

テーマ : 太王四神記 - ジャンル : テレビ・ラジオ

14:29  |  太王四神記  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

●ルッカさんへ

今晩は~~~、こんなにだらだらナレビューを読んでくださってありがとうございます。
ルッカさん同様、まとめられません。
だって仕方ないですよね。
書きたいことたくさんですもの。
ルッカさんはちゃんとナビゲートとかみて書かれているので、ホホ~~~と新事実がたくさん分かり、本当に楽しみにしております。
これからも一緒に見守っていきましょうねぇ。
tama |  2008.02.03(日) 22:07 | URL |  【編集】

tamaさん、こんにちは。
やっとスジニの登場で嬉しいですね。
しかもあの弓のシーン、ほんとかっこいい!
タムドクとスローですれ違うシーン、何度も見ました。

8話、ヤン王とガリョの話し合い、すごい緊張感でドキドキと見てました。
あそこまで息子を思うヤン王、そしてガリョ・・
ホゲの失恋決定瞬間、バッサリ切るキハでした。

あ!私もサリャンはキハのことを好きだと思ってます(笑)
ヒョンミョン、確かにぼーっとしてるようで鋭い^^;
tamaさん、いいとこ書いてます!
忠誠を誓うコ将軍、ほんと「海神」を思い出しました。
今後も活躍を期待してます(^^ゞ
テジャ城の前で動けないタムドクたち・・
明日が楽しみです!
ルッカ |  2008.02.03(日) 15:22 | URL |  【編集】

コメントを投稿する

URL
コメント
パス  編集・削除するのに必要
非公開  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://fc2tama.blog25.fc2.com/tb.php/1081-e61cf1ea
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。