2017年11月/ 10月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫12月

--年--月--日(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2007年12月10日(月)

「太王四神記」最終話について

太王四神記 オリジナル・サウンドトラック Vol.1太王四神記 オリジナル・サウンドトラック Vol.1
(2007/12/12)
久石譲

商品詳細を見る



今夜日本では第2話の放送ですが、その前に、韓国で放送された最終話についてまとめておこうと思います。
今更・・・ですが、なんかtamaの希望通りにはいかなたっかようで、ここまでずるずるときてました。
気を取り直して、最終話の記事を集めてみます。

まずは視聴率について、これまでも30%を超える高視聴率を続けてきましたが、なんと最終話は事態最高視聴率で締めくくったそうです。
35%とは、すばらしいです。
それだけ注目されていたってことですよね。

BUNKAKOREA.COM

朝鮮日報

innolife.net


太王四神記 ナビゲートDVD太王四神記 ナビゲートDVD
(2007/06/20)
ペ・ヨンジュン、ムン・ソリ 他

商品詳細を見る



でもね、だからこそ、その終わり方には賛否両論があったようです。
あくまでもファンタジー、だからこそのこのあやふやな終わり方なのでしょうか?
黒朱雀がキハだったことははっきりしたそうですが、四神のその後や、結局スジニとは???みたいな感じなんですって。
なんか、キハに向かって歩いて・・・みたいな記事もあったので、結局タムドはキハを許して、キハと生きていくってこと?
キハを許したこと自体はかまわないんだけど、タムドク能登なりには、やはりスジニにいてほしいんですけど・・・。
ここらへんは記事によって書き方も微妙なので、日本での放送をじっくり見たいと思います。

朝鮮日報

innolife.net

何はともあれ、終わってしまった「太王四神記」、構想から3年、巨額の資金を投与して作られた作品としては、十分な結果だったのではないでしょうか。
これだけ注目されたのは、ヨンジュンだから・・・だけでなく、やはり一人一人の役者さん、そしてスタッフの思いが視聴者に伝わったからだと思う。
そんな作品を、すぐに楽しめる私たちは幸せ者だね。


「太王四神記」公式写真集「太王四神記」公式写真集
(2008/01/01)
不明

商品詳細を見る
スポンサーサイト

テーマ : 太王四神記 - ジャンル : テレビ・ラジオ

20:37  |  太王四神記  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

コメントを投稿する

URL
コメント
パス  編集・削除するのに必要
非公開  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://fc2tama.blog25.fc2.com/tb.php/1011-f801f9ac
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。