2017年08月/ 07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

--年--月--日(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2007年12月15日(土)

緊急手術 「ザ・ホスピタル」 第11話

ザ・ホスピタル 公式写真集ザ・ホスピタル 公式写真集
(2007/09/28)
不明

商品詳細を見る




「患者を救わなくて医者と言えますか!!!」

イーホアの言葉にライ部長、渋々麻酔を打つといいます。
でも、助手が来ればね。
嫌みな拍手と一緒に現れたチュウ副部長、てっきり彼が助手をするのかと思ったら、そうではなかった。
一人では手術はできない。
その、どうしようもない現実に、イーホアはタン部長に頭を下げることを認めざろうえません。
う~~~ん、やっぱこどもだな。
でもね、ここでイーホアに救いの手が。
ほら、あのウェンリーに思いを寄せるシャオガンよ。
「手伝います!」
ウェンリーにがつんといわれたのがよっぽど応えたのかな。
ま、どちらにしてもイーホアにとっては、本当に救いの手ですね。
ライ部長は渋々麻酔をすることとなり、ジェンの手術は成功!
「赤ちゃんの顔を見せる」という約束、これで果たせそうだね。
赤ちゃんの方の心配は変わりないけどさ。
手術が成功してからグァン・シン登場。
何でイーホアは彼女に麻酔を頼まなかったのかな?
グァン・シンが苦しい時、いつでもイーホアはそばにいてくれる。
でも、イーホアが苦しいときそばには・・・なんか切ない現実ですね。

ホイイン夫、やっぱあんなにお金に固執するのは、なんかやばいことに首をつっこんでいるからなのね。
彼も所詮は下っ端ヤクザと言ったところでしょうか。
ホイインの死因を究明すると各地ではうまいこといっているけど、お金さえもらえればそれでいいというのが正直なところのようです。
ホイインは母、グァン・シンの言葉と、ネンウェイたちの行動の狭間で揺れています。
死因は究明したい、しかし再び娘の体に傷を付けるなんて。
グァン・シンを訪ねて病院に来たホイイン母は、病理解剖のことについていろいろ尋ねます。
グァン・シンの正直な言葉に何かを感じたホイイン母は、ついに病理解剖を許可します。
あぁ、これでこっちの方は新たな展開になりますね。
まさか、病理解剖の結果までねつ造したりして???
ホァン学部長なら、いや、あの秘書ならやりかねないなぁ。

シンピンの方は、ますます病状が悪化している感じ。
なんとか慰めようとするイーホアだけど、今のシンピンには、それが余計に辛いんだよね。
特に病気になれているシンピンにとっては、それが単なる慰めであることが普通の患者以上に分かるんだね。
「希望は新たな失望を生む」シンピンの言葉に何も言い返せないイーホア。
医者としての限界を感じたに違いない。
「慰めたいなら微笑んでほしい」
シンピンの心の叫びが痛いです。
イーホアはシンピンをジェン夫婦の赤ちゃんがいるICUに連れて行きます。
小さな体で、必死に生きている赤ちゃん。
移植できなければ、一ヶ月もたない。
「この子に残された希望は、諦めずに待つことだけ」
シンピンにも諦めないでほしい、そういいたかったんだよね。
そう、シンピン、諦めちゃダメ!
病は気からっていうのよ、その言葉自体慰めにしかならないかもしれないけど、1%でも可能性があるなら、諦めないでほしい。

で、ここからはなんかチュウ副部長の独壇場です。
やっぱ、彼はかっこいい!!!
奥さんとの仲は冷え切ってしまっているわけではなく、(でも浮気はしているのよね)実は私が思っていた以上に信頼しあっているのかも。
だって、院内のことをあんなに正直に奥さんに話すなんてね。
「患者のことを全く考えていない!」
タン部長のやり方に憤りを感じている台詞です。
奥さんのいうように、そんな人が院長になたら、病院は終わりだよね。
で、突然シンピンの様態が悪化。
チュウ副部長は、ポートAの摘出手術を行うことを決心します。
そしてそのことをイーホアに連絡。
そのままイーホアが助手を行うことに。
タン部長の許可を得ないままの緊急手術。
タイミングが悪いことに、シンピンの容態を心配した総統が秘書を病院によこします。
手術は無事に成功したものの、そのことをどうやって相当に報告するのか。
院長も部長連中も、そして秘書も頭が痛いところです。
秘書を前にして、またまた言い争い(責任のなすりつけ合い)をはじめるタン部長とシュー部長。
もう、ほんと子どもの言い合いです。

やるべきことをやったチュウ副部長。
きっとこの手術って、彼にとって一か八かの賭けだったと思う。
何かあれば、本当にメスが握れなくなるはずだもの。
沈着冷静なはずのチュウ副部長のこの判断。
それほど緊急を要した(=シンピンの状態が危ない)ってことなのね。
勿論手術は大成功!シンピンの容態も安定しています。
祝杯を挙げるイーホアとチュウ副部長。
イーホアは、なんかすっきりしない表情だけど、チュウ副部長は晴れ晴れしています。
「俺は自分の患者を苦しめない
 目の前で患者が苦しんでいるのにほっておく奴らなんて
 最初から医師になる資格がない!」

熱い!熱いです!!!
まさかチュウ副部長がこんなに熱い人だなんて。
自分の腕に、医者という仕事に誇りをもっているんだね。

このドラマ、主役はイーホアなんだよね?
でも、チュウ副部長の方がやっぱかっこよくない???


白色巨塔(公式サイト)


F4 言承旭 (ジェリー・イェン) 写真集「両棲類動物 日本版」F4 言承旭 (ジェリー・イェン) 写真集「両棲類動物 日本版」
(2004/12/20)
許 品詩

商品詳細を見る
スポンサーサイト

テーマ : 台湾ドラマ - ジャンル : テレビ・ラジオ

13:45  |  ザ・ホスピタル  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

●テンコさんへ

またまたこんばんは!

私はてっきりもっと恋愛中心になるものかと思っていたのですが、予想に反して、病院内の権力争いや、医療ミス事件など、シリアスな内容が多くてかなり引き込まれています。
それはやはりチュウ先生の力が大きいと思うんですよね。
決してかっこいいとは言えませんが、彼の医療にたいする考え方、なんかグット来ます。
特に今回は、チュウ先生の熱い部分が見られてよかったです。

あぁ、でも愛人いるんですよね。
何が不満なんだろうっていう来もなくはないですが、やっぱ、刺激を求めてってところかな?
tama |  2007.12.16(日) 19:12 | URL |  【編集】

●チュウ副部長夫妻

このドラマはイーホアとグァン・シンの恋愛話が中心ならば、何故彼が彼女をそんなに好きなのか?がわからないままで物足りないです。過去の思い出シーンでも何か出してくれればわかるかもしれませんが。
でも大病院における権力闘争の実態を暴くと言った点ではかなり迫力ありますね。

そうです。チュウ副部長は奥さんといい感じで、冷めた関係でもなく、うまくやっているじゃないですかって思いましたね。何で浮気してるんでしょうね??
テンコ |  2007.12.16(日) 14:35 | URL |  【編集】

コメントを投稿する

URL
コメント
パス  編集・削除するのに必要
非公開  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://fc2tama.blog25.fc2.com/tb.php/1013-a875739d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。