2017年11月/ 10月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫12月

--年--月--日(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2007年12月15日(土)

暗闇からの救世主 「ブルーフィッシュ」 第1話



 韓国ドラマ/青い魚(ブルーフィッシュ) OST


はぁ~~~、いきなりショックです。
何がショックって、ジョンチョルくん、なんか太ったぁ、丸くなったぁ。
「ホテリアー」の頃のとげとげヨンジェはどこに行ったのぉ???
なんか7年の年月をめちゃ感じまくりました。
それに比べて、コ・ソヨンsiiはあんまかわんないな。
9年ぶりのドラマ復帰らしいけど、ヨンジュンと共演した「裸足の青春」の時のイメージそのままです。
正直特にぱっとしない2人だけど、何でもあの「グリーンローズ」の監督さんらしいので、(このドラマ結構はまったのよね)がんばってみてみようと思います。



で、いきなり涙流しながら猛スピードで車を走らせるヒョヌ(パク・ジョンチョル)。
恋人?のウンス(コ・ソヨン)が、列車事故に巻き込まれた・・・と言う知らせを受け(ウンスは既に死んでいるの?)、どこかに向かう途中?
当然、そんな猛スピードでは知ったら事故るに決まっていて・・・。


と、ここから昔の回想シーン=出物語りは始まるっていう、まさに「グリーンローズ」っぽい始まりでした。
さかのぼること数年前(具体的には分からないけど)、ウンスは親友(確か彼はグリーンローズで、コ・スの親友役だったよね?)試運転中。
そこで、車が故障したウンスと出会っちゃいます。
メカニックのヒョヌにとって、車を直すなんてお茶の子さいさい。
でもさ、メカに弱い女性はこういう姿の惚れるよね?
さらにぃ、ウンス、なんと事故っちゃいます。
なんか始まって数分のうちに、また事故ですよ。
でもってその事故ったウンスを助けたのがまたヒョヌたちということで。
たった数時間のうちに2度も助けられたら、これはもう運命としかいいようがないよね。
それにしても車に閉じこめられたウンス救出大作戦!
後ちょっと遅ければ、3人ともこっぱみじんだったはず。

ヒョヌって、メカニックでもあり、レーサーでもあるのよ。
レーシングスーツ、お世辞にも似合っていたとは言えないけど、でもなんかいいわ。
エンジン音聞いていると興奮してくるね(笑)
これからもどんどんレースシーンが見たい、それだけでも見る価値あったりするね。
ウンスはバイオリニストらしい、だからあの事故の時、あんなにバイオリンにこだわっていたのね。
ウンスは定期公演のために一時帰国?しているみたいなんだけど、オーストラリアで育ったらしい。
そんな彼女の思い出探しにつき合うことになったヒョヌ。
今のところ、ウンスの方が積極的です。
ヨンジェは感情丸出しだったけど、ヒョヌは感情を殺そうとする。
そんな彼だからこそ、ちょっとした表情の変化が可愛くもあり、愛おしくもなるんだろうなぁ。
激しくはないけど、ゆったりとお互いを好きになっていく。
なんかこういうのもいいなぁ。
実際に2人とも三十路を越えているものね。
キャピキャピ恋愛ものではなく、こういうしっとりとした演技が落ち着くわ。

ジャズバーで楽しむ2人。
でも暗くなると、急にウンスの様子が・・・。
彼女、暗所恐怖症らしい。
こういうのって一種のトラウマと科だと思うから、昔なんかあったのかな?
それにヒョヌのネックレス、オンマの形見っていっていたけど、こっちもなんか訳ありの臭いがします。
で、ウンスのお家、韓ドラではおきまりのあの大豪邸ですよ。
なんかいろいろ韓ドラテイストたっぷりで嬉しいですね。
ヒョヌのアボジ役、この俳優さんもよく見かける顔だし。
幼なじみのユンジョンのオンマもよく出てきますよね。
名前は分からないんだけど(笑)
でぇ、ヒョヌが大学に復学するとかしないとか。
結構まだ若いんだ(役どころとして)

母親の命日の帰り道、公道で勝負を仕掛けてくるドンヒョク。
あぁ、この名前っていうのが許せない!
だいたいレーサーが公道で勝負なんて、絶対にあり得ないし!
でもって、ウンスを乗せたまま勝負するヒョヌって。
「命をなんだと思ってるの」ウンスの怒りも当然です。
心を開かないヒョヌの心に、土足で踏み込んでくる?ウンス。
あぁ、なんかこの展開、「裸足の青春」っぽくない?
当然喧嘩して、ウンスは一人で帰ろうとするけど、お~~~いそこはトンネル(=暗闇)ですからぁ。
昔4日間も倉庫に閉じこめられたことがあるウンス。
これが彼女のトラウマになっているのね。
予想通り、発作を起こすウンス、そしてまたしてもヒョヌによって助けられる。
「抱きしめて!」



たしかぁ、このドラマってサスペンスのはず。
と言うことは、何かしら2人の間に事件的なものが起こるはずで。
それは2人を引き裂く結果となるはずで。
こういうのって好きな展開だワァ。
韓国での視聴率はよくなかったらしいけど、私は楽しみです。




ブルーフィッシュ(BS日テレ)

ブルーフィッシュ(SBS)



ブルーフィッシュ関連記事(BUNKAKOREA.COMより)

パク・ジョンチョル、「青い魚」活動再開

コ・ソヨン、ドラマ「青い魚」出演確定

「青い魚」のコ・ソヨンとパク・ジョンチョル

コ・ソヨン、”まずは「青い魚」、次の作品はまだ考えていない”

コ・ソヨン、”冷たくて高慢なイメージは誤解”
スポンサーサイト

テーマ : 韓国ドラマ - ジャンル : テレビ・ラジオ

16:03  |  ブルーフィッシュ  |  TB(1)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

●テンコさんへ

こんばんは!!!

コ・ソヨンsii、まじで全然変わっていなくて驚きました。
お化粧が薄い分、今の方が初々しかったりするし(笑)

ヨンジェは丸くなりましたね。
「ホテリアー」の時は体も性格もトゲトゲして(いやギスギスか)いたけど、7年の年月は大きいなって思いました。
兵役を経験して、一回りも二回りも大きくなった感じがします。
兵役後にこうやって主役で復帰できるっていうのは、それだけ期待されているんだろうね。
視聴率はいまいちだったそうですが、落ち着いた感じで私は好きだなぁと思っています。
tama |  2007.12.16(日) 19:09 | URL |  【編集】

●こんにちは

始まったのに気がつかず、1話の前半見逃しましたのでここで教えてもらいうれしいです。
パク・ジョンチョル、「ホテリアー」のヨンジェから、たくましくなりましたね。兵役後、筋肉すごい。
コ・ソヨンさんも9年ぶりドラマとは思えないくらい変わっていないし、よりおきれいになっていて嬉しいです。
この話は観てみようかなと思ってます。
テンコ |  2007.12.16(日) 14:13 | URL |  【編集】

コメントを投稿する

URL
コメント
パス  編集・削除するのに必要
非公開  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://fc2tama.blog25.fc2.com/tb.php/1015-d9baafa1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

記者室統廃合:一連の措置の立役者に勲章授与朝鮮日報盧武鉉(ノ・ムヒョン)大統領の意向を受け、韓国政府による記者室の統廃合や取材統制の措置を進めてきた、青瓦台(大統領府)の楊正哲(ヤン・ジョンチョル)広報企画 ... 言論
2007/12/22(土) 11:46:50 | 韓流スター名鑑マガジン

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。